*

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。


<HIGH END>DELA、オーディオ用のCDドライブとSSDドライブを参考出展 – Phile-web


 CDドライブとSSDドライブ、横幅の収まりがいいのはいいけれど、なんかデザインの方向性が違わない……?


 DELAもいよいよTIDALとQobuzにも対応。
 出発点である「善きサーバー」としての立ち位置は堅持しつつ、OpenHome対応による「プレーヤー」としての盤石仕様、さらにTIDAL/Qobuz対応でストリーミングまでカバーする。もはや「ただのNAS」として買う人がいるのか定かではないほどの進化である。
 これで2TB仕様の価格が20万を切るのだから、私が言うのもなんだが、よっぽどの覚悟とやる気でもない限り、わざわざオーディオ用PCなんぞに手を出さなくても……と冷静になって考えもする。

 DELAの登場当初は「サーバーにディスプレイなんて要らん」と思ったし、原理主義者の立場からすればその思いに変わりはないが、ここまでディスプレイの存在に価値を持たせてくれたのなら天晴れだ。よくぞここまで、という称賛しか出てこない。

 いわゆるDSDのマーカーレス再生に対応したことも、一部の人にとって福音となろう。
 特に、USB DACの側でなんぼ「DSD256対応!」と自慢したところで、DACがPCM 768kHzにまで対応する場合を除き、DoPではDSD128までしか再生できなかったのだから、これは快挙である。
 DSD256再生の果実を享受できるのは事実上Windowsユーザーだけ、なんて状況も今後は減っていくのだろう。もっとも、最近ではUSB DACの側で768kHz/32bit対応が広がりつつあり、DoPでも力技でDSD256が再生できるようになりつつあるのだが……


 数多くの製品が登場することは、そのジャンルが活気づくために重要なことだ。特にファイル再生という新たな領域であればなおさらだ。
 とはいえ、DELAにせよ、fidataにせよ、「コレを買っておけば間違いない」という製品が厳然と存在する、存在してくれているということもまた、ジャンルの活況のために欠かせないと思うのである。


【追記】

<HIGH END>MERGING、NADAC専用強化電源「POWER」を展示。FPGAボードなどRavenna対応もアピール – Phile-web

 DELAもRavennaに対応……だと……?
 いやまぁ、対応するのはいいんだけど、これはさすがに対応してどうなるんだと思わざるを得ない。
 それとも、ヨーロッパでRavennaはもはや対応して当たり前レベルの広がりを持っていたりするのだろうか?



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売と同時に購入して二年半以上、そ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。  こ

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第225回『ヒトラー ~最期の12日間~』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.25の記事中にこんなことを書い

記事を読む

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

 CES2016における最大のニュースはRoonReady。  私個人が選ぶハイライトはAudio

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑