*

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

Integraから5年ぶりのAVプリ「DHC-80.6」- ドルビーアトモス/HDCP2.2対応

Marantz US – AV7702



 NeoXやらⅡZやらで無理矢理増やしてきたのとは異なり、Dolby Atmosはチャンネル数の増加が真に音響効果に直結する。少なくとも、概要を見る限りではそう読める。
 ただ、「上方における音の移動」を実現するためにはトップスピーカーが4本必要になると思われ、例えば7.1.2のシステムでは画竜点睛を欠いている感がある。だからと言って5.1.4にしたのでは、従来から構築されてきた7.1のシステムの旨味を切り捨てることになってしまう。
 あくまでDolby Atmosにおける4本のトップスピーカーは、「完璧に構築された7.1システムに追加」する形でなければ意味がないように思う。原理主義的な思考とも思うが、私がDolby Atmosで7.1.4にこだわる理由はここにある。

 となると、問題になるのはAVアンプの側だ。
 Dolby Atmosのプロセッシングが5.1.4や7.1.2までにしか対応していない製品は論外として、7.1.4に対応するとしても、AVアンプだけでシステムを完結しようと思えば11chもアンプを積む羽目になる。今期のオンキヨーのフラグシップは11chを積むという異形……もとい偉業を成し遂げたが、いくらなんでも無茶な感は否めない。ただでさえデジタルの領域が肥大化する中で、さらに11chもアンプを積むとなれば、「音質」にどれだけの悪影響があるかわかったものではない。もう無理でしょ。アトモスなんて興味ないね、という人にとっては多チャンネルのアンプは無用の長物だろうし、詰め込み過ぎて逆に音を悪くするだけだ。どうせトップスピーカーを設置するような人はよほどの物好きなのだから、そもそも全てのAVアンプに、ましてやエントリークラスにまでアトモスに対応させる必要なんてない気がする。

 だからこそ、Dolby Atmos時代にこそ、“本気の人の為の”AVプリの重要性は増すと思うのだが……べらぼうに高いAVプロセッサーの類はさておき、アトモス時代のAVプリは今のところコレくらいか。
 ニッチだなあ。そして日本じゃAV7702は出ないのか。
 仮にAVプリを導入してアトモス再生の究極を目指そうにも、肝心の効果について業界の大騒ぎと実際に導入した人の印象の間には大きな隔たりがあるようだし、どこまでの効果があるのか未だに判然としない。というより、私自身実際に聴いてみて「あれ、こんなもん?」と思ってしまったから余計始末に悪い。現状では、トップスピーカーを設置するという巨大なハードルを越えた先に得られるものがあまりにも小さいように思えてならない。

 何度も言っていることだが、実現しようとしている理念だけを見れば、間違いなくDolby Atmosは素晴らしい。サラウンドジャンキーの夢そのものだ。
 しかし、ソフトもハードも、現実は……



【Dolby Atmos導入記】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】QNAP TS-119でKazoo Serverを使う

LINN - SOFTWARE Available for Windows and Mac ope

記事を読む

LUMIN App Version 3.0

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】おすすめのコントロールアプリ

 この記事は随時更新の予定。  コントロールアプリはネットワークオーディオの最後の仕上げ。

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの黄昏

 おおよそ2年半前、コントロールアプリの検証を行った。  ・『eLyric』(iPad版)

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方

※2016/06/25追記※ Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病 ※

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑