*

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/06/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。
 高品質かつ多機能な再生ソフトとして名高いJRiverは、UPnP/DLNAサーバーとしても機能する。

 いざ、JRiverを実際にネットワークオーディオの文脈で使うとどうなるのか、順を追って見ていこう。


◎下準備
・PCに完璧なライブラリを作る
・JRiverをインストールする


 ちなみにJRiverは有料である。49.99ドル。
 一カ月間は体験版が無料で使える。


 JRiverはMediaMonkeyに輪をかけて情報が少ないと思うので、これも設定画面から。
 DLNAを有効にする。
WS000063

 これだけでJRiverをサーバーとして使用可能になる。


 JRiverサーバーの機能は以下のとおり。

・対応フォーマット
DSDを含めて片っ端から対応している。

・画像配信能力
この記事を参照。

・「同一アルバム・複数ディスク」音源への対応
問題なし。


 JRiver Media Centerのナビゲーションツリー(初期設定)は以下のとおり。


 オーディオ

  →アーティスト
    →すべての「アルバムアーティスト」 ※「アーティスト」ではない模様
      →選択した「アルバムアーティスト」のすべての「アルバム」
        →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

  →アルバム
    →すべての「アルバム」
      →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

  →最近
    →最近聴いた曲 ※判断基準は不明

  →ジャンル
    →すべての「ジャンル」
      →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アルバムアーティスト」
        →選択した「アルバムアーティスト」のすべての「アルバム」
          →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

  →作曲家
    →すべての「作曲者」
      →選択した「作曲者」のすべての「アルバム」
        →選択した「アルバム」内の「作曲者」の「タイトル」

  →ポッドキャスト
   ※詳細不明

  →評価が高い曲
   ※レーティングの類をしていないので詳細不明



 ここからはおまけ、JRiverでPCをサーバー化するついでにネットワークオーディオプレーヤーとしても使う。

 コントロールアプリには例によってKinskyを使おう。
 JRiver以外のサーバーはとりあえず無視。
1

 そしてサーバー、そして再生機器(アプリによって呼び名は様々)にJRiverを選んだら、あとは何も気にせずナビゲーションツリーを降りていって選曲すればいい。
 (左上の曲はとりあえず無視)
2

 で、再生するとご覧の通り。(拡大推奨)
3

 Kinskyの画面と、実際にJRiverで再生している曲の情報が一致している。
 まさにこの瞬間、再生機器(この場合はPC)からコントロールをネットワーク越しに独立させている。


 ……ここまではいい。
 いろいろと問題がある。


 まず、シークができない。
 さらに、スキップもできない。
 あげく、プレイリストの次の曲を再生しない。


 うーむ……



※2014/06/15追記 2015/08/22さらに追記 2016/01/26また追記※

 DiXiM DMCを使用すれば、問題なくシークもスキップもでき、プレイリストの曲も連続再生されることを確認した。
 では上記の症状はKinskyに特有の問題かと言われればそういうことでもなく、SongBook LiteではそもそもJRiverのコントロールができないなど、アプリによって色々な挙動がある模様。
 というわけで、“JRiverをDMCでコントロールする”するのは、あくまで“ネットワークオーディオの操作感を体験する”だけに留めておいたほうがいい。

 真にJRiverを使ってネットワークオーディオを実践するには、『JRemote』と組み合わせることをすすめる。下手な単体プレーヤーが裸足で逃げ出すレベルのユーザビリティが得られる。

 あるいは、BubbleUPnP Serverと組み合わせて使うという手もある。
 これならば、純粋なネットワークオーディオプレーヤーとしても不満はない。

※追記ここまで※




 ここまで、foobar2000、MediaMonkey、JRiver Media Centerと三種類の再生ソフトの機能を使ってPCをサーバー化し、ついでにネットワークオーディオプレーヤーとしても使い、最も簡単な形のネットワークオーディオの形を実践してきた。

 各ソフトの挙動はさておき、

 PCとスマホさえあればネットワークオーディオの本懐は体験できる

 ということはわかってもらえただろうか。


 今すぐ試してみよう。

 ネットワークオーディオの門戸はいつでも開いている。



「プラットフォーム」としてのJRiver Media Center

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roon 導入編

前記事:Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか  Roonはソフトであり、サービスである。  メ

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第118回『ヘルボーイ』

画質:11 音質:11 映像はAVCでSPEらしい手堅いエンコード。 音声はリニアPCM

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り

Netflixを使ってみた  Netflixをある程度使ってみた結果、少なくとも現時点では、「

記事を読む

【BDレビュー】第255回『機動戦士ガンダム』

 待っていた人は多いはずだ。  「我々は3年待ったのだ」どころではない。BDの始動から7年半も待っ

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑