*

【レビュー】Chord DAVEをLUMIN U1で聴いた

20160717dave

 DAVEの試聴機が我が家にやってきた。
 しかも相手はLUMIN U1というなんとも豪華な組み合わせである。

 まずは素の状態というか普通の環境で試すべく、いつものノートPCと組み合わせた。
 再生ソフトには出音がニュートラルなJPLAY/JPLAYStreamerをシングルで使用。

 ……

 …

 問答無用、強烈に「凄い」と感じさせる音。

 猛烈な解像感と分離の良さ。
 特に分離の良さはかつてないレベルで、一音一音の存在感が際立ちつつも決して混濁せず、空間はあまり広くないにも関わらず恐ろしくほぐれている。
 まるで超絶精緻な音のオブジェを眺めているかのようで、凄まじいオーディオ的な快楽を味わえる。

 情報量は異様なほど豊富。ソースの底の底から根こそぎえぐり取ってきたような凄みがある。
 逆に情報量がありすぎるせいで、常に空間に音が浮遊している感覚があり、結果的に静寂の表現は不得手に感じた。空間が闇に染まらない。

 出音は上にも下にも伸びているが、特に低域の充実が著しい。重く、強く、鋭く、弾む、実に魅力的な低音である。
 全帯域に渡って鮮烈にして躍動感に溢れ、LUMIN A1の音がぬるく感じられるほど。
 色彩感も非常に豊かであり、音楽全体が色鮮やかで煌びやかなイメージを纏う。
 聴いていてめっぽう楽しい。

 大規模で音数の多い音源ではかつてない音を聴かせる反面、ピアノとボーカルだけといったシンプルな音源では声に妙な響きが乗っているのが気にかかる。この響きは魅力と捉えることもできそうだが、うーむ。
 妙とは言ったものの、この響きとは本来音源に収録されていた微小領域の情報で、DAVEによって掘り起こされたディテールなのかもしれないが、そこまでは判別できない。

 情報量や音自体の魅力に比べれば、左右前後上下の空間表現はそれほどでもない。

 強烈な音の魅力、オーディオ的な快感を感じる一方で、常に人工的な印象も付き纏う。間違いなく「良い音」ではあるが、「自然な音」とは思えない。また、「滑らかな音」とも性格を異にする。
 全体的に「強い音」なので、好き嫌いは分かれるかもしれない。あるいはCHORDが音源からえぐり取った情報量があまりにも膨大なために、それを私が処理しきれず、結果として「強い音」と感じているだけの可能性もある。
 いずれにせよ、細かな好き嫌いを超越するだけの絶対的音質を備えていることは間違いない。


 で、LUMIN U1と組み合わせる(USB接続)と、DAVEの音に新たな魅力が加わる。

 PCに比べ、静寂感と音の繊細さ・滑らかさが向上し、一気に落ち着いた印象になる。それと引き換えに、DAVEの特質であろう音の色彩感と存在感は少々減衰する。

 中央にまとまっていた音がうまいぐあいに前後左右に展開し、音場は明らかに広がりを見せる。それでいて、PCとの接続では個々の音が猛然と存在を主張していたのに対し、LUMIN U1では音楽全体の一体感が向上している。
 全体的に耳馴染みが良く、すんなりと音楽に浸れる。A1を凌駕するオーディオ的基礎体力とLUMINならではの音楽の演出から、どことなくS1の雰囲気も見え隠れする。
 今までのオーディオ機器の延長線上にあるのはこっちの音だろう。

 LUMIN U1はUSB DACに対する影響力が強いというか、LUMINの音、それもA1めいた音に演出する傾向があるため、それ自体で強烈なDAVEの個性は良くも悪くも薄まることになる。組み合わせによって両者の美点を完璧に兼ね備えると言えればいいのだが、なかなか難しいところである。


 どっちに転んでも高い次元であることに変わりはない。

 いやはや凄いものを聴いた。


 凄いものを聴いてしまったので、我が家の再生系についても色々と考えてしまう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン2』 画質:11 (画質は

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第193回『ロビン・フッド』

最後のアレがやりたかっただけだろ! ライアン病患者乙!! 画質:9 音質:9

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【音源管理の精髄】 MediaMonkeyでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、MediaMonkeyを取扱う記事はそれなりに多い。  しかし、Medi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑