*

ECLIPSE TD316SWMK2 導入編

公開日: : 最終更新日:2016/04/02 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

0.1の壁

 23キロの黒い箱。

20160328サブウーファー00

 設置はブビンガ・ラックのベースをボードとして使い、アルミ合金製インシュレーターで四点支持。
 三点支持か四点支持かで迷ったが、ウーファーユニットが背面対向配置という本機の性格上、三点支持だと色々とバランスが崩れるような……そんな気がして四点支持。
 TD316SWMK2はウーファー径16センチと、サブウーファーとしてはかなり小さい。とはいえ、2発合わせれば雑な計算で22センチそこそこに相当し、Sapphireの20センチウーファーよりは大きいということになる。

システム俯瞰図数値入り20160325

 置き場所は事前の無駄に時間をかけまくった検討の結果、向かって左側、SapphireとGTラックの間に収まった。片方のユニットに対してGTラックが壁のように立ち塞がるのが気になるが、これ以上の場所が思い付かない。普通の一発ウーファーならこんなことを考えずに済むのだが、致し方なし。とにかく、壁の近くに置くよりはマシだと思いたい。
 詳細な数値は【システムまとめ】を参照。


 ことサブウーファーに関しては自宅試聴ができるはずもなく、候補の絞り込みはだいたい勘。
 低音の量より質、DynaudioとNmodeのスピードを阻害しないサブウーファーということを考えると、選択肢はあまり多くなかった。先立つものもね……
 それにしても、想像以上にサブウーファーの情報が少なくて困ってしまった。

 ちなみに、SC-LX85で自動音場補正をかけると、私の再生環境ではサラウンドバックも含めてすべてのスピーカーがLarge判定。そもそもの時点で、本来再生すべき帯域をサブウーファーに投げなければいけないようなシステムではない。サブウーファーは真にLFEのみを担当することになる。
 AVアンプの設定で、サブウーファーがない場合はLFEがフロントに割り当てられるため、一応今まででも「LFEが出ていない」ということはなかった。そこにサブウーファーを加えてLFEを専門に担当させることで、はたして映像音響はどのように変化するのか。

 論より体験、とにかく聴くのが一番だ。

 まずいくつかのタイトルで試した結果、明確な効果を感じるためにはサブウーファーのボリュームを七割まで上げる必要があった。
 (ピュア)オーディオをやっている身からすれば、アンプのボリュームが五割を越えるなんてことは限りなく稀。七割というのはどう考えても尋常ではない。
 しかし、私のいつもの音量で、なおかつSapphireが担当していた時以上に意味ある低音を再生するには、そこまでボリュームを上げる必要があったことは事実。

 そして幸いなことに、TD316SWMK2はそんな条件でもへこたれることがなかった。
 それだけでも大したもんだ。

 あとは片っ端から聴いていくのみ。

20160328サブウーファー000

スポンサーリンク


関連記事

Playback Designs Syrah Server

 Roonが絡まない製品としては久々の、日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとな

記事を読む

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

【音源管理の精髄】 複数のディスクから成るアルバムをどう扱うべきか 【ネットワークオーディオTips】

 参考になるかもしれない備忘録。  私は基本的にCDをリッピングする際、「ディスク1枚

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第74回『リーピング』

画質:6 音質:8 映像はVC-1ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【イベント情報】9/2(土)にオーディオユニオン新宿店でSOULNOTE D-1の試聴会が開催されます

SOULNOTE D-1 試聴会開催! - オーディオユニオン新宿店 開催日時:9月2日(

記事を読む

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第150回『ブレイブハート』

画質:12 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑