*

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

Integraから5年ぶりのAVプリ「DHC-80.6」- ドルビーアトモス/HDCP2.2対応

Marantz US – AV7702



 NeoXやらⅡZやらで無理矢理増やしてきたのとは異なり、Dolby Atmosはチャンネル数の増加が真に音響効果に直結する。少なくとも、概要を見る限りではそう読める。
 ただ、「上方における音の移動」を実現するためにはトップスピーカーが4本必要になると思われ、例えば7.1.2のシステムでは画竜点睛を欠いている感がある。だからと言って5.1.4にしたのでは、従来から構築されてきた7.1のシステムの旨味を切り捨てることになってしまう。
 あくまでDolby Atmosにおける4本のトップスピーカーは、「完璧に構築された7.1システムに追加」する形でなければ意味がないように思う。原理主義的な思考とも思うが、私がDolby Atmosで7.1.4にこだわる理由はここにある。

 となると、問題になるのはAVアンプの側だ。
 Dolby Atmosのプロセッシングが5.1.4や7.1.2までにしか対応していない製品は論外として、7.1.4に対応するとしても、AVアンプだけでシステムを完結しようと思えば11chもアンプを積む羽目になる。今期のオンキヨーのフラグシップは11chを積むという異形……もとい偉業を成し遂げたが、いくらなんでも無茶な感は否めない。ただでさえデジタルの領域が肥大化する中で、さらに11chもアンプを積むとなれば、「音質」にどれだけの悪影響があるかわかったものではない。もう無理でしょ。アトモスなんて興味ないね、という人にとっては多チャンネルのアンプは無用の長物だろうし、詰め込み過ぎて逆に音を悪くするだけだ。どうせトップスピーカーを設置するような人はよほどの物好きなのだから、そもそも全てのAVアンプに、ましてやエントリークラスにまでアトモスに対応させる必要なんてない気がする。

 だからこそ、Dolby Atmos時代にこそ、“本気の人の為の”AVプリの重要性は増すと思うのだが……べらぼうに高いAVプロセッサーの類はさておき、アトモス時代のAVプリは今のところコレくらいか。
 ニッチだなあ。そして日本じゃAV7702は出ないのか。
 仮にAVプリを導入してアトモス再生の究極を目指そうにも、肝心の効果について業界の大騒ぎと実際に導入した人の印象の間には大きな隔たりがあるようだし、どこまでの効果があるのか未だに判然としない。というより、私自身実際に聴いてみて「あれ、こんなもん?」と思ってしまったから余計始末に悪い。現状では、トップスピーカーを設置するという巨大なハードルを越えた先に得られるものがあまりにも小さいように思えてならない。

 何度も言っていることだが、実現しようとしている理念だけを見れば、間違いなくDolby Atmosは素晴らしい。サラウンドジャンキーの夢そのものだ。
 しかし、ソフトもハードも、現実は……



【Dolby Atmos導入記】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Living ・購

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介と検証

 随分とサーバーソフト関連の記事がごちゃごちゃしてきたので、この辺りでまとめ直す。  サーバー

記事を読む

EPSON EH-LS10000を見てきた

 某日某所、暗室にて。  まどろっこしい話は抜きにして、一番気になっていた部分をはっきりと言お

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

Asset UPnP for QNAP Test8

 Test7からTest8に更新されたようだ。  といいつつどこがどう変わったのかいまいちよく

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑