*

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化


 かねてから言っている通り、私はネットワークオーディオを『音楽再生におけるコントロールの方法論』と定義している。
 再生機器に何を使っているかはあまり問題ではない。ネットワークオーディオプレーヤーだけでなく、PCとUSB DACからなるいわゆるPCオーディオでも、再生ソフトとコントロールアプリの組み合わせでネットワークオーディオを実践することは可能である。

 例えば、
 iTunesにはRemoteがある。
 MediaMonkeyにはMonkeyMoteがある。
 foobar2000にはMonkeyMote 4 foobar2000がある。
 JRiver Media CenterにはJRemoteがある。

 音楽を聴く際にいちいちPCを向き合う必要はない。
 既に「PCとUSB DACを使ったネットワークオーディオ」を実践する環境は整っている。
 PCオーディオはもっと自由になれる

 こんな状況で、JPLAYの中のJPLAYStreamer、PCを「OpenHomeに対応したネットワークオーディオプレーヤーそのもの」にする機能にはどのような価値があるのか。
 端的に言って、それは「選択肢が増える」ことではないだろうか。

 PCの再生ソフトとコントロールアプリは一対一の関係であり、汎用性はない。選択肢もあまり多くない。
 そこでPCを「OpenHomeに対応したネットワークオーディオプレーヤーそのもの」にしてしまえば、使用できるアプリの選択肢は一気に広がる。使えるようになったそれらのアプリが「使い物になるか」はまた別問題だが。
 大切なのは専用アプリと汎用アプリのどちらが良いかということではなく、選択肢が増えるということだ。
 さらにJPLAYの場合、foobar2000やJRiverのASIOドライバとして潜り込めるので(むしろこっちが本来の使い方のようだ)、「JRemoteを使いつつ実際の音はJPLAY経由で出力する」なんてことも可能になる。音の良し悪しの判断ばかりは個人の感性に任せるしかない以上、やはり「使い方の選択肢が増える」ことは歓迎されるべきだ。
 ネットワークオーディオという方法論を薦める者として、JPLAYStreamerには大きな可能性を感じる。


 というわけで、ifI nano iDSDを導入してようやくPCをまともなオーディオ機器として使えるようになったので、あらためてJPLAYの活用を実践してみた。

 なお、私はこの期に及んで音楽を聴く際にマウスをカチカチするなんて絶対に嫌なので、必然的にJPLAYStreamerの機能を使うことになる。
 最終的な目標は、ノートとifI nano iDSDを接続してネットワークオーディオプレーヤーに仕立て上げ、システムに接続することである。
 以前デスクトップで試したところ何の苦もなくJPLAYStreamerが機能したので、今回も楽勝だろう。
 と、思っていたら……

20150616jplaypc06

 JPLAYStreamerの機能はWin8.1でしか使えないということが発覚し、出鼻を挫かれてしまった。
 ただ、JPLAYのデュアルPCモードであればAudio PC(実際にUSB DACと接続されているPC)はWin7でも大丈夫らしく、せっかくなのでデュアルPCモードを試すことにした。
 デスクトップをそのまま持ち込んでシステムに繋ぐ気は毛頭ない。本来であればJPLAYのデュアルPCモードは高音質の追求という文脈で試されるべきだろうが、こんな使い方もある、ということで。

 さて、公式HPの解説を見ると、2台のPCをLANで直結するとか、IPアドレスの設定が云々とか、何やら恐ろしげなことが色々と書かれている。つらい。
 私の置かれた状況で2台のPCをLANで直結なんていうのは恐ろしく手間なので、とりあえず普通にWi-Fiルーター&ハブ経由でControl PC(私の場合はデスクトップ)とAudio PC(私の場合はノート)が繋がらないものかと試してみた。

 Control PC(デスクトップ)で、「Search my LAN for JPLAY」を選択して「OK」。
20150616jplaypc05

 すると、あっけなく「見つかったよ」という反応があり、出力先(Audio PC)にノートを選べるようになった。
20150616jplaypc02
 これでOKを押せばデュアルPCモードが使えるようになる。
20150616jplaypc03

 デュアルPCモードのためにネットワーク系の設定はなにひとついじっていない。
 それでいてこんな具合にすぐ使えるのであれば、あまり構える必要もなかったようだ。
 もっとも、これはあくまで使えるというだけで、真に高音質を求めるのならばやはりLAN直結といった策を講じたほうがいいのだろうが。

 Control PC(デスクトップ)の設定はこんな感じ。
20150616jplaypc04

 Audio PC(ノート)の設定はこんな感じ。
20150616jplaypc01

 出力先としてのAudio PCの項目以外は、基本的にAudio PC側の設定が表示されるようだ。
 バッファーがどうの、リンクがこうの……とあるが、問題なく音が出たのでとりあえずこのまま。
 Kinskyできちんと操作できている。これでよし。
20150616jplay04

 ちなみに、デュアルPCモードの接続を行った際ノートは無線で接続していたのだが、時折Control PCとAudio PCの接続が途切れることがあった。
 どうせ無線で繋いでいるせいだろうと思って有線で繋いだら、IPアドレスが変わった関係で再度Audio PCを探すことになった。しかしそれもすぐに見つかり、接続も安定した。やはり有線接続に限る。


 こうして、Win8.1のデスクトップとWin7のノートを使い、JPLAY(に含まれるJPLAYStreamer)でもってPCをネットワークオーディオプレーヤーに仕立て上げた。ついでにJPLAY一押しのデュアルPCモードも実践していることになる。
 あとはノートとUSB DACを持ってきて、システムに繋げば、押しも押されぬ立派なネットワークオーディオのシステムの完成である。
 カーペットに直置きというまったく褒められたものではない設置だが、それはそれ。
20150616jplay01

 MonkeyMoteやJRemoteではなく、KinskyやBubbleUPnPでコントロールするPCとUSB DACのシステム。
 布でもかけてやれば、誰も「再生機器にPCを使っている」なんてことには気付くまい。
 大切なのはコントロールだ。
 そこにネットワークオーディオの本質がある。



続き:音質編

【音源管理の精髄】 目次 【音源管理の精髄】


スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか

 いちオーディオファンとしてのハイレゾ考。  笑って見てもらえると嬉しい。  ちなみにこの記事に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。 新海作品が次世代ディス

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 John Mayer / Paradise Valley

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Paradise Valley

記事を読む

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Linn Kazooがアップデート

コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』  それなりに大きな変化なので

記事を読む

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑