*

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeRoonReadyのプラットフォームにないもの。
 それはひとえに製品層の厚みである。

 RoonReadyはRoonならではの優れたユーザビリティを、AirPlayとは異なり音質を担保したうえで、ネットワークオーディオプレーヤーでも実現することに意味がある。
 そしてユーザーレベルでの一工夫によって価格に関係なく製品層の厚いUPnP/DLNAプレーヤーをそのまま流用可能なOpenHomeとは異なり、RoonReadyはプレーヤー自身が対応していなければどうにもならず、そのうえ、RoonReady対応を表明しているプレーヤーは現状ではいかんせん高額な製品が多く、おいそれと手を出せない。
 RoonReadyの意義を語るにもUPnP/DLNAと比べた際の音質的優位性を語るにも、まずはRoonReadyプレーヤーの製品層が厚くならなければ話にならない。もっとも、仮にRoonReadyというプラットフォームが広まらずとも、Roonの真価にはさして影響があるわけではないが。


 というわけで、RoonReadyプレーヤーとして、exaSound PlayPointを紹介する。
 Playpointは以前からRoonReady対応を表明しており、最近になってRoonReadyに正式対応したようで、公式HPの対応機器一覧にも記載された。
 ただ、先に紹介したIQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+Sonore Sonicorbiter SEに比べるとだいぶ高い……というより価格帯が一桁違う。加えて、AURALiC ARIESみたく一番乗りで対応を果たしたわけでもないので、まぁいいかな……とスルーしていた。

 ところがどっこい、某誌によれば国内に導入されるそうだ。
 実装がいつになるのかわからないLUMINやそれなりに時間がかかりそうなSFORZATOに先んじて「正式に国内導入されたRoonReadyプレーヤー」になるかもしれないとすれば、取り上げないわけにもいくまい。


exaSound PlayPoint


 ネットワークでデータを受けて、USBで出力するレンダラー。一応HDMI出力もある。
 とりあえずUSB出力は「USB 2.0 Compatible with exaSound DACs: e20, e12, e22, e28」とのこと。
 PCMは384kHz/32bit、DSDはDSD256まで対応という今時のスペック。
 筐体は同社のDACと同サイズですこぶるコンパクト。
 Sonore Sonicorbiter SEと同様、プレーヤーとして複数の振る舞いが可能で、その中の一つにRoonReadyプレーヤーがあるという寸法。
 AirPlay、MPD、UPnP/OpenHome、HQ Player NAA、そしてRoonReady。これらが一台で使用可能。なんとも多機能な製品である。
 あとはexaSoundが力を入れているマルチチャンネルにも当然のごとく対応。
 ちなみに向こうでのお値段は1999ドル。価格帯的にはAURALiC ARIESと同じクラスの製品と言えるか。
 価格も価格なので、RoonReady云々は一旦置いといて、純粋にネットワークオーディオトランスポートとして機能と音質の両面から評価されるべき製品になるだろう。


 IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+はさておき、AURALiC AriesしかりSonore Sonicorbiter SEしかりこのPlayPointしかり、現時点におけるRoonReadyプレーヤーは“トランスポート”が先行しているようだ。
 RoonReadyのパートナーメーカーはDAC一体型の“プレーヤー”を作っているメーカーも少なくない……むしろそっちの方が多いので、早いとこ“RoonReadyのプレーヤー”も出てきてほしいものだ。トランスポートとプレーヤー、どちらにも美点があるのだから。

 それはそうと、SFORZATOもビシッとパートナーの中に登場している。
 やったぜ国産機。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

aria piccolo、日本上陸!

DAC内蔵+CDリッピング対応のオーディオサーバー「aria piccolo」 - av watch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第209回『コマンドー』

おまえは最後まで買わないと言ったな、あれは嘘だ 画質:6 音質:9 映像はMPE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第226回『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』

このスタッフが後に真ゲッターを作り、マジンカイザーを作り、鴉-KARAS-を作ると思うと感動もひとし

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑