*

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁
導入編

 サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化があったかを片っ端から書いていく。

 今になってリファレンスBD10選・音質編なんてのをやったのは、実はこのための布石だったりもする。

20160319音質リファレンス10選



『鴉 -KARAS-』
効果:中

 戦闘機形態の機関銃や飛行音、剣戟などの様々な効果音にLFEの隈取りが施されており、重厚感の醸成に一役買っている。
 劇伴での活用や空気を震わせるような印象は希薄。



『ヘアスプレー』
効果:中

 劇伴で積極的に活用されている。ベースラインが太くなり、パーカッションもより深く力強くなる。
 音楽主体の作品にしては結構効く。



『ブレイブハート』
効果:大

 馬。騎馬突撃で蹄が草原を踏み鳴らす様、地響きの威力が段違いである。馬が倒れた時の重さも大増量。
 劇伴でもそれなりにLFEが活用されているようだ。



『プライベート・ライアン』
効果:小

 戦車の音など、低音の量の増加を感じる場面は多い。
 一方で、元から良すぎるせいで有意な差とも思えない。



『英国王のスピーチ』
効果:極小

 仕方あるまい。



『ローン・サバイバー』
効果:極小

 元から良すぎるのと、『プライベート・ライアン』ほど低音が咆哮するようなシーンもないので、致し方なし。



『GODZILA』(北米盤)
効果:極大

 期待通りの劇震、空気を震撼させる戦慄の低音。怪獣王の咆哮は別次元の恐ろしさ。
 「普通に効果音として認識される低音」と「空気を震わせる低音」を別々のスピーカーから出力することの意義を存分に感じられる。
 


『AKIRA』
効果:大

 冒頭の「ドォォォォォォォォン……」から深みと響きが違う。
 効果音と劇伴の両方で満遍なく効いている印象。



『ノーカントリー』
効果:極小

 銃声は瞬発力と鋭さにパラメーター全振りで、重さや厚みはあまりお呼びではない。
 そもそも音楽が流れず、サブウーファーが必要になるような効果音自体ほとんど存在していないので、致し方なし。



『レッド・ドラゴン』
効果:小

 本作において最重要の声の質感においてはなんら影響を与えるものではない。
 劇伴では重厚さの醸成にいくらか寄与しているようだ。




 とにもかくにも、作品ごとの効果の差が非常に大きい
 サブウーファーの導入に単なる「なんか低音増えたな」以上の、明確な意義のある効果を見出す……もとい聴き取るのは意外と難しい。それこそすべての作品にゴジラかAKIRAレベルの歴然たる効果を期待していたので、正直に言えば少々拍子抜け。
 元が良すぎたタイトルについては総体的に伸びしろも小さい印象を受ける。

 もっとも、TD316SWMK2にしてみれば、放り込まれた環境が非常にシビアだったというだけかもしれない。Nmode X-PM7が駆動するSapphireの20センチダブルウーファーの低音を質・量ともに凌駕するのは、たとえ再生帯域がLFEに限定されるにしても容易ではないようだ。
 なにせ、ボリュームを七割まで上げてこの結果なのだから。



リファレンスBD10選・画質編

【BDレビュー】 総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】芸能山城組 / 交響組曲 AKIRA

AKIRAのハイレゾ ・アーティスト / アルバムタイトル 芸能山城組 / 交響組曲

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 タグとフォルダーの併用 【ネットワークオーディオTips】

 これはPCオーディオとネットワークオーディオの両方に使えるテクニックだが、音源のブラウズをすべてア

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

iFI nano iDSDといちごアイスとJPLAYStreamerでDSD256を再生する

DSD256用のファームウェア5.0にフレーバーをつけました 「どれにしますか?」 - iFI-Au

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

LUMIN A1・開梱編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編①  ネッ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 北米盤 【Dolby Atmos】

 何から何までマクロスじゃねーか。 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での

記事を読む

Playback Designs Syrah Server

 Roonが絡まない製品としては久々の、日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑