*

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編

音質・サーバー編

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

OPPO Sonica DAC 音質編


 ここでいう「ミュージックサーバー」とは、ネットワークオーディオの三要素における「プレーヤー」と「サーバー」の機能を両方備える機器を指す。要は製品ジャンルの呼称。
 で、この記事はfidata HFAS1-XS20を純粋なサーバーとしてではなく、「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」として使った際の評価となる。

 まさにこういう場面で使うためにこそ導入したOPPO Sonica DACも本領発揮。



・再生環境詳細

fidata HFAS1-XS20

OPPO Sonica DAC(ボリュームバイパス)

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire

比較対象として:
canarino Fils + JRiver Media Center 22(ASIO) → OPPO Sonica DAC
canarino Fils(サーバー) → LUMIN A1
fidata HFAS1-XS20(サーバー) → LUMIN A1



・音質所感

 まず、canarino Fils × OPPO Sonica DACで聴く。
 購入から一カ月近く通電して鳴らし続けてきたことで色々と馴染んだのか、「あれ、こんなに良かったっけ?」と思うくらいにいい音で鳴った。もとより卓越していた基本性能の高さはそのままに、透明感が増し、音場の見通しも良くなった。
 コレだけ聴けば、音質的に満足できないなんてことはまずあるまい。それほどに満足度は高い。

 続いて、fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DACで聴く。
 間違いなくcanarino Filsとの組み合わせよりも音は良くなっている。が、その差はLUMIN A1を用いた純粋なサーバー勝負に比べるとだいぶ縮まっている。「プレーヤー」、すなわち再生機能は多種多様な再生ソフトを使用可能なオーディオ用PCの強みが最も発揮される部分であり、ここはcanarino Fils……というよりJRiver Media Centerが健闘した結果と言えるだろう。また、マザーボード直のLANとは違い、USBはJCAT USBカードFEMTOを使っており、その寄与も想像に難くない。
 当然「他の再生ソフトではどうなんだ!」という声もあろうが、その辺はちょいと思うところがあるのでいずれ記事にしようと思う。

 実際の音は、静寂感に優れ、音像が滲まず引き締まるという、HFAS1-XS20のサーバーの音の印象を継承する。音と音の間の彫りが深く、立体感が際立って聴こえる。左右への空間の広がりもcanarino Filsに比べて一枚上手。解像感はもちろんのこと音場の見通しが非常に良く、低音域、ベースラインやバスドラムの輪郭はcanarino FilsとLUMIN A1の組み合わせよりも明瞭で把握しやすい。

 総じて、HFAS1-XS20とSonica DACの組み合わせは非常に相性が良いと感じた。
 互いの長所があまり重複しないおかげで、巧い具合にそれぞれの美点が活きている。
 優れた解像感と中低域のインパクトが合わさったSonica DACの旨い音はそのままに、相対的にそれなりだった音場の見通しの良さ/広がり、空間表現、静寂感といった要素も見事に改善/向上している。強調感が意識されることもほとんどなくなり、純粋に「音楽が生きている!」という喜ばしい印象になる。

 HFAS1-XS20とSonica DACの組み合わせで合わせて80万ほど。
 さすがにここまでくると、未だに差こそあれ、canarino FilsとLUMIN A1の組み合わせに対しても大きく劣る部分は見当たらなくなってくる。

 サーバーとしても、ミュージックサーバーとしても、HFAS1-XS20の威力は相当だ。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

Bubble DS/UPnP アルバムアート表示について

※この記事は2012年9月11日に書かれたものです ふと思い立ってBubble DSを

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-C

記事を読む

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ⑤

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Home Entertainmen

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

 CES2016における最大のニュースはRoonReady。  私個人が選ぶハイライトはAudio

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑