*

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編


 前回の記事で、JPLAYを用いてノートPCを押しも押されぬネットワークオーディオプレーヤーに仕立て上げ、システムを構築した。
 今回はノートPCとifI nano iDSDをウェルフロートボードに置いてみた。ファンを搭載するノートPCは自ら振動源を抱えるため、足元の改善は特に重要である。
 PCオーディオだろうと何だろうと、あくまでオーディオの基礎基本は大切にしたい。

20150616jplay09

 それでは、実質的なiFI nano iDSDのレビューも兼ねて、音を聴こう。

 まずはJPLAYを使いつつもJPLAYのことは忘れて、iFI nano iDSDの音を色々な音源で聴く。必然的にLUMIN A1との比較になる。
 ちなみに、JPLAY(JPLAYStreamer)で聴く際はControl PC(デスクトップ)で動いているMinimServerから音源を配信している。


iFI nano iDSD 導入


 やはり線の細い音だ。この印象はSapphireを通しても変わらない。
 解像度は十分に高く、細かい音までよく拾ってくれる。
 音色に対する主義主張は感じられず、淡々としている。
 こんなことを言うと「面白味のない機械」のように思われるかもしれないが、むしろ25000円そこそこの機器で「こんなに細かい音まで聴こえるなんて!」という体験ができるとすれば素晴らしいことだ。感動なくしてオーディオなし。


 次。


 「JPLAYの音」を聴く。

 今回使ったのはCorrinne May「Leaving」とTingvall Trio「Pa Andra Sidan」とTOTO「Africa」。

 今までもJPLAYの音を聴いていたわけだが、それはiFI nano iDSDの音であり、Nmode X-PM7の音であり、Dynaudio Sapphireの音でもある。
 ここで、お待ちかね? の「再生ソフトの比較」が必要になる。相互に比較することでJPLAYの音がわかる。
 比較対象はfoobar2000とJRiver Media Center。
 それぞれMonkeyMote 4 foobar2000・JRemoteと組み合わせて使い、実質的に「同時に3台のネットワークオーディオプレーヤーを聴き比べる」という状況を作り出す。これはPCに負荷をかけることなので、音質的にはあまり褒められたことではないだろうが、あくまで比較のためだ。
 なお、foobar2000とJRiverはそれぞれノート内に保存した同一音源を使用している。


 foobar2000。画面はMonkeyMote 4 foobar2000。
20150616jplay07
 淡々としている。
 Corrinne MayもTingvall TrioもTOTOも、物凄く淡々としている。正直なところこれ以上の印象がない。
 ifI nano iDSDの特徴を悪い意味で増幅してしまったようだ。
 決して悪い音ではないが、魅力的な音かといえば……


 JRiver Media Center。画面はJRemote。
20150616jplay06
 Corrinne May:一聴して低域に力がある。音と音の間の空気感が濃く、押しが強い。
 Tingvall Trio:やはり低域に力。シンバルやピアノの輝きも増している。
 TOTO:foobar2000とあまり差が出ず。強いていえばドラムの輪郭に明瞭さを感じる。
 作為的な雰囲気を感じないでもないが、総じてリスナーを楽しませる路線の音。


 JPLAY & JPLAYStreamer。画面はKinsky。
 今となってはBubbleUPnPを使ったほうがいいかもしれない。
20150616jplay04
 Corrinne May:声から強調感がスッと消える。上品。
 Tingvall Trio:冒頭のベースの存在感が頭一つ抜けている。シンバル・ピアノの輝きもJRiverに並ぶか、それよりも良い。
 TOTO:中低域が充実する。コーラスのほぐれや音の広がりも良好。
 音に一定の傾向があるわけではなく、あくまで音源の美味しいところを上手に引き出している印象だ。


 私の環境では、JPLAY≧JRiver>foobar2000という結果になった。JPLAYはデュアルPCモードの効果もいくらかあったのだろうか。
 foobar2000はともかく、定評あるJRiverと同等以上の音を出してくれるとすれば、使う側としては万々歳である。それでいてコントロールはユーザーの好きなようにできるのだから。

 「再生ソフトでASIOドライバーとして機能する」というJPLAY本来の使い方を試せば、さらにJRiver + JPLAY、foobar2000 + JPLAYが比較対象として加わるが、そこまではやらない。念のため言っておくと、JPLAYと併用したところでJRemoteとMonkeyMote 4 foobar2000はそのまんま使用可能である。イメージとしては「iTunes + Audirvana plus + Remote」の組み合わせと同じ。音を気に入った組み合わせが何であろうと、ネットワークオーディオを実践可能なことに変わりはない。
 選択肢が増えることは良いことだ。
 JPLAYStreamerの機能的に未完成と思しき部分も、随時改善されていくだろう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

IFA2014雑感・テクニクスとパイオニアのネットワークオーディオプレーヤー

<IFA>パナソニック、Technicsブランド復活 - “R1シリーズ”と“C700シリーズ”の2

記事を読む

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。  DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第160回『アバター』

画質:15☆ Magnificent 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第200回『善き人のためのソナタ』

足かけ約5年、記念すべき200回目は、 「爆発とかしない映画で一本だけ選べ」と言われたら選ぶ作品

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

画質:13 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

→もっと見る

PAGE TOP ↑