*

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編


 前回の記事で、JPLAYを用いてノートPCを押しも押されぬネットワークオーディオプレーヤーに仕立て上げ、システムを構築した。
 今回はノートPCとifI nano iDSDをウェルフロートボードに置いてみた。ファンを搭載するノートPCは自ら振動源を抱えるため、足元の改善は特に重要である。
 PCオーディオだろうと何だろうと、あくまでオーディオの基礎基本は大切にしたい。

20150616jplay09

 それでは、実質的なiFI nano iDSDのレビューも兼ねて、音を聴こう。

 まずはJPLAYを使いつつもJPLAYのことは忘れて、iFI nano iDSDの音を色々な音源で聴く。必然的にLUMIN A1との比較になる。
 ちなみに、JPLAY(JPLAYStreamer)で聴く際はControl PC(デスクトップ)で動いているMinimServerから音源を配信している。


iFI nano iDSD 導入


 やはり線の細い音だ。この印象はSapphireを通しても変わらない。
 解像度は十分に高く、細かい音までよく拾ってくれる。
 音色に対する主義主張は感じられず、淡々としている。
 こんなことを言うと「面白味のない機械」のように思われるかもしれないが、むしろ25000円そこそこの機器で「こんなに細かい音まで聴こえるなんて!」という体験ができるとすれば素晴らしいことだ。感動なくしてオーディオなし。


 次。


 「JPLAYの音」を聴く。

 今回使ったのはCorrinne May「Leaving」とTingvall Trio「Pa Andra Sidan」とTOTO「Africa」。

 今までもJPLAYの音を聴いていたわけだが、それはiFI nano iDSDの音であり、Nmode X-PM7の音であり、Dynaudio Sapphireの音でもある。
 ここで、お待ちかね? の「再生ソフトの比較」が必要になる。相互に比較することでJPLAYの音がわかる。
 比較対象はfoobar2000とJRiver Media Center。
 それぞれMonkeyMote 4 foobar2000・JRemoteと組み合わせて使い、実質的に「同時に3台のネットワークオーディオプレーヤーを聴き比べる」という状況を作り出す。これはPCに負荷をかけることなので、音質的にはあまり褒められたことではないだろうが、あくまで比較のためだ。
 なお、foobar2000とJRiverはそれぞれノート内に保存した同一音源を使用している。


 foobar2000。画面はMonkeyMote 4 foobar2000。
20150616jplay07
 淡々としている。
 Corrinne MayもTingvall TrioもTOTOも、物凄く淡々としている。正直なところこれ以上の印象がない。
 ifI nano iDSDの特徴を悪い意味で増幅してしまったようだ。
 決して悪い音ではないが、魅力的な音かといえば……


 JRiver Media Center。画面はJRemote。
20150616jplay06
 Corrinne May:一聴して低域に力がある。音と音の間の空気感が濃く、押しが強い。
 Tingvall Trio:やはり低域に力。シンバルやピアノの輝きも増している。
 TOTO:foobar2000とあまり差が出ず。強いていえばドラムの輪郭に明瞭さを感じる。
 作為的な雰囲気を感じないでもないが、総じてリスナーを楽しませる路線の音。


 JPLAY & JPLAYStreamer。画面はKinsky。
 今となってはBubbleUPnPを使ったほうがいいかもしれない。
20150616jplay04
 Corrinne May:声から強調感がスッと消える。上品。
 Tingvall Trio:冒頭のベースの存在感が頭一つ抜けている。シンバル・ピアノの輝きもJRiverに並ぶか、それよりも良い。
 TOTO:中低域が充実する。コーラスのほぐれや音の広がりも良好。
 音に一定の傾向があるわけではなく、あくまで音源の美味しいところを上手に引き出している印象だ。


 私の環境では、JPLAY≧JRiver>foobar2000という結果になった。JPLAYはデュアルPCモードの効果もいくらかあったのだろうか。
 foobar2000はともかく、定評あるJRiverと同等以上の音を出してくれるとすれば、使う側としては万々歳である。それでいてコントロールはユーザーの好きなようにできるのだから。

 「再生ソフトでASIOドライバーとして機能する」というJPLAY本来の使い方を試せば、さらにJRiver + JPLAY、foobar2000 + JPLAYが比較対象として加わるが、そこまではやらない。念のため言っておくと、JPLAYと併用したところでJRemoteとMonkeyMote 4 foobar2000はそのまんま使用可能である。イメージとしては「iTunes + Audirvana plus + Remote」の組み合わせと同じ。音を気に入った組み合わせが何であろうと、ネットワークオーディオを実践可能なことに変わりはない。
 選択肢が増えることは良いことだ。
 JPLAYStreamerの機能的に未完成と思しき部分も、随時改善されていくだろう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【音展2014】LUMINブースへの御来場ありがとうございました

 10/18と10/19のLUMINのデモにお越しいただきましてありがとうございました。  急に舞

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。  これらオブジェクトベースの新

記事を読む

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Michael Jackson / Thriller

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Thriller

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第75回『ブラッド・ダイアモンド』

画質:7 音質:10 映像はVC-1で伸びないワーナー仕様。 音声はリニアPCMの16b

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑