*

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編

音質・サーバー編

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

OPPO Sonica DAC 音質編


 ここでいう「ミュージックサーバー」とは、ネットワークオーディオの三要素における「プレーヤー」と「サーバー」の機能を両方備える機器を指す。要は製品ジャンルの呼称。
 で、この記事はfidata HFAS1-XS20を純粋なサーバーとしてではなく、「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」として使った際の評価となる。

 まさにこういう場面で使うためにこそ導入したOPPO Sonica DACも本領発揮。



・再生環境詳細

fidata HFAS1-XS20

OPPO Sonica DAC(ボリュームバイパス)

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire

比較対象として:
canarino Fils + JRiver Media Center 22(ASIO) → OPPO Sonica DAC
canarino Fils(サーバー) → LUMIN A1
fidata HFAS1-XS20(サーバー) → LUMIN A1



・音質所感

 まず、canarino Fils × OPPO Sonica DACで聴く。
 購入から一カ月近く通電して鳴らし続けてきたことで色々と馴染んだのか、「あれ、こんなに良かったっけ?」と思うくらいにいい音で鳴った。もとより卓越していた基本性能の高さはそのままに、透明感が増し、音場の見通しも良くなった。
 コレだけ聴けば、音質的に満足できないなんてことはまずあるまい。それほどに満足度は高い。

 続いて、fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DACで聴く。
 間違いなくcanarino Filsとの組み合わせよりも音は良くなっている。が、その差はLUMIN A1を用いた純粋なサーバー勝負に比べるとだいぶ縮まっている。「プレーヤー」、すなわち再生機能は多種多様な再生ソフトを使用可能なオーディオ用PCの強みが最も発揮される部分であり、ここはcanarino Fils……というよりJRiver Media Centerが健闘した結果と言えるだろう。また、マザーボード直のLANとは違い、USBはJCAT USBカードFEMTOを使っており、その寄与も想像に難くない。
 当然「他の再生ソフトではどうなんだ!」という声もあろうが、その辺はちょいと思うところがあるのでいずれ記事にしようと思う。

 実際の音は、静寂感に優れ、音像が滲まず引き締まるという、HFAS1-XS20のサーバーの音の印象を継承する。音と音の間の彫りが深く、立体感が際立って聴こえる。左右への空間の広がりもcanarino Filsに比べて一枚上手。解像感はもちろんのこと音場の見通しが非常に良く、低音域、ベースラインやバスドラムの輪郭はcanarino FilsとLUMIN A1の組み合わせよりも明瞭で把握しやすい。

 総じて、HFAS1-XS20とSonica DACの組み合わせは非常に相性が良いと感じた。
 互いの長所があまり重複しないおかげで、巧い具合にそれぞれの美点が活きている。
 優れた解像感と中低域のインパクトが合わさったSonica DACの旨い音はそのままに、相対的にそれなりだった音場の見通しの良さ/広がり、空間表現、静寂感といった要素も見事に改善/向上している。強調感が意識されることもほとんどなくなり、純粋に「音楽が生きている!」という喜ばしい印象になる。

 HFAS1-XS20とSonica DACの組み合わせで合わせて80万ほど。
 さすがにここまでくると、未だに差こそあれ、canarino FilsとLUMIN A1の組み合わせに対しても大きく劣る部分は見当たらなくなってくる。

 サーバーとしても、ミュージックサーバーとしても、HFAS1-XS20の威力は相当だ。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第209回『コマンドー』

おまえは最後まで買わないと言ったな、あれは嘘だ 画質:6 音質:9 映像はMPE

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

おかえり、SongBook

2014/10/26 さらば、SongBook 2014/11/19 コントロールアプリの黄昏

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Linn Kazooがアップデート

コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』  それなりに大きな変化なので

記事を読む

【BDレビュー】第320回『白鯨との闘い』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑