*

ECLIPSE TD316SWMK2 導入編

公開日: : 最終更新日:2016/04/02 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

0.1の壁

 23キロの黒い箱。

20160328サブウーファー00

 設置はブビンガ・ラックのベースをボードとして使い、アルミ合金製インシュレーターで四点支持。
 三点支持か四点支持かで迷ったが、ウーファーユニットが背面対向配置という本機の性格上、三点支持だと色々とバランスが崩れるような……そんな気がして四点支持。
 TD316SWMK2はウーファー径16センチと、サブウーファーとしてはかなり小さい。とはいえ、2発合わせれば雑な計算で22センチそこそこに相当し、Sapphireの20センチウーファーよりは大きいということになる。

システム俯瞰図数値入り20160325

 置き場所は事前の無駄に時間をかけまくった検討の結果、向かって左側、SapphireとGTラックの間に収まった。片方のユニットに対してGTラックが壁のように立ち塞がるのが気になるが、これ以上の場所が思い付かない。普通の一発ウーファーならこんなことを考えずに済むのだが、致し方なし。とにかく、壁の近くに置くよりはマシだと思いたい。
 詳細な数値は【システムまとめ】を参照。


 ことサブウーファーに関しては自宅試聴ができるはずもなく、候補の絞り込みはだいたい勘。
 低音の量より質、DynaudioとNmodeのスピードを阻害しないサブウーファーということを考えると、選択肢はあまり多くなかった。先立つものもね……
 それにしても、想像以上にサブウーファーの情報が少なくて困ってしまった。

 ちなみに、SC-LX85で自動音場補正をかけると、私の再生環境ではサラウンドバックも含めてすべてのスピーカーがLarge判定。そもそもの時点で、本来再生すべき帯域をサブウーファーに投げなければいけないようなシステムではない。サブウーファーは真にLFEのみを担当することになる。
 AVアンプの設定で、サブウーファーがない場合はLFEがフロントに割り当てられるため、一応今まででも「LFEが出ていない」ということはなかった。そこにサブウーファーを加えてLFEを専門に担当させることで、はたして映像音響はどのように変化するのか。

 論より体験、とにかく聴くのが一番だ。

 まずいくつかのタイトルで試した結果、明確な効果を感じるためにはサブウーファーのボリュームを七割まで上げる必要があった。
 (ピュア)オーディオをやっている身からすれば、アンプのボリュームが五割を越えるなんてことは限りなく稀。七割というのはどう考えても尋常ではない。
 しかし、私のいつもの音量で、なおかつSapphireが担当していた時以上に意味ある低音を再生するには、そこまでボリュームを上げる必要があったことは事実。

 そして幸いなことに、TD316SWMK2はそんな条件でもへこたれることがなかった。
 それだけでも大したもんだ。

 あとは片っ端から聴いていくのみ。

20160328サブウーファー000

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第133回『平成ガメラ三部作』

どいつもこいつもレギオンレギオン言いやがって! おれはイリスが好きなんだよ!!

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第121回『スターウォーズ クローンウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは割と低め、高くても30に届く程度。 音

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境(詳細) canarin

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ハイレゾ音源をライブラリに含める

 どのサイトから何を買ってもいいのだが、今回はmoraからYesの『Tormato』を買った。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

【レビュー】Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  そのうえであえて言わせ

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』

画質:15 音質:15 映像:AVC MGVC(Master Grade V

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑