*

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編

音質・ミュージックサーバー編


 まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。



・再生環境詳細

fidata HFAS1-XS20

JS PC Audio NH100(ギガビット仕様)

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



・音質所感

 比較対象は同じハブに繋いだcanarino Fils

 毎度おなじみ「Corrinne May / Safe in a Crazy World / Angel in Disguise」を聴くと、滲みの低減が顕著に感じられる。空間の広がりも一回り大きくなったようだ。

 「Tingvall Trio / Beat / Pa Andra Sidan」・「Fire Bomber / Ultra Fire!! / Dynamite Explosion」・「The Winery Dogs / Elevate」などを通じて、ドラムの存在感や威力が増しており、全体的にエネルギーに満ちている印象を受けた。一方で前述の通り滲みは減っており、音像が膨らむことはない。俊敏かつ筋肉質なイメージである。

 「Jim Croce / Photographs & Memories: His Greatest Hits / I Got a Name」・「Roy Hargrove / Earfood / Strasbourg/St. Denis」では低音の沈み込みが深くなっている様が聴ける。量感を増やす方向ではなく、「深く沈める」ことで低音域の存在感が増している。上のエネルギー感の増大も含めて、筐体の強化のおかげだろうか。

 無印fidataのHFAS1-S10の美点であった卓越した情報量はさらに極まった。空間に浸透する響きの豊かさは素直に素晴らしく、「KOKIA / Where To Go My Love? / 愛はこだまする」なんかを聴くと昇天する。寝る。

 音像に滲みがなく、膨張せず、強調感皆無、それでいて響きが豊かなため、とにかく聴いていてキツさがない。音作りがアレなアニソンの類や「Jimi Hendrix / Electronic Ladyland / All Along the Watchtower」なんかのギャリギャリしたロックも実に滑らか。
 しかし、この「滑らか」は「音が大人しい」ことにあらず。余計な要素を徹底的に透明にしていった結果、楽曲本来の姿が立ち現れたのだという説得力がある。

 総じてHFAS1-S10の長所をさらに伸ばし、副作用なくエネルギー感を充実させるという全方位的な改善を感じる。むしろ、プレーヤー・アンプ・スピーカーを固定した状態で、私の部屋における今までで最高の音を聴くことができた。

 canarino Fils(サーバーとして使用)は……さすがにfidataに勝てると思っていたわけではないが、想像以上に大きな差を見せ付けられてしまった。やはり専用機は尊い。ま、3倍の価格差だし仕方ないね。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブルワイヤレスストリーマー」。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第121回『スターウォーズ クローンウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは割と低め、高くても30に届く程度。 音

記事を読む

PS4 Proが来た!

 PS4 Proの発表のタイミングで初期型を手放した結果、2ヶ月もPS4で遊べないというのは想像以上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第71回『バットマン ゴッサムナイト』

画質:9 音質:6 映像はVC-1でビットレートは10台から30台まで落ち着かない。 音

記事を読む

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。  真

記事を読む

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです       手始

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

SC-LX59のDTS:X対応アップデート

 10月18日からアップデート開始ということで、どんな風になるのかサポートに確認したところ、18日夕

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑