*

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形

foobar2000でネットワークオーディオする!
MediaMonkeyでネットワークオーディオする!
JRiver Media Centerでネットワークオーディオする!


 再生ソフトのDLNA/UPnP機能は大抵レンダラーとサーバーがセットになっている。
 再生ソフトによってPCをサーバー化するとともにネットワークオーディオプレーヤーとして使う方法が、一番手っ取り早いネットワークオーディオの形であるということを上の記事で書いた。

 が、これらの再生ソフトによるPCのネットワークオーディオプレーヤー化は挙動が極めて怪しいため、あくまで操作の感覚を掴む「お試し」以上のものを求めるのは難しい、とも書いた。

Remote
JRemote
MonkeyMote
MonkeyMote 4 foobar2000

 一方で、例えば以上のコントロールアプリを使えば、対応する再生ソフトをスマホ/タブレットからコントロールすることができる。
 これはプレーヤーから音楽再生に関わるコントロールの一切を完全に独立させているという点で、ネットワークオーディオの方法論に他ならない。
 実際に使っているユーザーからすれば、この方法論を実践した際のPC・再生ソフト・USB DACの挙動はネットワークオーディオプレーヤーを使っているのと何ら変わらない。

 しかし、この手のアプリは基本的に再生ソフトと一対一の関係なので汎用性はない。
 幸いにしてそれぞれなかなかの操作性を実現してはいるものの、DLNA/UPnPに対応する優れた汎用アプリが使えないことに変わりはない。厳密には使おうと思えば使えるのだが、上に示した通りレンダラーとしての挙動が怪しいため実質的に使い物にならないのだ。

 PCオーディオでもネットワークオーディオの方法論を適用することにより、「快適な音楽再生」を実現することは可能である。
 とはいえ、DLNA/UPnPに対応する純粋なネットワークオーディオプレーヤーに比べれば、そのための選択肢が限られることもまた事実。

 はてさてどうしたものか。



 そんななか、「JPLAY」というソフトがネットワークオーディオプレーヤーとして動作するようになったと聞いたので、どんなもんかと試してみた。



 その存在は以前から聞き及んでいたが、JPLAYは……どう言えばいいのか……
 ……ごく最近出来た日本語サイトからそのまま引用する。

1. ASIOドライバー: 旧版からの機能を、音質をさらにブラッシュ・アップして継続

Windows上で動作するビット・パーフェクト出力ASIO対応ミュージック・プレーヤー(foobar2000など)のASIOドライバーとして機能します。ミュージック・プレーヤーは、オーディオ・デバイスの代りにJPLAYへ出力します。JPLAYはこの入力信号をタイミング・パーフェクトな形でオーディオ・デバイスへ渡します。つまり、JPLAYはミュージック・プレーヤーとオーディオ・デバイスとの間に位置する「整音フィルター」的に機能します。


2. OpenHome Media対応Renderer(Room): JPLAYStreamer(新機能)

UPnP AV standardsに基づきLinn社が提唱するOpenHome Media準拠のRendererとして機能します。
WAVへのトランスコードに対応しているUPnPサーバーより音楽データのストリーミングを受け、OpenHome Media対応のコントロール・ポイントで操作します。
設定完了後はPCの存在を意識すること無く、ストリーミング対応のネットワーク・プレーヤーとして、スマートフォンやタブレット上のアプリケーションで快適に操作できます。


 1について。
 要は、「ASIOドライバとして機能するPCの高音質化ソフト」といったところか。foobar2000など、既存の再生ソフトと併用するのが基本となっているようだ。
 いちおうプレーヤーも付属するが、これを使えというのはさすがにちょっと……
20150414jplaypc02


 2について。
 この記事で重要なのはこっちだ。
 付属プレーヤーとは異なりWAVにトランスコードしないと音源を受けられないというのが少々アレだが、まあいい。
 何よりohMedia準拠というのが実にタイムリーだ。色々と確かめてみたい。

 というわけで、実際に使ってみた。


 JPLAYの設定画面。
 音楽再生以外のあらゆる処理をPCが一切の操作を受け付けなくなる次元にまで踏み込んで停止させるなど、高音質化のためにかなり過激な設定も可能らしい。
 しかし残念なことに、そもそもUSB DACを持っていない私にはとりあえず縁のない画面だ。結局音が出てくるのはPCに繋いだアクティブスピーカーというアレ。
20150414jplaypc01


 ちなみにインストールした時点で、Kinskyを見ると「JPLAYStreamer」が表示されている。Kinskyを使ったのはOpenHomeのリファレンスになってるっぽいから。
20150414jplayipad01
 おッと思ってTwonky Serverから選曲して再生しようと思ったが、できず。
 そういえばWAVにトランスコードが必要なんだっけ……


 日本語サイトにはサーバー設定の例としてMinimServerが上がっていたので私も素直にMinimServerを使う。

 minimstreamerなるパッケージをインストールして……
20150414jplaypc03
20150414jplaypc04

 ん? 設定画面が変わらんぞと思ったら、
20150414jplaypc05

 MinimServerの再起動が必要なだけだった。
 で、ffmpegが面倒だったのでトランスコードはとりあえず「flac:wav」のみ設定。
20150414jplaypc06

 これで準備は完了したはず。

 
 あえてKinskyではなくSongBook HDを使う。
 ふむ。
20150414jplayipad02

 で、再生する。
 音が出る。ここまではいい。
20150414jplayipad03

 さて、問題はここからだ。
 OpenHome準拠なら当然オンデバイス・プレイリストに対応しているはず。
 ということは、デバイス(この場合はPCとJPLAYが該当)側にプレイリストが保存されているので、使うアプリを変えても同じプレイリストが保持される。
 さあどうだ。

 !
20150414jplayipad04
20150414jplayipad05

 !!
20150414jplayipad06
20150414jplayipad07

 !!!
20150414jplayipad08
20150414jplayipad09

20150414jplayipad11
20150414jplayipad12

20150414jplayipad16
20150414jplayipad17

20150414jplayipad14
20150414jplayipad15

 アプリ間でのプレイリスト保持、アプリ終了時のプレイリスト再生維持ともに、オンデバイス・プレイリストは問題なく機能した。
 ほとんど何もすることなくPCがまともなネットワークオーディオプレーヤーになってしまった。これは少々感動的ですらある。

 が、シークが機能しなかったり、全体的に得も言われぬレスポンスの不安定さを感じたり、あとはWAVしか再生できないなどの問題もある。
 現状ではLINN DSやLUMINと比べられる次元にはないという印象だ。
 もっとも、PCのネットワークオーディオプレーヤー化は最新バージョンの6で実装した新機能なので、今後完成度は上がっていくとは思うが。

 ちなみにChorusDSはLUMIN A1同様に「見つけるだけ」で使えず、
20150414jplayipad13

 LUMIN Appでは完全に除外されている。DSは動かせたのに、何を基準に判断しているのだろうか。
20150414jplayipad10


 例えばJRiverとJRemoteといった再生ソフトとコントロールアプリの組み合わせは「PCをネットワークオーディオプレーヤーのように使う」ものなのに対し、JPLAYは「PCをネットワークオーディオプレーヤーそのものとして機能させる」。それだけならfoobar2000なりMediaMonkeyなりで以前から可能だったが、OpenHome準拠をひっさげてまともなユーザビリティを実現したというところにJPLAYの価値がある。

 JPLAYはPCを「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」として使う際の有力な選択肢になるだろう。
 あとは、PCをオーディオ機器として磨き上げるためのいつもの努力を地道に続けるだけだ。



 ん?
 音質?

 ステレオミニジャックに安いアクティブスピーカーを繋いだだけの状態でそんなもん気にしてどうすんの。
 USB DACを導入してまともに判断できるようになった。



続き:実践編

続き:音質編

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』

鴉とは何だったのか…… モノノ怪に出てくる素敵謎漢字の初出は鴉なんだよ! 鴉も愛して!

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。 Try O

記事を読む

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの  前回の続き。  音楽の海の中でもひときわ巨大

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定生産 - ギャガ  

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. morris1979 より:

    はじめまして。
    私もJPLAY6+MinimServerをiPad miniからKinskyを使ってコントロールしています。(トランスコーダーにはffmpegを使用)PCM、DSD音源をシームレスに、安定して再生できるネットワークオーディオ環境がやっと実現しました。音質、機能性ともWindows8環境ではベストな組み合わせになるかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑