UHD BD化を待ち望む作品10選・2018年末版


『AKIRA』、4Kリマスターで再び。UHD BD&BDが2020年4月24日発売 – Phile-web

4Kスキャン・4Kリマスター・HDR化により、35mmマスターポジフィルムの情報を鮮やかに再現。「NEO TOKYO本来の姿が映し出される!」とアピールされる。さらに音楽監督 山城祥二による5.1ch音源のリマスターも実施、192kHzからさらにウルトラ処理を施されたまったく新しい音源も収録する。




【BDレビュー】第107回『AKIRA』

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』

【ハイレゾ音源備忘録】芸能山城組 / 交響組曲 AKIRA

【祝】アニメ映画『AKIRA』30周年



 『AKIRA』のBDが発売されるまでも、発売されてからも、いろんなことがあった。
 画質に失望したり、音質に驚嘆したり、BDでもいろんなことがあった。

 【BDレビュー】において、私が『AKIRA』の音質に与えた点数は15☆、つまり100点満点中150点さえも超越した評価である。それがさらにリマスターされるというのだからたまらない。安易にDolby Atmos/DTS:X化に走らず、純粋に元々の音源を磨き上げる選択をしたことには大きな敬意を表したい。

 心配なのは画質だが、これはもう、信じて待つしかあるまい。私が見たことのあるUHD BD化された往年のアニメ作品はいずれもBDとは次元の違う画を実現していたため、AKIRAにもおおいに期待したいところだ。


 『AKIRA』のBDが発売されてから既に10年以上、私のシステムも大きく変貌した。
 その環境でもって、かつてBDがもたらした衝撃が再びUHD BDでもたらされることを願ってやまない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答


新サイト「Game Sounds Fun」が発足しました

【コラム】ゲームの音はここが凄い!