*

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、RoonReadyプレーヤーとして、exaSound PlayPointを紹介する。
 Playpointは以前からRoonReady対応を表明しており、最近になってRoonReadyに正式対応したようで、公式HPの対応機器一覧にも記載された。
 ただ、先に紹介したIQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+Sonore Sonicorbiter SEに比べるとだいぶ高い……というより価格帯が一桁違う。加えて、AURALiC ARIESみたく一番乗りで対応を果たしたわけでもないので、まぁいいかな……とスルーしていた。

 ところがどっこい、某誌によれば国内に導入されるそうだ。
 実装がいつになるのかわからないLUMINやそれなりに時間がかかりそうなSFORZATOに先んじて「正式に国内導入されたRoonReadyプレーヤー」になるかもしれないとすれば、取り上げないわけにもいくまい。


exaSound PlayPoint


 ネットワークでデータを受けて、USBで出力するレンダラー。一応HDMI出力もある。
 とりあえずUSB出力は「USB 2.0 Compatible with exaSound DACs: e20, e12, e22, e28」とのこと。
 PCMは384kHz/32bit、DSDはDSD256まで対応という今時のスペック。
 筐体は同社のDACと同サイズですこぶるコンパクト。
 Sonore Sonicorbiter SEと同様、プレーヤーとして複数の振る舞いが可能で、その中の一つにRoonReadyプレーヤーがあるという寸法。
 AirPlay、MPD、UPnP/OpenHome、HQ Player NAA、そしてRoonReady。これらが一台で使用可能。なんとも多機能な製品である。
 あとはexaSoundが力を入れているマルチチャンネルにも当然のごとく対応。
 ちなみに向こうでのお値段は1999ドル。価格帯的にはAURALiC ARIESと同じクラスの製品と言えるか。
 価格も価格なので、RoonReady云々は一旦置いといて、純粋にネットワークオーディオトランスポートとして機能と音質の両面から評価されるべき製品になるだろう。


 IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+はさておき、AURALiC AriesしかりSonore Sonicorbiter SEしかりこのPlayPointしかり、現時点におけるRoonReadyプレーヤーは“トランスポート”が先行しているようだ。
 RoonReadyのパートナーメーカーはDAC一体型の“プレーヤー”を作っているメーカーも少なくない……むしろそっちの方が多いので、早いとこ“RoonReadyのプレーヤー”も出てきてほしいものだ。トランスポートとプレーヤー、どちらにも美点があるのだから。

 それはそうと、SFORZATOもビシッとパートナーの中に登場している。
 やったぜ国産機。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

ヤマハの7年ぶりの単体ネットワークオーディオプレーヤー「NP-S303」

ヤマハ、7年ぶりの単体ネットワークプレーヤー「NP-S303」ー 49,000円 - Phile-w

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第138回『続・夕陽のガンマン』

あうあうあー ほわーんほわーんほわーん 画質:7 音質:10☆ 映像はAVC、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Houses Of The Holy (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Houses Of

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑