*

【音源管理の精髄】 foobar2000でネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/01/26 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 PCオーディオの文脈で、foobar2000を取扱う記事は枚挙に暇がない。
 foobar2000のUPnP機能を紹介する記事も多く存在するが、純然たるネットワークオーディオの文脈での活用について書かれたものはそう多くない。

 というわけで、実際にネットワークオーディオの文脈で使うとどうなるのか、順を追って見ていこう。



◎下準備
・PCに完璧なライブラリを作る
・foobar2000をインストールする
・foobar2000にUPnPコンポーネントをインストールする


 インストール・導入云々については【ネットワークオーディオTips・実践編】の記事で詳しく書いた。


 UPnPサーバーの設定については基本的にいじる必要はないが、必要に応じて以下のようにしたほうがいい。
 色々と変換して配信する設定も選べる。
20131215foobar2000設定画面

 これでfoobar2000をサーバーとして使用可能になる。


 foobar2000 UPnP Serverの機能は以下のとおり。

・対応フォーマット
おおよそ必要とされるものにはすべて対応している。
一応DSDにも対応。

・画像配信能力
この記事を参照。

・「同一アルバム・複数ディスク」音源への対応
問題なし。


 foobar2000 UPnP Serverのナビゲーションツリー(初期状態)は以下のとおり。


 foobar2000 UPnP Server

  →Playlists(省略)
  →Playback Stream Capture(省略、素敵かつ謎の機能)

  →Media Library

    →Albums
      →すべての「アルバム」
        →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

    →Artists
      →すべての「アーティスト」
        →[All Tracks]
          →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」
        →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
          →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」


    →Album Artists
      →「アルバムアーティスト」のすべての「タイトル」(アルファベット順&50音順)

    →Genre
      →すべての「ジャンル」
        →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アルバム」
          →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

    →Years
      →すべての「録音日」(年数のみ)
        →選択した「録音日」に該当するすべての「アルバム」
          →選択した「アルバム」内の、該当する「録音日」の「アルバム」

    →Compilation
     ※複数のアーティストが参加しているアルバムを表示するようだが詳細不明

    →Codecs
      →「FLAC」
        →「FLAC」の全音源
      →「MP3」
        →「MP3」の全音源
      →「 ※ 」
        →「 ※ 」の全音源
       ※要はサーバー内の音源のコーデックによる分類

    →Folders
      →監視している音源フォルダの構造の通り
       (いわゆるフォルダで見ていくという方法)



 ここからはおまけ、foobar2000でPCをサーバー化するついでにネットワークオーディオプレーヤーとしても使う。

 あとはネットワークオーディオのコントロールアプリで操作すればいい。
 前の記事でKinskyと言った手前、Kinskyを使おう。

 foobar2000以外のサーバーはとりあえず無視。
1

 サーバー、そして再生機器(アプリによって呼び名は様々)にfoobar2000を選んだら、あとは何も気にせずナビゲーションツリーを降りていって選曲すればいい。
2

 で、再生するとご覧の通り。(拡大推奨)
3

 Kinskyの画面と、実際にfoobar2000で再生している曲の情報が一致している。
 まさにこの瞬間、再生機器(この場合はPC)からコントロールをネットワーク越しに独立させている。

 Kinskyで曲送りをすれば、もちろんfoobar2000も追従する。
4


 以上。

 基本的にUPnPコンポーネントをインストールするだけで、ネットワークオーディオ環境が出来上がる。
 NASは要らない。単体プレーヤーだって要らない。

 ネットワークオーディオの本懐を体験するには、PCとスマホさえあれば十分なのである。



※2014/06/15追記 2015/08/22さらに追記 2016/01/26また追記※

 Kinskyを使用すると、プレイリストの曲が連続再生されないことを確認した。記事の初出時にはそこまで検証できていなかった。
 また、DiXiM DMCを使用すれば、問題なくシークもスキップもでき、プレイリストの曲も連続再生されることを確認した。
 使うアプリによって色々な挙動がある模様。
 というわけで、“foobar2000をDMCでコントロールする”するのは、あくまで“ネットワークオーディオの操作感を体験する”だけに留めておいたほうがいい。

 真にfoobar2000を使ってネットワークオーディオを実践するには、『MonkeyMote 4 foobar2000』『foobarCon』と組み合わせることをすすめる。

 あるいは、BubbleUPnP Serverと組み合わせて使うという手もある。
 これならば、純粋なネットワークオーディオプレーヤーとしても不満はない。

※追記ここまで※




 今すぐやってみよう。

 ネットワークオーディオの門戸はいつでも開いている。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Fragile

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Fragile ・購入元 HDtrack

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Technics Music App ブラウズとプレイリストについて

 以前に検証した際、Technics Music Appはブラウズ領域にもプレイリストにも音源のアル

記事を読む

fidata HFAS1

fidata アイ・オー、オーディオNAS新ブランド“fidata”設立。ハイエンド機「HFA

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】dBpoweramp CD Ripperでリッピング

 38ドルくらい投資しよう。  買いましたね?  インストールしましたね?  

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流れとは一線を画したストイックな

記事を読む

Nmode X-DP10が「Bulk Pet」に対応したようだ

X-DP10新ドライバについて - Nmodeの部屋  SOULNOTE D-1に続いて二

記事を読む

【BDレビュー】第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤

第101回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤 画質:7 音

記事を読む

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

LANケーブルで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ネットワーク

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 野山の太陽 より:

    kinskyを使っていますが、この解説画面にあるように、音量調節が0表示になっていて、調整ができません。バクではないのでしょうか。何か対処方法がありましたら、教えてください。

  2. sakakihajime より:

    野山の太陽さん

    バグと言えばバグなのかもしれませんが、Kinskyがfoobar2000との組み合わせで使われるなんて想定していないでしょうし、そもそも想定する義務も必要もありませんし、LINNには何の責任もありません。
    ユーザーが単に「動くから」という理由で組み合わせて使っているだけです。

    というわけで、何が何でもコントロールアプリ側からfoobar2000の音量調整をしたいのなら、Kinsky以外のアプリを使いましょう。
    PlugPlayerでもmconnectでもSongBook HDでも音量調整は利きます。
    選択肢は色々とあります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑