*

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、RoonReadyプレーヤーとして、exaSound PlayPointを紹介する。
 Playpointは以前からRoonReady対応を表明しており、最近になってRoonReadyに正式対応したようで、公式HPの対応機器一覧にも記載された。
 ただ、先に紹介したIQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+Sonore Sonicorbiter SEに比べるとだいぶ高い……というより価格帯が一桁違う。加えて、AURALiC ARIESみたく一番乗りで対応を果たしたわけでもないので、まぁいいかな……とスルーしていた。

 ところがどっこい、某誌によれば国内に導入されるそうだ。
 実装がいつになるのかわからないLUMINやそれなりに時間がかかりそうなSFORZATOに先んじて「正式に国内導入されたRoonReadyプレーヤー」になるかもしれないとすれば、取り上げないわけにもいくまい。


exaSound PlayPoint


 ネットワークでデータを受けて、USBで出力するレンダラー。一応HDMI出力もある。
 とりあえずUSB出力は「USB 2.0 Compatible with exaSound DACs: e20, e12, e22, e28」とのこと。
 PCMは384kHz/32bit、DSDはDSD256まで対応という今時のスペック。
 筐体は同社のDACと同サイズですこぶるコンパクト。
 Sonore Sonicorbiter SEと同様、プレーヤーとして複数の振る舞いが可能で、その中の一つにRoonReadyプレーヤーがあるという寸法。
 AirPlay、MPD、UPnP/OpenHome、HQ Player NAA、そしてRoonReady。これらが一台で使用可能。なんとも多機能な製品である。
 あとはexaSoundが力を入れているマルチチャンネルにも当然のごとく対応。
 ちなみに向こうでのお値段は1999ドル。価格帯的にはAURALiC ARIESと同じクラスの製品と言えるか。
 価格も価格なので、RoonReady云々は一旦置いといて、純粋にネットワークオーディオトランスポートとして機能と音質の両面から評価されるべき製品になるだろう。


 IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+はさておき、AURALiC AriesしかりSonore Sonicorbiter SEしかりこのPlayPointしかり、現時点におけるRoonReadyプレーヤーは“トランスポート”が先行しているようだ。
 RoonReadyのパートナーメーカーはDAC一体型の“プレーヤー”を作っているメーカーも少なくない……むしろそっちの方が多いので、早いとこ“RoonReadyのプレーヤー”も出てきてほしいものだ。トランスポートとプレーヤー、どちらにも美点があるのだから。

 それはそうと、SFORZATOもビシッとパートナーの中に登場している。
 やったぜ国産機。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 北米盤 【Dolby Atmos】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。 画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【レ

記事を読む

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。  これだけでは「へー」以

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Hello Troll

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Hello Troll

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑