*

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。


<HIGH END>DELA、オーディオ用のCDドライブとSSDドライブを参考出展 – Phile-web


 CDドライブとSSDドライブ、横幅の収まりがいいのはいいけれど、なんかデザインの方向性が違わない……?


 DELAもいよいよTIDALとQobuzにも対応。
 出発点である「善きサーバー」としての立ち位置は堅持しつつ、OpenHome対応による「プレーヤー」としての盤石仕様、さらにTIDAL/Qobuz対応でストリーミングまでカバーする。もはや「ただのNAS」として買う人がいるのか定かではないほどの進化である。
 これで2TB仕様の価格が20万を切るのだから、私が言うのもなんだが、よっぽどの覚悟とやる気でもない限り、わざわざオーディオ用PCなんぞに手を出さなくても……と冷静になって考えもする。

 DELAの登場当初は「サーバーにディスプレイなんて要らん」と思ったし、原理主義者の立場からすればその思いに変わりはないが、ここまでディスプレイの存在に価値を持たせてくれたのなら天晴れだ。よくぞここまで、という称賛しか出てこない。

 いわゆるDSDのマーカーレス再生に対応したことも、一部の人にとって福音となろう。
 特に、USB DACの側でなんぼ「DSD256対応!」と自慢したところで、DACがPCM 768kHzにまで対応する場合を除き、DoPではDSD128までしか再生できなかったのだから、これは快挙である。
 DSD256再生の果実を享受できるのは事実上Windowsユーザーだけ、なんて状況も今後は減っていくのだろう。もっとも、最近ではUSB DACの側で768kHz/32bit対応が広がりつつあり、DoPでも力技でDSD256が再生できるようになりつつあるのだが……


 数多くの製品が登場することは、そのジャンルが活気づくために重要なことだ。特にファイル再生という新たな領域であればなおさらだ。
 とはいえ、DELAにせよ、fidataにせよ、「コレを買っておけば間違いない」という製品が厳然と存在する、存在してくれているということもまた、ジャンルの活況のために欠かせないと思うのである。


【追記】

<HIGH END>MERGING、NADAC専用強化電源「POWER」を展示。FPGAボードなどRavenna対応もアピール – Phile-web

 DELAもRavennaに対応……だと……?
 いやまぁ、対応するのはいいんだけど、これはさすがに対応してどうなるんだと思わざるを得ない。
 それとも、ヨーロッパでRavennaはもはや対応して当たり前レベルの広がりを持っていたりするのだろうか?



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

 この記事で言う「単体プレーヤー」とは、「オーディオ機器として売られているネットワークオーディオプレ

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UPnP 導入・設定・運用編

記事を読む

BUFFALOの超高級NAS(価格的な意味で)

バッファロー、70万円超のオーディオ用NAS「N1Z」などハイレゾ新ブランド「DELA」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第87回『ゴッドファーザー PART2』

画質:4、条件付7 音質:7 映像はAVC、クソ長いためビットレートは25Mbps付近で頭

記事を読む

no image

【BDレビュー】第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMと

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

Cocktail Audio CA-X50

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

Xbox One SはUHD BD普及の起爆剤となるか?

Xbox Oneの小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定! - Game Spark

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑