*

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

公開日: : 最終更新日:2015/08/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。
 マウスをカチカチもしたくない。
 要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、もうPCの存在を意識したくないのだ。
 CDプレーヤーはリモコンが使えたんだぞ。
 PCオーディオだかネットワークオーディオだか知らないが、なんとかならないものか。

 なんとでもなる。


 PCオーディオはもっと自由になれる。


 コントロールこそがネットワークオーディオの本質である。
 再生機器としてPCとUSB DACを使うかネットワークオーディオプレーヤーを使うかは問題ではない。


 というわけで、『MonkeyMote 4 foobar2000』を紹介する。
 ちなみに「HD」と付くのがiPad版。

 MonkeyMote 4 foobar2000はfoobar2000をリモートコントロールするアプリである。そのまんま。
 実質的にMediaMonkey用のMonkeyMoteのバリエーションだと言える。
 iPad版は300円。買おう。
 申し訳ないがiPhone版はパス。


 MonkeyMote 4 foobar2000を使うためには、それ用のコンポーネントが必要になる。
 まずMonkeyMoteのHPからfoobar2000用のコンポーネントをダウンロードしてインストールしよう。
 ついでにMediaMonkey用のプラグインも一緒に。
MonkeyMote(MediaMonkey)01

 foobar2000の「Preference」からコンポーネントと設定を確認する。
MonkeyMote 4 foobar2000(foobar2000)01

 プラグインの設定画面。
 「Server enabled」にチェックが入っているか確認。
 ついでに「Cover quality」もUltraにしてしまおう。
 あとの細かい部分は気にしない方向で。
MonkeyMote 4 foobar2000(foobar2000)02

 これでfoobar2000側の設定は終了。
 MonkeyMote 4 foobar2000を起動する。
 そっけない画面だが、この場合「4th」というのがPCのこと。
 ここをぽちっとやってfoobar2000に接続する。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)01

 これが基本画面。
 音楽再生にとって必要な機能はそつなくまとめられている。
 MonkeyMoteの亜種のくせして微妙に表示が違う。タイル表示されるアルバムが増え、アルバムアートの縦横比が崩れなくなったかわりに、画像の左上を頂点としてスクエアにぶった切られるようになった。クロノが窮屈そうである。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)02

 左下のアルバムアートをタップするとそれなりに大きく表示される。
 が、ぶった切られたまま。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)03

 一方で、こちらはろくにカスタマイズしていないfoobar2000の画面。
 MonkeyMoteでの操作に応じてプレイリストはきちんと同期する。
 ちなみにこちらは当然ながらアルバムアートの縦横比は保たれている。
MonkeyMote 4 foobar2000(foobar2000)03

 アルバム内の曲一覧。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)05

 プレイリスト。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)04

 アルバム単位・曲単位ともに、プレイリストへの追加方法は充実している。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)08
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)09

 プレイリストに登録されている曲の右側の「Details」をタップすると、諸々の情報が表示される。この辺はMonkeyMoteと同じ。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)06

 そこで例えばアーティストをタップすれば、該当するアーティストのアルバム一覧が表示される。
 良く出来ている。ただし相変わらずぶった切られている。
MonkeyMote 4 foobar2000(iPad)07


 MonkeyMote 4 foobar2000はそこまで完成度が高いというわけではない。色々と試してみたが、かなり良く出来ている。音楽再生に必要な機能を過不足なく備え、 プレイリストへの曲追加に関する挙動も充実し、操作性もよく練られている。
 さすがにLUMIN AppやJRemoteと比べると分が悪く、見た目の派手さもないが、MonkeyMote 4 foobar2000があれば、十分すぎるほど快適な音楽再生を手に入れることができるだろう。
 foobar2000は無料でありながら多機能と柔軟なカスタマイズ性を兼ね備えており、広いユーザーの熱意に応えてくれる素敵な再生ソフトである。そんなfoobar2000に対し、MonkeyMote 4 foobar2000は快適な音楽再生というさらに素敵な要素を付け加えてくれる。コンポーネントによって無限に進化するfoobar2000の面目躍如といったところか。
 コンテンツツリーのカスタマイズなど、foobar2000それ自体のカスタマイズがどのようにアプリ側の表示と挙動に影響を与えるかまでは検証していないが、初期状態でもじゅうぶん使える。

 foobar2000とMonkeyMote 4 foobar2000の組み合わせ。
 これこそ『ネットワークオーディオ』である。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

【BDレビュー】第285回『ベイマックス』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』

画質:15 音質:15 映像:AVC MGVC(Master Grade V

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino Fils + JRiver

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

画質:8 音質:14 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JRiver Media Centerのコントロールアプリ 『JRemote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第3回『007 カジノ・ロワイアル』

怒涛の勢いで第三回。休日の有効利用ってやつです。 さて今回は、皆さんご存知新たなスタートを切っ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑