*

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編

設定・運用編




・再生環境詳細

fidata HFAS1-XS20

DSP-Dorado(NH100経由/fidata直結)

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



・音質所感

 少なくとも現時点で私はDSP-DoradoをUSB DACとして認識するつもりはないので、試聴はあくまでもネットワークオーディオプレーヤーとして行った。
 そして同じくガチのネットワークオーディオプレーヤーとして、LUMIN A1との比較は避け得ない状況だった。音質所感はそのつもりで読んでもらいたい。

 また、直前にBricasti Design M1 SE mk2で強烈に感動してそれが耳に残っている、というかなり不利な状況だったことも付記しておく。


 ……第一印象は「寝起きが悪い」

 電源を入れて一晩寝かした後で聴いたらんーー? となったが、約三日放置した後で聴いたらウヒョーとなった。
 発売直後で、試聴機自体のバーンインもあまり進んでいないというのもあるのだろう。

 というわけで、ハブ(NH100)経由での真・第一印象は、「濃厚」
 まず低域に厚みがあり非常に安定感がある。太い。重い。沈む。それでいて輪郭は明瞭でありしっかりと見える。
 情報量は非常に豊富であり濃密な空間が広がる。空間の広がり自体も優れている。
 ピアノは引き締まりつつ輪郭が強調されることもなく、細部の細部に至るまでしっかりと響きが描かれ、聴いていて痛くない。これはお見事。
 高音はそうでもないが中低音は粒が大きく、空間にみっちりと敷き詰められるイメージであり、分解能に比して見通しの良さはそれほどでもない。膨大な情報量を引き出しつつも、それを完璧に空間に展開できていないというか、そんなもどかしさも若干感じる。

 そこでfidataとDSP-Doradoを直結して聴く。
 過剰にみっちりとした感覚が軽減されるとともに、さらに情報量が増える。溌剌、快活、瑞々しい。そんな言葉が浮かぶ音だ。
 やはりこうでなくては。
 いつ頃からか個人的にSFORZATOのプレーヤーには生真面目なイメージを抱いていたのだが、実際はそうではなかった。ただ、いつぞや我が家で聴いたDSP-01の音を思い返すと蛇口全開生命力炸裂といった感じだったので、方向性としては変わっていないのか。
 試聴機自体ほとんどおろしたてという状態なので、これからもっともっと音がほぐれていく可能性も大いにある。

 曲がどのように展開しようとエネルギーに不安が一切なく、ダイナミックレンジが広大。微細な音の掘り起こしに優れるのはもちろんのこと、高音圧時にあっても分解能は落ちず、強大な音の奔流を多種多様な音の重なりとして明快に描写し得る。そして埋もれることなく耳に届く。
 エネルギーの余裕は、激しい音調の曲ほど大きな表現力の違いとなって表れる。「TOTO / 35周年ライブ」や「鬼束ちひろ / Tiny Screams」といったライブアルバムでは圧巻の表現を聴かせる。一音一音のエネルギーの充実もさることながら、「場」の雰囲気が実に濃密に再現される。

 それにしても、DSP-Doradoに限らずここんとこいろんなDACやら何やらを聴いて思うのだが、LUMIN A1ってこんなに薄かったっけ……?
 ディテールの掘り起こしや微小領域の再現性だけでなく、重厚さやエネルギーの余裕も併せ持つというのは、昨今のデジタル再生機器にある程度共通する特徴なのかもしれない。SOULNOTE D-1なんかもまさにそうだった。


 最後に、せっかくなのでと同時に借りていたマスタークロック、PMC-03を繋ぐ。

 霧が……晴れる…………!!

 これは耳に毒だ。
 豊富な情報量そのままに音像がビシッと引き締まって細部の見通しが著しく向上し、あわせて立体感も強まる。
 良くも悪くも付属クロックで聴いた時の溌剌とした印象や音が押し寄せてくる感覚は薄れ、総じてクールなイメージとなる。

 間違いなくPMC-03を使った時の方がオーディオ的にはレベルの高い音なのだが、少なくとも私には素の状態のDSP-Doradoの音とは方向性がだいぶ違うと感じられ、絶対にこっちがいい! とは必ずしも言えない。

 音の方向性的に、素の音とPMC-03を使った時の音のちょうど中間くらいが理想なんだがなあ。



 Bricasti Design M1 SE mk2のおかげで(せいで)音質に感動するハードルが一気に高まっているという不利な状況下でありながら、DSP-Doradoは見事にそのクオリティを証明した。特にPMC-03と組み合わせた時の音は、文句なしで我が家で聴いた最高峰のひとつである。
 canarino Fils改 + Bricasti M1で約180万。fidata HFAS1-XS20 + DSP-Dorado(オプション込み) + PMC-03も約180万。まさか我が家で、立て続けにこんな恐ろしいレベルの機器を聴く日がこようとは。

 狭義のPCオーディオと狭義のネットワークオーディオの垣根が崩れて久しく、RoonやJPLAYをはじめとして再生ソフトがユーザビリティと再生品質の両面で進歩し続ける昨今、単体ネットワークオーディオプレーヤーという製品ジャンルが相対的にますます苦しい立場に立たされていることは、素直に認めなければなるまい。

 それでもなお、SFORZATOが単体ネットワークオーディオプレーヤーの血統を絶やすことなく作り続け、さらに音質と機能の双方で存在感を示し続けていることが、「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬を抱く身として、たまらなく嬉しいのである。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第155回『サマーウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMA&ドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

RoonがDropboxと連携できるようになったようだが……?

 ん、いつの間に。  とうとうユーザー所有の音源もクラウドに持っていく時代になったとでもい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / bezel

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / bezel ・購入元 OTOT

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑