*

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、標準仕様になっているSOtMのUSBノイズフィルターを付けなかった。
 「オーディオ用PCは純粋なサーバーにも、サーバーとプレーヤーを兼ねるミュージックサーバーにもなる」と言いつつ、PC本体のUSB出力にハードウェア的な配慮を施してしまったら、結局ミュージックサーバー(プレーヤー)としての用途にばかり意識が向いてしまうのではないか。…………そう思ったのである。

 しかしまぁ、私とてオーディオファイルの端くれ、音を良くしたいという欲求は当然持っている。それに、canarino Filsをデジタル・ファイル再生のリファレンスに使おうと思えば、本体の音質を磨き上げることはやはり必要だ。

 というわけで、JCAT USBカードFEMTOを搭載することにしたのである。
 ちなみに、オリオスペックでは今後canarino Filsの購入時にJCAT USBカードFEMTOも選択できるようになるようだ。


JCAT USBカードFEMTO – JPLAY日本語公式サイト

JCATはJPLAYのサブ・ブランドで、高音質再生に適したPC周辺機器やケーブルなどを扱っています。


 外部電源を使う仕様にして、それ用にiPowerも用意した万全の布陣。


 JCAT USBカードFEMTOはUSB3.0ということで、音質比較にはオンボードもUSB3.0を使用した。


The Darkness / Growing on Me
James Brown / Get Up(I Feel Like Being A) Sex Machine
The Stone Roses / Daybreak
The Stone Roses / Good Times
Yes / Roundabout
Luther Vandross / She’s a Super Lady
映画『ヘアスプレー』より You Can’t Stop the Beat
Mark Ronson / Uptown Funk
Nao / Get to Know Ya
Meshell Ndegeocello / Stay
etc…

 The Darkness / Growing on Meを聴いた時は、高域の粗さが取れたはいいが、大人しくなっただけのようにも感じた。見通しもなんぼか良くなったようだが、正直んー……という印象。
 ところがどっこい、二曲目以降はまるで突如覚醒したかの如くオンボードのUSBとは打って変わった鮮烈な音を聴かせ始めた。起動直後で寝ぼけていたのだろうか。なにせ、年末年始で帰省していたついでに一緒に聴いていたオーディオ趣味とは無縁の弟が「これなら6万出すかも……」と言うくらいである。

 JCAT USBカードFEMTOは「雑味が取れて透明感が増し、見通しが良くなる」という方向の美点もありつつ、何より感心したのは低域の沈み込みと量感の両立である。特にLuther Vandross / She’s a Super Ladyでは、冒頭のドラム/ベースが別物の深みを見せ付けた。
 いつぞや聴いたSOtMのUSBハブ、あるいはSOtM謹製のsMS-1000SQ Windows Editionが繊細さと静寂の表現に長けているのに対し、JCAT USBカードFEMTOは総じて中低域に魅力的な厚みと熱を持っている印象を受ける。音源との相性や好みも当然あるだろうが、「歌」を聴くなら断然JCAT。LUMIN A1しかり、私はこの手の音が好きなようだ。


 アナログリニア電源の導入と、JCAT USBカードFEMTOの導入を経て、canarino Filsのハード面での強化はいったん終了。
 次に目を向けるのはもっと柔らかい部分になる。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』 画質:14 (画質はHD環境

記事を読む

【BDレビュー】第312回『鑑定士と顔のない依頼人』

画質:15 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 今更感漂う不毛な検証第二弾。  やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑