*

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編

音質・ミュージックサーバー編


 まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。



・再生環境詳細

fidata HFAS1-XS20

JS PC Audio NH100(ギガビット仕様)

LUMIN A1

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



・音質所感

 比較対象は同じハブに繋いだcanarino Fils

 毎度おなじみ「Corrinne May / Safe in a Crazy World / Angel in Disguise」を聴くと、滲みの低減が顕著に感じられる。空間の広がりも一回り大きくなったようだ。

 「Tingvall Trio / Beat / Pa Andra Sidan」・「Fire Bomber / Ultra Fire!! / Dynamite Explosion」・「The Winery Dogs / Elevate」などを通じて、ドラムの存在感や威力が増しており、全体的にエネルギーに満ちている印象を受けた。一方で前述の通り滲みは減っており、音像が膨らむことはない。俊敏かつ筋肉質なイメージである。

 「Jim Croce / Photographs & Memories: His Greatest Hits / I Got a Name」・「Roy Hargrove / Earfood / Strasbourg/St. Denis」では低音の沈み込みが深くなっている様が聴ける。量感を増やす方向ではなく、「深く沈める」ことで低音域の存在感が増している。上のエネルギー感の増大も含めて、筐体の強化のおかげだろうか。

 無印fidataのHFAS1-S10の美点であった卓越した情報量はさらに極まった。空間に浸透する響きの豊かさは素直に素晴らしく、「KOKIA / Where To Go My Love? / 愛はこだまする」なんかを聴くと昇天する。寝る。

 音像に滲みがなく、膨張せず、強調感皆無、それでいて響きが豊かなため、とにかく聴いていてキツさがない。音作りがアレなアニソンの類や「Jimi Hendrix / Electronic Ladyland / All Along the Watchtower」なんかのギャリギャリしたロックも実に滑らか。
 しかし、この「滑らか」は「音が大人しい」ことにあらず。余計な要素を徹底的に透明にしていった結果、楽曲本来の姿が立ち現れたのだという説得力がある。

 総じてHFAS1-S10の長所をさらに伸ばし、副作用なくエネルギー感を充実させるという全方位的な改善を感じる。むしろ、プレーヤー・アンプ・スピーカーを固定した状態で、私の部屋における今までで最高の音を聴くことができた。

 canarino Fils(サーバーとして使用)は……さすがにfidataに勝てると思っていたわけではないが、想像以上に大きな差を見せ付けられてしまった。やはり専用機は尊い。ま、3倍の価格差だし仕方ないね。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-C

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第95回『マトリックス・レボリューションズ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1でビットレートは絶望的な頭打ち。リローデッドより多少マシ

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

【祝?】『ダンケルク』がUHD BD化

Dunkirk 4K Blu-ray - Blu-ray.com will be availa

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロール関連の過去記事まとめ

 時間の経過によってあまり意味を持たなくなった記事。  あるいは、消滅してしまったアプリに関する記

記事を読む

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 外観・運用編

 Bricasti Design M1 Special Edition mk2。  以下M1。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑