*

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編


 マシンスペックや汎用性において間違いなくPCでありながら、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品
 まさにこの意味での「理想のオーディオ用PC」
 それを目指し、それを望み、それを求める過程で、オーディオ用PCの製作で高名なショップ、オリオスペックの製品を試す機会を得た。


 私がオーディオ用PCに求めるのは以下の要素。

・ファンレス
・ストレージはSSD
・アナログリニア電源


 この三点は絶対に外せない

 次点としては、PCの使い道にもよるがこんなところか。

・本体側でのUSB出力対策
・十分なマシンスペック(Roon Serverとして問題なく使えるくらい)
・オーディオ機器然とした筐体(主に気分の問題)


 というわけで、実機でひとつひとつ見ていく。


 フロントパネル。
 ディスクドライブ用の穴すらないストイックなデザインは、私のようなネットワークオーディオ原理主義者の心をときめかせてやまない。
20160407canarino04

 リッピングや音源管理は別のPCでやれば済む話である。
 それらの機能も備えたオールインワンのミュージックサーバーに一定の需要があることも承知しているが、少なくとも私はオーディオ用PCにそんな機能は求めていない。


 シャーシはSTREACOM FC5WS Evo Fanless Chassisを使用。
 サイズは450W×325Dx70H(足込み)mm。フロントパネルの厚みは10mm、シャーシだけでも重さは5.2kg。持ってみて「軽い」という印象はまず受けない。
 側面のヒートシンクも含めてデザインは実用性ありきとはいえ、質実剛健な佇まいはオーディオラックの中にあっても違和感を生じさせない。やはり、フロントパネルがまっさらであることの意味は大きい。
20160407canarino08
20160407canarino05

 背面。
 ここでようやく「やっぱりPCだ」とわかる。
 当然ながらファンレスである。
20160407canarino07

 USB出力対策の要として、SOtM tX-USBhubInを搭載。USBに関して言えば外付けで様々なアクセサリーが存在しているが、より上流に近い部分で対策したほうがいいと判断した。
 SOtMのUSB関連パーツはアレとかソレとか、海外製の「中身がまんまPCなミュージックサーバー」にも採用されているあたり、性能は折り紙付きと言える。
20160407canarino06

 さらにSOtM tX-USBhubIn用の外部電源として、FIDELIXのACアダプターも用意。
20160407canarino01

 PCの電源がアレなスイッチング電源だったりすると、今までの努力がすべて水泡に帰すおそれがあるので、当然のことながら別筐体のアナログリニア電源を用意。
 初めてTS-119にアナログ電源をあてがった時以来、PC的な機器における電源の重要性は身に染みている。
20160407canarino03

 なお、別にすべてのスイッチング電源が駄目だと言っているのではない。念のため。


 スペックは、CPUがIntel Core i5-T6600、メモリが8GB。
 OSはwindows 10 Home 64bit。
 ストレージはもちろんSSDで、Samsung 850EVOをシステム用に120GB、データ領域として500GB。もちろん積もうと思えばもっと積める。
 Roonの「Core」を動かすのにもじゅうぶんなマシンスペックを確保している。

 なお、「PCのマシンスペックは低いほうが音が良い」という議論があることは承知している。しかし、「様々なソフトを使える=汎用性が高い」というPCならではの特性を活かそうとすれば、やはりある程度のスペックは必要である、というのが私の姿勢だ。
 さらに、「WindowsよりMacのほうが音が良い」という議論があることも承知している。しかし、MacはWindowsに比べてソフト以前にハードを作り込む余地があまりにも小さいため、最初から選択肢に入れていない。


 という具合で、このPC(モデル名は特にない)はソフトの前提としてのハード、機能を受け止めるオーディオ機器としての器として、やれるだけのことはやっている。事前に私の理想を伝えた甲斐も少しはあったのだろうか、とにかく理想全部盛りともいえる仕様となっている。

 次回はソフト編。
 このPC……シャーシのモデル名から便宜的にEVOとでも呼ぼう。
 様々なソフトを入れて、EVOを「ミュージックサーバー」・「単体サーバー」・「単体ネットワークオーディオプレーヤー」に仕立て上げる。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器

ついに手に入れたぞ


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

【CES2016】Dynaudioよ何処へ行く

<CES>ディナウディオ、コンパクトな新ワイヤレススピーカー「Xeo 2」 - Bluetoothに

記事を読む

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 北米盤

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』 画質:12 (画質はHD環境・B

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

 「はじめに」でも言っているように、ネットワークオーディオは簡単ではない。  しかし、決して理

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

 ついに完結? 画質:10 音質:13 映像:AVC 音声:ドルビーTR

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 運用編

 一週間ほど運用してみての諸々。  一言で言えば、動作は安定している。  「Ma

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化  かねてから言っている通り、私

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。  というこ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 虎魂王 より:

    オリオスペックのオーディオPCですか。やはり、オーディオPC初心者にはオリオスペックが無難ですね。最近の殆どのMacは、メモリ増設等をBTOでやらないといけないので。

    私個人的な意見としては、音質の良いオーディオPCは、ハイスペック、ファンレス、安定性の高いOS、綺麗な電源、徹底的なノイズ対策等ですね。

    特に、ハイレゾ音源のような重いファイルを扱うには、Core i7クラスかそれ以上のハイスペックPCでないと正直厳しいです。Core i3よりもCore i7搭載PCの方が音質が良いという報告をあちこちで聞いていますし。

    Core i5は中途半端な感じはしますし、メモリ8GBは厳しいですが、再生だけに特化するなら、これはこれでいいのかもしれないですが、リッピングは別のPCでやった方がいいですね。

    それから、SSDはノイズ源にもなり得るので、徹底的な電磁波ノイズ対策はやった方がいいですね(中身を空けるとメーカーのサポートが受けられなくなるというリスクはありますが)。近年登場したM.2 SSDは、現行のSATA3よりも高速転送が可能なので私のオススメですが、基板剥き出し状態なので上級者向けですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑