*

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。


Dynaudio Special Forty

AURALiC G Series 【Roon Ready】

MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

Mark Levinson No519 【Roon Ready】

DELAの進化は続く

Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

constellation audio LEO 【Roon Ready】

Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

SFORZATO / fidata in Munich


 昨年同様、Dynaudioの喜ばしいニュースで幕を開けたMunich HIGH END2017。

 とにかくRoon Readyが増えた感。
 これは各メーカー単位で対応したというよりも、各メーカーが採用しているネットワーク基盤のレベルで対応が進んだということなのかもしれない。
 いずれにせよ、いちはやくRoonを紹介した身として、その不完全性もじゅうぶんに承知のうえで、Roonがもたらす体験が広まることは実に喜ばしい。

 そして今回の最大の目玉は、やっぱりRoon Labs自身によるNucleus Roon Serverではなかろうか。

 ファイル再生が本格化した時点から、あるいは「本格化するために」、常に「PC不要かつ設定不要で繋げばすぐ使える」的なミュージックサーバーが求められてきた。私としては賛成も推奨もできないが、これには「機器の側で本来ユーザーがすべき音源管理も全部面倒を見てくれる」という機能も含まれいる。
 今までも多くのメーカーが「うちが作ったぞ!」と名乗りを上げてきたが、ずっと私はそれに同意できないでいた。特に、納得し得るレベルでの音源管理の自動化というハードルは凄まじく高かった。
 しかし、Roon OSを積んで真にRoonだけに専念したNucleus Roon Serverならば、もしかしたら、今度こそ、夢が叶うかもしれない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第43回『バイオハザード3』

タイラント「アァリィスゥゥゥゥウウウウッ!!」 アリス「さんを付けろよこのタコ野郎ォ!!」(触

記事を読む

【BDレビュー】 第244回『KICK-ASS 2』 北米盤

 日本じゃまだ公開もしてないのか…… 画質:9 音質:9 映像:AVC 音声

記事を読む

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化され

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの  上の記事で、

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑