*

0.1の壁

公開日: : 最終更新日:2016/04/02 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器, 雑記

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステムを組んだ私自身はそう思っている。
 ホームシアターの音に求めたのはあくまでも「映画館と同じレベルの感動」、すなわち感動の絶対値であって、「映画館の音そのもの」ではなかった。どのみち迫力や音量と空間のボリュームで勝負したところで本物の映画館に勝てるはずがないのだから、むしろオーディオ的な繊細さと精緻さを突き詰めたいと考えていたのである。

 物理的に低音をズンドコ出せる環境に長らくいなかったというのもあるが、映画館的な音ではなくオーディオ的な音と考えれば、低音の存在感にさして不満を覚えなかったことも事実。DynaudioとNmodeの組み合わせによる音響再生の品位や精度は我ながら見事なもので、主にSapphireのおかげで威力や迫力においてもなんら不足はなかった。
 サブウーファー以外で出来ることは可能な限りやってきた。音場補正に頼る前にスピーカーの厳密なセッティングを行うことなどは、ホームシアターにおいても基本中の基本である。それらを疎かにしたまま音を語れるほど、私は畏れ知らずではない。
 たとえサブウーファーがなくとも、マルチチャンネル・サラウンドの精華は存分に味わえる。これだけは胸を張って言える。

 ただ、AVアンプ側でLFEがフロントに振り分けられるにしても、「本当にLFEを効果的に再生できているのか」という疑念は常に付き纏った。そして、まさに映画館的な威力や迫力の面において、「サブウーファーを加えればさらに上に行けるのではないか」との思いも常にあった。
 今までとは異なり、現在の住環境は音漏れ云々をあまり気にせずに済む。
 ならば、Dolby AtmosにDTS:X、オブジェクトベース音声の再生環境を構築しようとしている今こそ、やり残したことを終わらせたい。トップスピーカーに低音を受け持たせるのはさすがに無理だろうし、その意味でも布石になる。
 

 というわけで、ついにサブウーファーを買った。
 ECLIPSE TD316SWMK2。
 はてさて、どうなるか。

20160325サブウーファー

スポンサーリンク


関連記事

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 MediaMonkeyでリッピング

 38ドルが惜しいという人はMediaMonkeyでリッピングもしてしまおう。  Medi

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売

<HIGH END>OPPO、Ultra HD Blu-rayプレーヤーを’16年末に発売へ - P

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 - DAR

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10  なんと手元にやってきまし

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑