*

【音源管理の精髄】 foobar2000でネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/01/26 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 PCオーディオの文脈で、foobar2000を取扱う記事は枚挙に暇がない。
 foobar2000のUPnP機能を紹介する記事も多く存在するが、純然たるネットワークオーディオの文脈での活用について書かれたものはそう多くない。

 というわけで、実際にネットワークオーディオの文脈で使うとどうなるのか、順を追って見ていこう。



◎下準備
・PCに完璧なライブラリを作る
・foobar2000をインストールする
・foobar2000にUPnPコンポーネントをインストールする


 インストール・導入云々については【ネットワークオーディオTips・実践編】の記事で詳しく書いた。


 UPnPサーバーの設定については基本的にいじる必要はないが、必要に応じて以下のようにしたほうがいい。
 色々と変換して配信する設定も選べる。
20131215foobar2000設定画面

 これでfoobar2000をサーバーとして使用可能になる。


 foobar2000 UPnP Serverの機能は以下のとおり。

・対応フォーマット
おおよそ必要とされるものにはすべて対応している。
一応DSDにも対応。

・画像配信能力
この記事を参照。

・「同一アルバム・複数ディスク」音源への対応
問題なし。


 foobar2000 UPnP Serverのナビゲーションツリー(初期状態)は以下のとおり。


 foobar2000 UPnP Server

  →Playlists(省略)
  →Playback Stream Capture(省略、素敵かつ謎の機能)

  →Media Library

    →Albums
      →すべての「アルバム」
        →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

    →Artists
      →すべての「アーティスト」
        →[All Tracks]
          →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」
        →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
          →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」


    →Album Artists
      →「アルバムアーティスト」のすべての「タイトル」(アルファベット順&50音順)

    →Genre
      →すべての「ジャンル」
        →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アルバム」
          →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

    →Years
      →すべての「録音日」(年数のみ)
        →選択した「録音日」に該当するすべての「アルバム」
          →選択した「アルバム」内の、該当する「録音日」の「アルバム」

    →Compilation
     ※複数のアーティストが参加しているアルバムを表示するようだが詳細不明

    →Codecs
      →「FLAC」
        →「FLAC」の全音源
      →「MP3」
        →「MP3」の全音源
      →「 ※ 」
        →「 ※ 」の全音源
       ※要はサーバー内の音源のコーデックによる分類

    →Folders
      →監視している音源フォルダの構造の通り
       (いわゆるフォルダで見ていくという方法)



 ここからはおまけ、foobar2000でPCをサーバー化するついでにネットワークオーディオプレーヤーとしても使う。

 あとはネットワークオーディオのコントロールアプリで操作すればいい。
 前の記事でKinskyと言った手前、Kinskyを使おう。

 foobar2000以外のサーバーはとりあえず無視。
1

 サーバー、そして再生機器(アプリによって呼び名は様々)にfoobar2000を選んだら、あとは何も気にせずナビゲーションツリーを降りていって選曲すればいい。
2

 で、再生するとご覧の通り。(拡大推奨)
3

 Kinskyの画面と、実際にfoobar2000で再生している曲の情報が一致している。
 まさにこの瞬間、再生機器(この場合はPC)からコントロールをネットワーク越しに独立させている。

 Kinskyで曲送りをすれば、もちろんfoobar2000も追従する。
4


 以上。

 基本的にUPnPコンポーネントをインストールするだけで、ネットワークオーディオ環境が出来上がる。
 NASは要らない。単体プレーヤーだって要らない。

 ネットワークオーディオの本懐を体験するには、PCとスマホさえあれば十分なのである。



※2014/06/15追記 2015/08/22さらに追記 2016/01/26また追記※

 Kinskyを使用すると、プレイリストの曲が連続再生されないことを確認した。記事の初出時にはそこまで検証できていなかった。
 また、DiXiM DMCを使用すれば、問題なくシークもスキップもでき、プレイリストの曲も連続再生されることを確認した。
 使うアプリによって色々な挙動がある模様。
 というわけで、“foobar2000をDMCでコントロールする”するのは、あくまで“ネットワークオーディオの操作感を体験する”だけに留めておいたほうがいい。

 真にfoobar2000を使ってネットワークオーディオを実践するには、『MonkeyMote 4 foobar2000』『foobarCon』と組み合わせることをすすめる。

 あるいは、BubbleUPnP Serverと組み合わせて使うという手もある。
 これならば、純粋なネットワークオーディオプレーヤーとしても不満はない。

※追記ここまで※




 今すぐやってみよう。

 ネットワークオーディオの門戸はいつでも開いている。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第155回『サマーウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMA&ドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価を

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第91回『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』

画質:10 音質:10+α(7.1ch収録のため) 映像はAVCでビットレートは基本30台

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々 LUMIN S1、T1、D1、さらにL1 C

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第201回『借りぐらしのアリエッティ』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 野山の太陽 より:

    kinskyを使っていますが、この解説画面にあるように、音量調節が0表示になっていて、調整ができません。バクではないのでしょうか。何か対処方法がありましたら、教えてください。

  2. sakakihajime より:

    野山の太陽さん

    バグと言えばバグなのかもしれませんが、Kinskyがfoobar2000との組み合わせで使われるなんて想定していないでしょうし、そもそも想定する義務も必要もありませんし、LINNには何の責任もありません。
    ユーザーが単に「動くから」という理由で組み合わせて使っているだけです。

    というわけで、何が何でもコントロールアプリ側からfoobar2000の音量調整をしたいのなら、Kinsky以外のアプリを使いましょう。
    PlugPlayerでもmconnectでもSongBook HDでも音量調整は利きます。
    選択肢は色々とあります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑