*

【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

 NASの中ではQNAPのTS-119がいいとか、TS-119にアナログ電源を付けるともっといいとか、主にユーザーレベルでのささやかな工夫から生じた「サーバーで音が変わる」という意識。
 そんな流れを受けて、DELAの登場で一気にメジャーかつ製品ジャンルとして確立された「高音質サーバー」という領域。
 そして次の瞬間、ユーザビリティの重要性が大概無視されて「音が良いこと」にばかり興味関心が集まってしまうという、いかにもオーディオ業界らしい展開が待っている。

 しかし、ネットワークオーディオに用いるサーバーはまず大前提として「良いサーバー」である必要がある。どれだけ音が良かろうと、不安定で使い物にならないサーバーに用はないのである。そして真に「オーディオ機器」を名乗りたければ、筐体や回路の設計を突き詰め、「モノとしての魅力」を備える必要がある。

 その点、fidata HFAS1はモノとしての魅力に溢れ、良いサーバーであり、また素晴らしい音質も実現した、まさしく「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」である。それぞれの詳細は下記の各記事を参照。

導入編
運用編
音質編

 fidataはまずもって良いサーバーであるので、何の心配もなく存分に音質について語ることができる。
 音色については無色透明でありつつ、ほとばしる情報によってその存在は強く意識される。同じ透明でも、美しく澄んだ泉のように静的な佇まいというよりは、より積極的に下流へ情報を送り出す、清冽な源流のような存在と言える。


 諸々の記事によれば、fidataもいずれDELA同様にUSBからの音声出力が可能になるらしい。そうなればfidataはストレージ内蔵プレーヤー、すなわち「ミュージックサーバー」としても機能するようになる。はたしてそのプレーヤー機能がどれほどのものかはまだわからないが、fidataの開発陣の「わかっている」様子を見る限りでは、さして心配はいらないだろう。
 音源を手中に収めるものは強い。再生機器として単体プレーヤーを使おうが、いずれfidataとUSB DACを使おうが、あるいはPCとUSB DACを使おうが、どのみち音源は絶対に必要だからだ。
 TIDALやらQobuzやら、オーディオ用途に耐えられるクラウドストリーミング音源が勃興する一方で、これまた何度も言っているように、ローカルの音源が消えてなくなることもない。まさに自分自身のものとして蓄積してきた「音源の在り処」として、サーバーの重要性は未だに揺るぎない。


 とある製品ジャンルにおいて、良い製品があることは大切である。
 しかし、どれだけ良い製品でも、「それしかない」という一強状態は健全ではない。
 それぞれの価格帯に、様々なメーカーの様々な製品があってこそ、その製品ジャンルは発展するはずだ。

 その点で、fidataは色んな意味で実にうまい落としどころの製品である。
 大いに製品ジャンルを掻き回し、活性化させてほしいと思う。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編

 魔境深淵注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く 【魔境】ハブで音は変わるか

記事を読む

【レビュー】Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  そのうえであえて言わせ

記事を読む

【Roon & RoonReady】sMS-1000SQ Windows Edition & sMS-200 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>SOtM、世界に先駆けたRoonServer「sMS-1000SQ Window

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Around in Circles

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Around in Circl

記事を読む

【BDレビュー】第329回『MAMA』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:9 音質:10 (評価の詳

記事を読む

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを、 HFAS1は、Grace

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

【BDレビュー】第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

 ようやく未消化だった分のレビューを書き終えた。  ここからは使用機材が変わり、オブジェクトベース

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑