*

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編

音質・ミュージックサーバー編


 まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。



・再生環境詳細

fidata HFAS1-XS20

JS PC Audio NH100(ギガビット仕様)

LUMIN A1

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



・音質所感

 比較対象は同じハブに繋いだcanarino Fils

 毎度おなじみ「Corrinne May / Safe in a Crazy World / Angel in Disguise」を聴くと、滲みの低減が顕著に感じられる。空間の広がりも一回り大きくなったようだ。

 「Tingvall Trio / Beat / Pa Andra Sidan」・「Fire Bomber / Ultra Fire!! / Dynamite Explosion」・「The Winery Dogs / Elevate」などを通じて、ドラムの存在感や威力が増しており、全体的にエネルギーに満ちている印象を受けた。一方で前述の通り滲みは減っており、音像が膨らむことはない。俊敏かつ筋肉質なイメージである。

 「Jim Croce / Photographs & Memories: His Greatest Hits / I Got a Name」・「Roy Hargrove / Earfood / Strasbourg/St. Denis」では低音の沈み込みが深くなっている様が聴ける。量感を増やす方向ではなく、「深く沈める」ことで低音域の存在感が増している。上のエネルギー感の増大も含めて、筐体の強化のおかげだろうか。

 無印fidataのHFAS1-S10の美点であった卓越した情報量はさらに極まった。空間に浸透する響きの豊かさは素直に素晴らしく、「KOKIA / Where To Go My Love? / 愛はこだまする」なんかを聴くと昇天する。寝る。

 音像に滲みがなく、膨張せず、強調感皆無、それでいて響きが豊かなため、とにかく聴いていてキツさがない。音作りがアレなアニソンの類や「Jimi Hendrix / Electronic Ladyland / All Along the Watchtower」なんかのギャリギャリしたロックも実に滑らか。
 しかし、この「滑らか」は「音が大人しい」ことにあらず。余計な要素を徹底的に透明にしていった結果、楽曲本来の姿が立ち現れたのだという説得力がある。

 総じてHFAS1-S10の長所をさらに伸ばし、副作用なくエネルギー感を充実させるという全方位的な改善を感じる。むしろ、プレーヤー・アンプ・スピーカーを固定した状態で、私の部屋における今までで最高の音を聴くことができた。

 canarino Fils(サーバーとして使用)は……さすがにfidataに勝てると思っていたわけではないが、想像以上に大きな差を見せ付けられてしまった。やはり専用機は尊い。ま、3倍の価格差だし仕方ないね。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Home Entertainmen

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第210回『レオン』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit、5.0chという

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

IFA2014雑感・テクニクスとパイオニアのネットワークオーディオプレーヤー

<IFA>パナソニック、Technicsブランド復活 - “R1シリーズ”と“C700シリーズ”の2

記事を読む

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第57回『ヘアスプレー』

画質:8 音質:14+ 映像はVC-1でビットレートは精々10Mbps台。異常に低い。

記事を読む

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑