*

【レビュー】Chord DAVEをLUMIN U1で聴いた

20160717dave

 DAVEの試聴機が我が家にやってきた。
 しかも相手はLUMIN U1というなんとも豪華な組み合わせである。

 まずは素の状態というか普通の環境で試すべく、いつものノートPCと組み合わせた。
 再生ソフトには出音がニュートラルなJPLAY/JPLAYStreamerをシングルで使用。

 ……

 …

 問答無用、強烈に「凄い」と感じさせる音。

 猛烈な解像感と分離の良さ。
 特に分離の良さはかつてないレベルで、一音一音の存在感が際立ちつつも決して混濁せず、空間はあまり広くないにも関わらず恐ろしくほぐれている。
 まるで超絶精緻な音のオブジェを眺めているかのようで、凄まじいオーディオ的な快楽を味わえる。

 情報量は異様なほど豊富。ソースの底の底から根こそぎえぐり取ってきたような凄みがある。
 逆に情報量がありすぎるせいで、常に空間に音が浮遊している感覚があり、結果的に静寂の表現は不得手に感じた。空間が闇に染まらない。

 出音は上にも下にも伸びているが、特に低域の充実が著しい。重く、強く、鋭く、弾む、実に魅力的な低音である。
 全帯域に渡って鮮烈にして躍動感に溢れ、LUMIN A1の音がぬるく感じられるほど。
 色彩感も非常に豊かであり、音楽全体が色鮮やかで煌びやかなイメージを纏う。
 聴いていてめっぽう楽しい。

 大規模で音数の多い音源ではかつてない音を聴かせる反面、ピアノとボーカルだけといったシンプルな音源では声に妙な響きが乗っているのが気にかかる。この響きは魅力と捉えることもできそうだが、うーむ。
 妙とは言ったものの、この響きとは本来音源に収録されていた微小領域の情報で、DAVEによって掘り起こされたディテールなのかもしれないが、そこまでは判別できない。

 情報量や音自体の魅力に比べれば、左右前後上下の空間表現はそれほどでもない。

 強烈な音の魅力、オーディオ的な快感を感じる一方で、常に人工的な印象も付き纏う。間違いなく「良い音」ではあるが、「自然な音」とは思えない。また、「滑らかな音」とも性格を異にする。
 全体的に「強い音」なので、好き嫌いは分かれるかもしれない。あるいはCHORDが音源からえぐり取った情報量があまりにも膨大なために、それを私が処理しきれず、結果として「強い音」と感じているだけの可能性もある。
 いずれにせよ、細かな好き嫌いを超越するだけの絶対的音質を備えていることは間違いない。


 で、LUMIN U1と組み合わせる(USB接続)と、DAVEの音に新たな魅力が加わる。

 PCに比べ、静寂感と音の繊細さ・滑らかさが向上し、一気に落ち着いた印象になる。それと引き換えに、DAVEの特質であろう音の色彩感と存在感は少々減衰する。

 中央にまとまっていた音がうまいぐあいに前後左右に展開し、音場は明らかに広がりを見せる。それでいて、PCとの接続では個々の音が猛然と存在を主張していたのに対し、LUMIN U1では音楽全体の一体感が向上している。
 全体的に耳馴染みが良く、すんなりと音楽に浸れる。A1を凌駕するオーディオ的基礎体力とLUMINならではの音楽の演出から、どことなくS1の雰囲気も見え隠れする。
 今までのオーディオ機器の延長線上にあるのはこっちの音だろう。

 LUMIN U1はUSB DACに対する影響力が強いというか、LUMINの音、それもA1めいた音に演出する傾向があるため、それ自体で強烈なDAVEの個性は良くも悪くも薄まることになる。組み合わせによって両者の美点を完璧に兼ね備えると言えればいいのだが、なかなか難しいところである。


 どっちに転んでも高い次元であることに変わりはない。

 いやはや凄いものを聴いた。


 凄いものを聴いてしまったので、我が家の再生系についても色々と考えてしまう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第302回『マチェーテ キルズ』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り

Netflixを使ってみた  Netflixをある程度使ってみた結果、少なくとも現時点では、「

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-

・アーティスト / アルバムタイトル V.A. / アナと雪の女王 オリジナル・サウンドト

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第79回『マクロス・ゼロ』

画質:4→8(1話→5話) 音質:6 映像はAVCで基本的にハイビットレート。 音声はド

記事を読む

【BDレビュー】第264回『THE RAID / ザ・レイド』 北米盤

突撃死亡塔 重装開戦 2購入記念。 画質:6 音質:7 映像:AV

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino Fils + JRiver

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑