*

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

Integraから5年ぶりのAVプリ「DHC-80.6」- ドルビーアトモス/HDCP2.2対応

Marantz US – AV7702



 NeoXやらⅡZやらで無理矢理増やしてきたのとは異なり、Dolby Atmosはチャンネル数の増加が真に音響効果に直結する。少なくとも、概要を見る限りではそう読める。
 ただ、「上方における音の移動」を実現するためにはトップスピーカーが4本必要になると思われ、例えば7.1.2のシステムでは画竜点睛を欠いている感がある。だからと言って5.1.4にしたのでは、従来から構築されてきた7.1のシステムの旨味を切り捨てることになってしまう。
 あくまでDolby Atmosにおける4本のトップスピーカーは、「完璧に構築された7.1システムに追加」する形でなければ意味がないように思う。原理主義的な思考とも思うが、私がDolby Atmosで7.1.4にこだわる理由はここにある。

 となると、問題になるのはAVアンプの側だ。
 Dolby Atmosのプロセッシングが5.1.4や7.1.2までにしか対応していない製品は論外として、7.1.4に対応するとしても、AVアンプだけでシステムを完結しようと思えば11chもアンプを積む羽目になる。今期のオンキヨーのフラグシップは11chを積むという異形……もとい偉業を成し遂げたが、いくらなんでも無茶な感は否めない。ただでさえデジタルの領域が肥大化する中で、さらに11chもアンプを積むとなれば、「音質」にどれだけの悪影響があるかわかったものではない。もう無理でしょ。アトモスなんて興味ないね、という人にとっては多チャンネルのアンプは無用の長物だろうし、詰め込み過ぎて逆に音を悪くするだけだ。どうせトップスピーカーを設置するような人はよほどの物好きなのだから、そもそも全てのAVアンプに、ましてやエントリークラスにまでアトモスに対応させる必要なんてない気がする。

 だからこそ、Dolby Atmos時代にこそ、“本気の人の為の”AVプリの重要性は増すと思うのだが……べらぼうに高いAVプロセッサーの類はさておき、アトモス時代のAVプリは今のところコレくらいか。
 ニッチだなあ。そして日本じゃAV7702は出ないのか。
 仮にAVプリを導入してアトモス再生の究極を目指そうにも、肝心の効果について業界の大騒ぎと実際に導入した人の印象の間には大きな隔たりがあるようだし、どこまでの効果があるのか未だに判然としない。というより、私自身実際に聴いてみて「あれ、こんなもん?」と思ってしまったから余計始末に悪い。現状では、トップスピーカーを設置するという巨大なハードルを越えた先に得られるものがあまりにも小さいように思えてならない。

 何度も言っていることだが、実現しようとしている理念だけを見れば、間違いなくDolby Atmosは素晴らしい。サラウンドジャンキーの夢そのものだ。
 しかし、ソフトもハードも、現実は……



【Dolby Atmos導入記】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第163回『A River Runs Through It』

画質:8(6~10) 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・追記】

記事を読む

LUMIN A1を試す・機能編 LINN DSとの徹底比較

導入編 動作編  知りたいのはまさにコレ。違う?  LINN DSを使ってそろ

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

【音源管理の精髄】 サーバーソフトとナビゲーションツリー 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフト。  サーバーをサーバーたらしめているものの正体。  単にサーバーソフトと言

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』

 ChorusDS HDを抜きにしてコントロールアプリを語ることはできない。それどころか、このアプリ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

→もっと見る

PAGE TOP ↑