*

【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

 NASの中ではQNAPのTS-119がいいとか、TS-119にアナログ電源を付けるともっといいとか、主にユーザーレベルでのささやかな工夫から生じた「サーバーで音が変わる」という意識。
 そんな流れを受けて、DELAの登場で一気にメジャーかつ製品ジャンルとして確立された「高音質サーバー」という領域。
 そして次の瞬間、ユーザビリティの重要性が大概無視されて「音が良いこと」にばかり興味関心が集まってしまうという、いかにもオーディオ業界らしい展開が待っている。

 しかし、ネットワークオーディオに用いるサーバーはまず大前提として「良いサーバー」である必要がある。どれだけ音が良かろうと、不安定で使い物にならないサーバーに用はないのである。そして真に「オーディオ機器」を名乗りたければ、筐体や回路の設計を突き詰め、「モノとしての魅力」を備える必要がある。

 その点、fidata HFAS1はモノとしての魅力に溢れ、良いサーバーであり、また素晴らしい音質も実現した、まさしく「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」である。それぞれの詳細は下記の各記事を参照。

導入編
運用編
音質編

 fidataはまずもって良いサーバーであるので、何の心配もなく存分に音質について語ることができる。
 音色については無色透明でありつつ、ほとばしる情報によってその存在は強く意識される。同じ透明でも、美しく澄んだ泉のように静的な佇まいというよりは、より積極的に下流へ情報を送り出す、清冽な源流のような存在と言える。


 諸々の記事によれば、fidataもいずれDELA同様にUSBからの音声出力が可能になるらしい。そうなればfidataはストレージ内蔵プレーヤー、すなわち「ミュージックサーバー」としても機能するようになる。はたしてそのプレーヤー機能がどれほどのものかはまだわからないが、fidataの開発陣の「わかっている」様子を見る限りでは、さして心配はいらないだろう。
 音源を手中に収めるものは強い。再生機器として単体プレーヤーを使おうが、いずれfidataとUSB DACを使おうが、あるいはPCとUSB DACを使おうが、どのみち音源は絶対に必要だからだ。
 TIDALやらQobuzやら、オーディオ用途に耐えられるクラウドストリーミング音源が勃興する一方で、これまた何度も言っているように、ローカルの音源が消えてなくなることもない。まさに自分自身のものとして蓄積してきた「音源の在り処」として、サーバーの重要性は未だに揺るぎない。


 とある製品ジャンルにおいて、良い製品があることは大切である。
 しかし、どれだけ良い製品でも、「それしかない」という一強状態は健全ではない。
 それぞれの価格帯に、様々なメーカーの様々な製品があってこそ、その製品ジャンルは発展するはずだ。

 その点で、fidataは色んな意味で実にうまい落としどころの製品である。
 大いに製品ジャンルを掻き回し、活性化させてほしいと思う。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気付けば2015年になってしまった。  このままでは永遠に

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。  導入したのは、『ブビンガ』のボードで

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM ステレオ 24bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑