*

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編


 前回の記事で、JPLAYを用いてノートPCを押しも押されぬネットワークオーディオプレーヤーに仕立て上げ、システムを構築した。
 今回はノートPCとifI nano iDSDをウェルフロートボードに置いてみた。ファンを搭載するノートPCは自ら振動源を抱えるため、足元の改善は特に重要である。
 PCオーディオだろうと何だろうと、あくまでオーディオの基礎基本は大切にしたい。

20150616jplay09

 それでは、実質的なiFI nano iDSDのレビューも兼ねて、音を聴こう。

 まずはJPLAYを使いつつもJPLAYのことは忘れて、iFI nano iDSDの音を色々な音源で聴く。必然的にLUMIN A1との比較になる。
 ちなみに、JPLAY(JPLAYStreamer)で聴く際はControl PC(デスクトップ)で動いているMinimServerから音源を配信している。


iFI nano iDSD 導入


 やはり線の細い音だ。この印象はSapphireを通しても変わらない。
 解像度は十分に高く、細かい音までよく拾ってくれる。
 音色に対する主義主張は感じられず、淡々としている。
 こんなことを言うと「面白味のない機械」のように思われるかもしれないが、むしろ25000円そこそこの機器で「こんなに細かい音まで聴こえるなんて!」という体験ができるとすれば素晴らしいことだ。感動なくしてオーディオなし。


 次。


 「JPLAYの音」を聴く。

 今回使ったのはCorrinne May「Leaving」とTingvall Trio「Pa Andra Sidan」とTOTO「Africa」。

 今までもJPLAYの音を聴いていたわけだが、それはiFI nano iDSDの音であり、Nmode X-PM7の音であり、Dynaudio Sapphireの音でもある。
 ここで、お待ちかね? の「再生ソフトの比較」が必要になる。相互に比較することでJPLAYの音がわかる。
 比較対象はfoobar2000とJRiver Media Center。
 それぞれMonkeyMote 4 foobar2000・JRemoteと組み合わせて使い、実質的に「同時に3台のネットワークオーディオプレーヤーを聴き比べる」という状況を作り出す。これはPCに負荷をかけることなので、音質的にはあまり褒められたことではないだろうが、あくまで比較のためだ。
 なお、foobar2000とJRiverはそれぞれノート内に保存した同一音源を使用している。


 foobar2000。画面はMonkeyMote 4 foobar2000。
20150616jplay07
 淡々としている。
 Corrinne MayもTingvall TrioもTOTOも、物凄く淡々としている。正直なところこれ以上の印象がない。
 ifI nano iDSDの特徴を悪い意味で増幅してしまったようだ。
 決して悪い音ではないが、魅力的な音かといえば……


 JRiver Media Center。画面はJRemote。
20150616jplay06
 Corrinne May:一聴して低域に力がある。音と音の間の空気感が濃く、押しが強い。
 Tingvall Trio:やはり低域に力。シンバルやピアノの輝きも増している。
 TOTO:foobar2000とあまり差が出ず。強いていえばドラムの輪郭に明瞭さを感じる。
 作為的な雰囲気を感じないでもないが、総じてリスナーを楽しませる路線の音。


 JPLAY & JPLAYStreamer。画面はKinsky。
 今となってはBubbleUPnPを使ったほうがいいかもしれない。
20150616jplay04
 Corrinne May:声から強調感がスッと消える。上品。
 Tingvall Trio:冒頭のベースの存在感が頭一つ抜けている。シンバル・ピアノの輝きもJRiverに並ぶか、それよりも良い。
 TOTO:中低域が充実する。コーラスのほぐれや音の広がりも良好。
 音に一定の傾向があるわけではなく、あくまで音源の美味しいところを上手に引き出している印象だ。


 私の環境では、JPLAY≧JRiver>foobar2000という結果になった。JPLAYはデュアルPCモードの効果もいくらかあったのだろうか。
 foobar2000はともかく、定評あるJRiverと同等以上の音を出してくれるとすれば、使う側としては万々歳である。それでいてコントロールはユーザーの好きなようにできるのだから。

 「再生ソフトでASIOドライバーとして機能する」というJPLAY本来の使い方を試せば、さらにJRiver + JPLAY、foobar2000 + JPLAYが比較対象として加わるが、そこまではやらない。念のため言っておくと、JPLAYと併用したところでJRemoteとMonkeyMote 4 foobar2000はそのまんま使用可能である。イメージとしては「iTunes + Audirvana plus + Remote」の組み合わせと同じ。音を気に入った組み合わせが何であろうと、ネットワークオーディオを実践可能なことに変わりはない。
 選択肢が増えることは良いことだ。
 JPLAYStreamerの機能的に未完成と思しき部分も、随時改善されていくだろう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト

 Roonのコミュニティ的な話題なのでちょっとアレかなと思い、RoonのEnno Vandermee

記事を読む

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi 4K Blu-ray

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://www.youtube.com

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

【CES2016】続・ネットワークオーディオ色々

 やっぱり終わってから色々と記事が上がってきた。 Cary Audio AiOS Netw

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Fragile

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Fragile ・購入元 HDtrack

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑