*

0.1の壁

公開日: : 最終更新日:2016/04/02 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器, 雑記

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステムを組んだ私自身はそう思っている。
 ホームシアターの音に求めたのはあくまでも「映画館と同じレベルの感動」、すなわち感動の絶対値であって、「映画館の音そのもの」ではなかった。どのみち迫力や音量と空間のボリュームで勝負したところで本物の映画館に勝てるはずがないのだから、むしろオーディオ的な繊細さと精緻さを突き詰めたいと考えていたのである。

 物理的に低音をズンドコ出せる環境に長らくいなかったというのもあるが、映画館的な音ではなくオーディオ的な音と考えれば、低音の存在感にさして不満を覚えなかったことも事実。DynaudioとNmodeの組み合わせによる音響再生の品位や精度は我ながら見事なもので、主にSapphireのおかげで威力や迫力においてもなんら不足はなかった。
 サブウーファー以外で出来ることは可能な限りやってきた。音場補正に頼る前にスピーカーの厳密なセッティングを行うことなどは、ホームシアターにおいても基本中の基本である。それらを疎かにしたまま音を語れるほど、私は畏れ知らずではない。
 たとえサブウーファーがなくとも、マルチチャンネル・サラウンドの精華は存分に味わえる。これだけは胸を張って言える。

 ただ、AVアンプ側でLFEがフロントに振り分けられるにしても、「本当にLFEを効果的に再生できているのか」という疑念は常に付き纏った。そして、まさに映画館的な威力や迫力の面において、「サブウーファーを加えればさらに上に行けるのではないか」との思いも常にあった。
 今までとは異なり、現在の住環境は音漏れ云々をあまり気にせずに済む。
 ならば、Dolby AtmosにDTS:X、オブジェクトベース音声の再生環境を構築しようとしている今こそ、やり残したことを終わらせたい。トップスピーカーに低音を受け持たせるのはさすがに無理だろうし、その意味でも布石になる。
 

 というわけで、ついにサブウーファーを買った。
 ECLIPSE TD316SWMK2。
 はてさて、どうなるか。

20160325サブウーファー

スポンサーリンク


関連記事

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【速報】 B&WからNew 600 series 登場!

New B&W 600 series(公式)  待ってました!  B&W

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)

 KinskyはLINN純正のコントロールアプリである。  それでいて、なぜかDSのコントロールア

記事を読む

【レビュー】LUMIN S1

 一週間、時間とやる気の許す限り色々と試してみた。 ○外観・機能 LUMIN S

記事を読む

【レビュー】Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑