*

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

Integraから5年ぶりのAVプリ「DHC-80.6」- ドルビーアトモス/HDCP2.2対応

Marantz US – AV7702



 NeoXやらⅡZやらで無理矢理増やしてきたのとは異なり、Dolby Atmosはチャンネル数の増加が真に音響効果に直結する。少なくとも、概要を見る限りではそう読める。
 ただ、「上方における音の移動」を実現するためにはトップスピーカーが4本必要になると思われ、例えば7.1.2のシステムでは画竜点睛を欠いている感がある。だからと言って5.1.4にしたのでは、従来から構築されてきた7.1のシステムの旨味を切り捨てることになってしまう。
 あくまでDolby Atmosにおける4本のトップスピーカーは、「完璧に構築された7.1システムに追加」する形でなければ意味がないように思う。原理主義的な思考とも思うが、私がDolby Atmosで7.1.4にこだわる理由はここにある。

 となると、問題になるのはAVアンプの側だ。
 Dolby Atmosのプロセッシングが5.1.4や7.1.2までにしか対応していない製品は論外として、7.1.4に対応するとしても、AVアンプだけでシステムを完結しようと思えば11chもアンプを積む羽目になる。今期のオンキヨーのフラグシップは11chを積むという異形……もとい偉業を成し遂げたが、いくらなんでも無茶な感は否めない。ただでさえデジタルの領域が肥大化する中で、さらに11chもアンプを積むとなれば、「音質」にどれだけの悪影響があるかわかったものではない。もう無理でしょ。アトモスなんて興味ないね、という人にとっては多チャンネルのアンプは無用の長物だろうし、詰め込み過ぎて逆に音を悪くするだけだ。どうせトップスピーカーを設置するような人はよほどの物好きなのだから、そもそも全てのAVアンプに、ましてやエントリークラスにまでアトモスに対応させる必要なんてない気がする。

 だからこそ、Dolby Atmos時代にこそ、“本気の人の為の”AVプリの重要性は増すと思うのだが……べらぼうに高いAVプロセッサーの類はさておき、アトモス時代のAVプリは今のところコレくらいか。
 ニッチだなあ。そして日本じゃAV7702は出ないのか。
 仮にAVプリを導入してアトモス再生の究極を目指そうにも、肝心の効果について業界の大騒ぎと実際に導入した人の印象の間には大きな隔たりがあるようだし、どこまでの効果があるのか未だに判然としない。というより、私自身実際に聴いてみて「あれ、こんなもん?」と思ってしまったから余計始末に悪い。現状では、トップスピーカーを設置するという巨大なハードルを越えた先に得られるものがあまりにも小さいように思えてならない。

 何度も言っていることだが、実現しようとしている理念だけを見れば、間違いなくDolby Atmosは素晴らしい。サラウンドジャンキーの夢そのものだ。
 しかし、ソフトもハードも、現実は……



【Dolby Atmos導入記】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

【BDレビュー】 第248回『千年女優』

 チヨコさんこんなに可愛かったっけ…… 画質:8 音質:10 映像:AVC M

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内 【変更前】192k

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】あえて単体サーバーを導入するメリットとデメリット

 この記事で言う「単体サーバー」とは、「オーディオのためだけに使うサーバー機器」を指す。  要する

記事を読む

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

“がっかり”BD10選

 善いものがあれば、悪いものもある。  目を逸らすわけにはいかない。  なお、この記事の各項

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v=dz6-Igq9_KY

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App Version 2.0 検証

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑