*

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、標準仕様になっているSOtMのUSBノイズフィルターを付けなかった。
 「オーディオ用PCは純粋なサーバーにも、サーバーとプレーヤーを兼ねるミュージックサーバーにもなる」と言いつつ、PC本体のUSB出力にハードウェア的な配慮を施してしまったら、結局ミュージックサーバー(プレーヤー)としての用途にばかり意識が向いてしまうのではないか。…………そう思ったのである。

 しかしまぁ、私とてオーディオファイルの端くれ、音を良くしたいという欲求は当然持っている。それに、canarino Filsをデジタル・ファイル再生のリファレンスに使おうと思えば、本体の音質を磨き上げることはやはり必要だ。

 というわけで、JCAT USBカードFEMTOを搭載することにしたのである。
 ちなみに、オリオスペックでは今後canarino Filsの購入時にJCAT USBカードFEMTOも選択できるようになるようだ。


JCAT USBカードFEMTO – JPLAY日本語公式サイト

JCATはJPLAYのサブ・ブランドで、高音質再生に適したPC周辺機器やケーブルなどを扱っています。


 外部電源を使う仕様にして、それ用にiPowerも用意した万全の布陣。


 JCAT USBカードFEMTOはUSB3.0ということで、音質比較にはオンボードもUSB3.0を使用した。


The Darkness / Growing on Me
James Brown / Get Up(I Feel Like Being A) Sex Machine
The Stone Roses / Daybreak
The Stone Roses / Good Times
Yes / Roundabout
Luther Vandross / She’s a Super Lady
映画『ヘアスプレー』より You Can’t Stop the Beat
Mark Ronson / Uptown Funk
Nao / Get to Know Ya
Meshell Ndegeocello / Stay
etc…

 The Darkness / Growing on Meを聴いた時は、高域の粗さが取れたはいいが、大人しくなっただけのようにも感じた。見通しもなんぼか良くなったようだが、正直んー……という印象。
 ところがどっこい、二曲目以降はまるで突如覚醒したかの如くオンボードのUSBとは打って変わった鮮烈な音を聴かせ始めた。起動直後で寝ぼけていたのだろうか。なにせ、年末年始で帰省していたついでに一緒に聴いていたオーディオ趣味とは無縁の弟が「これなら6万出すかも……」と言うくらいである。

 JCAT USBカードFEMTOは「雑味が取れて透明感が増し、見通しが良くなる」という方向の美点もありつつ、何より感心したのは低域の沈み込みと量感の両立である。特にLuther Vandross / She’s a Super Ladyでは、冒頭のドラム/ベースが別物の深みを見せ付けた。
 いつぞや聴いたSOtMのUSBハブ、あるいはSOtM謹製のsMS-1000SQ Windows Editionが繊細さと静寂の表現に長けているのに対し、JCAT USBカードFEMTOは総じて中低域に魅力的な厚みと熱を持っている印象を受ける。音源との相性や好みも当然あるだろうが、「歌」を聴くなら断然JCAT。LUMIN A1しかり、私はこの手の音が好きなようだ。


 アナログリニア電源の導入と、JCAT USBカードFEMTOの導入を経て、canarino Filsのハード面での強化はいったん終了。
 次に目を向けるのはもっと柔らかい部分になる。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ①

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ 『第9地区』 効

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

画質:15 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 音質編

 外観・機能編はコチラ。  内部のジャンパーを動かし、ゲインを落とした。  それでも、ボ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第71回『バットマン ゴッサムナイト』

画質:9 音質:6 映像はVC-1でビットレートは10台から30台まで落ち着かない。 音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第128回『リベリオン』

画質:8 音質:9→11 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画

記事を読む

【BDレビュー】第291回『新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ』

画質:7 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』 画質:14 (画質はHD環境

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価を

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Houses Of The Holy (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Houses Of

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑