*

【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

 NASの中ではQNAPのTS-119がいいとか、TS-119にアナログ電源を付けるともっといいとか、主にユーザーレベルでのささやかな工夫から生じた「サーバーで音が変わる」という意識。
 そんな流れを受けて、DELAの登場で一気にメジャーかつ製品ジャンルとして確立された「高音質サーバー」という領域。
 そして次の瞬間、ユーザビリティの重要性が大概無視されて「音が良いこと」にばかり興味関心が集まってしまうという、いかにもオーディオ業界らしい展開が待っている。

 しかし、ネットワークオーディオに用いるサーバーはまず大前提として「良いサーバー」である必要がある。どれだけ音が良かろうと、不安定で使い物にならないサーバーに用はないのである。そして真に「オーディオ機器」を名乗りたければ、筐体や回路の設計を突き詰め、「モノとしての魅力」を備える必要がある。

 その点、fidata HFAS1はモノとしての魅力に溢れ、良いサーバーであり、また素晴らしい音質も実現した、まさしく「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」である。それぞれの詳細は下記の各記事を参照。

導入編
運用編
音質編

 fidataはまずもって良いサーバーであるので、何の心配もなく存分に音質について語ることができる。
 音色については無色透明でありつつ、ほとばしる情報によってその存在は強く意識される。同じ透明でも、美しく澄んだ泉のように静的な佇まいというよりは、より積極的に下流へ情報を送り出す、清冽な源流のような存在と言える。


 諸々の記事によれば、fidataもいずれDELA同様にUSBからの音声出力が可能になるらしい。そうなればfidataはストレージ内蔵プレーヤー、すなわち「ミュージックサーバー」としても機能するようになる。はたしてそのプレーヤー機能がどれほどのものかはまだわからないが、fidataの開発陣の「わかっている」様子を見る限りでは、さして心配はいらないだろう。
 音源を手中に収めるものは強い。再生機器として単体プレーヤーを使おうが、いずれfidataとUSB DACを使おうが、あるいはPCとUSB DACを使おうが、どのみち音源は絶対に必要だからだ。
 TIDALやらQobuzやら、オーディオ用途に耐えられるクラウドストリーミング音源が勃興する一方で、これまた何度も言っているように、ローカルの音源が消えてなくなることもない。まさに自分自身のものとして蓄積してきた「音源の在り処」として、サーバーの重要性は未だに揺るぎない。


 とある製品ジャンルにおいて、良い製品があることは大切である。
 しかし、どれだけ良い製品でも、「それしかない」という一強状態は健全ではない。
 それぞれの価格帯に、様々なメーカーの様々な製品があってこそ、その製品ジャンルは発展するはずだ。

 その点で、fidataは色んな意味で実にうまい落としどころの製品である。
 大いに製品ジャンルを掻き回し、活性化させてほしいと思う。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォーマットが寂しいのは残念だが、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第3回『007 カジノ・ロワイアル』

怒涛の勢いで第三回。休日の有効利用ってやつです。 さて今回は、皆さんご存知新たなスタートを切っ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

MELCO Digital Music Library range NEW

MELCO Digital Music Library range NEW  ん?

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 公式によるRoonの推奨環境は以下のとおり。 Recommended Hardware In

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravins

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

B&W 800 D3 – new 800 diamond series

 ついに発表となった。  画像は公式HPから。  動画まである。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑