*

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、RoonReadyプレーヤーとして、exaSound PlayPointを紹介する。
 Playpointは以前からRoonReady対応を表明しており、最近になってRoonReadyに正式対応したようで、公式HPの対応機器一覧にも記載された。
 ただ、先に紹介したIQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+Sonore Sonicorbiter SEに比べるとだいぶ高い……というより価格帯が一桁違う。加えて、AURALiC ARIESみたく一番乗りで対応を果たしたわけでもないので、まぁいいかな……とスルーしていた。

 ところがどっこい、某誌によれば国内に導入されるそうだ。
 実装がいつになるのかわからないLUMINやそれなりに時間がかかりそうなSFORZATOに先んじて「正式に国内導入されたRoonReadyプレーヤー」になるかもしれないとすれば、取り上げないわけにもいくまい。


exaSound PlayPoint


 ネットワークでデータを受けて、USBで出力するレンダラー。一応HDMI出力もある。
 とりあえずUSB出力は「USB 2.0 Compatible with exaSound DACs: e20, e12, e22, e28」とのこと。
 PCMは384kHz/32bit、DSDはDSD256まで対応という今時のスペック。
 筐体は同社のDACと同サイズですこぶるコンパクト。
 Sonore Sonicorbiter SEと同様、プレーヤーとして複数の振る舞いが可能で、その中の一つにRoonReadyプレーヤーがあるという寸法。
 AirPlay、MPD、UPnP/OpenHome、HQ Player NAA、そしてRoonReady。これらが一台で使用可能。なんとも多機能な製品である。
 あとはexaSoundが力を入れているマルチチャンネルにも当然のごとく対応。
 ちなみに向こうでのお値段は1999ドル。価格帯的にはAURALiC ARIESと同じクラスの製品と言えるか。
 価格も価格なので、RoonReady云々は一旦置いといて、純粋にネットワークオーディオトランスポートとして機能と音質の両面から評価されるべき製品になるだろう。


 IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+はさておき、AURALiC AriesしかりSonore Sonicorbiter SEしかりこのPlayPointしかり、現時点におけるRoonReadyプレーヤーは“トランスポート”が先行しているようだ。
 RoonReadyのパートナーメーカーはDAC一体型の“プレーヤー”を作っているメーカーも少なくない……むしろそっちの方が多いので、早いとこ“RoonReadyのプレーヤー”も出てきてほしいものだ。トランスポートとプレーヤー、どちらにも美点があるのだから。

 それはそうと、SFORZATOもビシッとパートナーの中に登場している。
 やったぜ国産機。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Tanaka feat. fox

記事を読む

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

LANケーブルで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ネットワーク

記事を読む

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを  祝・発売。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】第69回『ブレードランナー』

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビュー】SOULNOTE A-2

記事を読む

【BDレビュー】第332回『キャプテン・アメリカ』

 シビル・ウォーBD発売記念。 画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

記事を読む

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑