*

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬
続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬


 昨今のファイル再生において、狭義のPCオーディオでも狭義のネットワークオーディオでも、もはや「出来ること」は変わらない

 私の場合、オーディオにファイル再生を最初に取り入れた時のスタイルが狭義のネットワークオーディオだったことは事実ながら、別にPCの存在を否定するつもりはない。
 現に、単体Roon Serverとして、さらに「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という不毛な対立の構図を粉砕する「デジタル・ファイル再生の原器」として、canarino Filsも導入した。実際にハイスペックかつファンレスなオーディオ用PCの存在はあらゆる局面で大きな威力を発揮している。
 canarino Filsのおかげで、たとえ下流にUSB DACが来たところで、音質的な懸念をする必要はない。コントロールアプリは色々とあるし、裏技もあるし、ネットワークオーディオの実践には困らない。細部の違いこそあれど、実現するユーザビリティの質もLUMIN A1使用時と大差ない。

 私が「狭義の」とか「いわゆる」とかを付けず、単に「ネットワークオーディオ」と言う時、それは「音楽再生におけるコントロールの方法論」を意味する。つまり、再生機器に何を使うかは問題ではないのである。

 DSD256とかいう冗談のようなスペックで、なおかつきちんと聴きたい音源が現に存在するということもあり、LUMIN A1の導入から3年が経過した辺りから、「そろそろ……」という思いが強まっていた。
 そして前述のとおり、LUMIN A1の後釜としてUSB DACを導入したところで、「ネットワークオーディオの実践」という意味では何の問題もない。実際、Chord DAVEBricasti Design M1 SE mk2といったハイエンドな製品だけでなく、Nmode X-DP10SOULNOTE D-1といった(あくまでも相対的に!)手頃な製品の音質にもたいへん感銘を受けた。乗り換えようと思えば乗り換えられたし、無限の資金力があれば(残念ながらそんなものはない!)全部システムに迎え入れたかった。



 それでも、やっぱり、私は「純粋なネットワークオーディオ」に対する憧憬を消し去ることができなかった。

 LINN DSの存在を知り、それがもたらすものを体験し、そこに巨大な可能性とオーディオの未来を見出して以来、下図のようなシステムを志向せずにはいられないのである。


ネットワークオーディオ虎の巻07


 というわけで、考えに考えた結果、「プレーヤー」にSFORZATO DSP-Dorado、この際だからということで「サーバー」にfidata HFAS1-XS20を導入した。実は三週間ほど前の時点で導入していた。



 DSP-DoradoはLUMIN A1の後釜として、純粋な音質はもちろん、とにかく様々な点でタイミングが良かった。
 オプションで底板強化もした。
 
 HFAS1-XS20については、ネットワークオーディオのシステムにおける「サーバー」の存在に決着をつけたかったのにくわえて、もっと単純に、アレコレ考えずとも安定して動作する、普段使いで最高の音質を発揮するサーバーがほしかった。
 強いて決め手を挙げるとすれば、「純粋である」というところか。

 ……ふたつ同時というのは正直やり過ぎた感がある。いろいろとつらい。



 さて、「純粋なネットワークオーディオ」を志向したと言いつつ、USB DAC全盛という時代情勢に対してちょっと怖気づいて、DSP-DoradoにはオプションのUSB入力も付けた。これで「USB DACか、ネットワークオーディオプレーヤーか」という問題も吹っ飛んだ。DSP-DoradoはLANとUSBで再生可能なフォーマットに差がないので、canarino Filsを完璧に活かせる環境も整ったことになる。
 さらに「サーバー&プレーヤー」にHFAS1-XS20、「USB DAC」にDSP-Doradoという使い方もできる。HFAS1-XS20はcanarino Filsにとってもこれ以上ない好敵手となろう。

 SFORZATOの再生エンジンとfidataの再生エンジンははたしてどちらが上なのか。あるいは、強豪ひしめく再生ソフト群と比べた時、SFORZATOとfidataの再生エンジンはどのようなパフォーマンスを示すのか。
 そもそも接続に使うケーブルが違うということもあり、純粋な比較は難しいのだが、ユーザーとしては興味のあるところだ。



 最後に、導入から3年半の長きに渡って我が家の再生システムを支え続けてくれたLUMIN A1に対し、このうえない感謝の言葉を送りたい。



 LUMIN A1は「そもそもLINN DS以外にまともな(よく出来ているという意味ですらない)ネットワークオーディオプレーヤーは存在するのか」という絶望をLUMIN Appとの組み合わせによって瞬時に粉砕し、また上位機種のS1が登場した後でも、音質的魅力を維持し続けた。
 USB DACに比べてネットワークオーディオプレーヤーという製品ジャンルがちっとも盛り上がらず、機能と音質の両面でファイル再生の主戦場がPCとUSB DACに移行してもなお、継続的なアップデートのおかげで、少なくとも機能面において陳腐化の悲しみを味わうことはまるでなかった。それどころか、TIDAL、Qobuz、Roon Ready、MQAへの対応など、常に先頭を走ってきたと言ってもいいだろう。
 そして何より、「快適に音楽を聴く」という点で、LUMINのプレーヤーはあらゆるファイル再生のシステムの中で未だ最高クラスでだと信じて疑わない。こればっかりは、SFORZATOでも敵わない。

 傑出したネットワークオーディオのブランドとして、LUMINの今後益々の繁栄を願う。

 そしてどうか、LUMIN Appから他社製プレーヤーを締め出しませんように。



 SFORZATO DSP-Dorado。

 fidata HFAS1-XS20。

 長い付き合いになりそうだ。



【レビュー】DSP-Dorado

【レビュー】fidata HFAS1-XS20


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。専用アプリも - Phile-

記事を読む

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を買いました

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」最新のハイレゾ専用リマスターで遂に登場!  というわけで

記事を読む

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを、 HFAS1は、Grace

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第118回『ヘルボーイ』

画質:11 音質:11 映像はAVCでSPEらしい手堅いエンコード。 音声はリニアPCM

記事を読む

「ハイレゾ」は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。  笑って見てもらえると嬉しい。  ちなみにこの記事に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Beat

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall Trio / Beat

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑