*

ECLIPSE TD316SWMK2 導入編

公開日: : 最終更新日:2016/04/02 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

0.1の壁

 23キロの黒い箱。

20160328サブウーファー00

 設置はブビンガ・ラックのベースをボードとして使い、アルミ合金製インシュレーターで四点支持。
 三点支持か四点支持かで迷ったが、ウーファーユニットが背面対向配置という本機の性格上、三点支持だと色々とバランスが崩れるような……そんな気がして四点支持。
 TD316SWMK2はウーファー径16センチと、サブウーファーとしてはかなり小さい。とはいえ、2発合わせれば雑な計算で22センチそこそこに相当し、Sapphireの20センチウーファーよりは大きいということになる。

システム俯瞰図数値入り20160325

 置き場所は事前の無駄に時間をかけまくった検討の結果、向かって左側、SapphireとGTラックの間に収まった。片方のユニットに対してGTラックが壁のように立ち塞がるのが気になるが、これ以上の場所が思い付かない。普通の一発ウーファーならこんなことを考えずに済むのだが、致し方なし。とにかく、壁の近くに置くよりはマシだと思いたい。
 詳細な数値は【システムまとめ】を参照。


 ことサブウーファーに関しては自宅試聴ができるはずもなく、候補の絞り込みはだいたい勘。
 低音の量より質、DynaudioとNmodeのスピードを阻害しないサブウーファーということを考えると、選択肢はあまり多くなかった。先立つものもね……
 それにしても、想像以上にサブウーファーの情報が少なくて困ってしまった。

 ちなみに、SC-LX85で自動音場補正をかけると、私の再生環境ではサラウンドバックも含めてすべてのスピーカーがLarge判定。そもそもの時点で、本来再生すべき帯域をサブウーファーに投げなければいけないようなシステムではない。サブウーファーは真にLFEのみを担当することになる。
 AVアンプの設定で、サブウーファーがない場合はLFEがフロントに割り当てられるため、一応今まででも「LFEが出ていない」ということはなかった。そこにサブウーファーを加えてLFEを専門に担当させることで、はたして映像音響はどのように変化するのか。

 論より体験、とにかく聴くのが一番だ。

 まずいくつかのタイトルで試した結果、明確な効果を感じるためにはサブウーファーのボリュームを七割まで上げる必要があった。
 (ピュア)オーディオをやっている身からすれば、アンプのボリュームが五割を越えるなんてことは限りなく稀。七割というのはどう考えても尋常ではない。
 しかし、私のいつもの音量で、なおかつSapphireが担当していた時以上に意味ある低音を再生するには、そこまでボリュームを上げる必要があったことは事実。

 そして幸いなことに、TD316SWMK2はそんな条件でもへこたれることがなかった。
 それだけでも大したもんだ。

 あとは片っ端から聴いていくのみ。

20160328サブウーファー000

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

OPPOのUHD BDプレーヤー

OPPO Digital's 4K/UHD Blu-ray player is arriving i

記事を読む

no image

【アプリ紹介】 Denon Remote App iPad版検証

ようやくiPadに対応したので早速検証してみる。 Denon Remote AppはMaran

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App Version 2.0 検証

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑