*

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト

USB接続光学ドライブにセットしたCDを、
HFAS1は、Gracenote®Music ID®で取得した楽曲情報と共に、Twonky Server上で配信します。
fidataが提唱してきたネットワークオーディオの世界で、CD再生を可能にしました。


 ディスプレイも操作ボタンも持たない潔さ全開デザインのfidataは、どんな風にCDトランスポート機能を実装するのだろうか。そう思っていたら、こんな風に、まさにネットワークオーディオの文脈で扱うというものだった。


 というわけで、手元にfidataがあるので試してみたのである。
 正直なところリッピングは別に……


 何の変哲もない外付けドライブを接続して、


 読み込ませるのは「吉本佳代 / star quilt」。


 ウィ~ンと唸って、出た。


 ナビゲーションツリーの「フォルダー」→「#CD:」が、現在読み込んでいるCD。
 「#」のおかげで、ツリーの先頭に来ることまず間違いなし。


 アルバムアートにせよ曲名にせよ、この辺の情報収集能力はさすがグレースノートといったところか。
 たとえCDを直接再生する時であっても、コントロールアプリ上で音源の姿が明快に現れているというのは素直に素晴らしい。


 なお、フォルダベースだけでなく、こんな具合にグレースノートが拾ってきたタグベースでの選曲も可能となっている。



 で、実際に再生してみると、主に使用したディスクドライブに起因する回転音がかなりアレだったことを除いて、ごくごく自然にCDを聴けた。LUMIN Appからかなりシビアに各種操作を行っても、CDの再生そのものが不安定になることはなかった。安定性に問題は感じられない。
 ただ、再生開始・一時停止・スキップ・シークといった諸々の操作に対するレスポンスの点では、CD再生よりもファイル再生の方が遥かに良好だったことを付け加えておく。ディスクとファイルの性格上、こればっかりは致し方あるまい。


 ついでに、多くの人が気になるであろう「音はどうなの?」という点も突っついてみた。
 「Jennifer Warnes / The Well」。聴き比べに不足なし。


 グレースノートもテキトーだな……



 fidataのCDトランスポート機能/あらかじめdBpoweramp CD RipperのLossless UncompressedでリッピングしたFLAC→LUMIN A1、という流れ。


 ……


 …


 あらゆる面でファイル再生の方が良かった。


 fidataはサーバーである。
 CDトランスポート機能はあくまでもCDを直接再生できる便利機能と捉えて、本気で聴こうと思えばファイル再生をするに越したことはないようだ。

 結局のところ大切なのは、リッピング機能も含めて「決してCDを置き去りにしない」というfidataの姿勢なのだろう。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10  なんと手元にやってきまし

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと強くなったfidata、HFA

記事を読む

LUMIN L1 導入!

 あの音が忘れられず……  写真左上がL1。  暫定的にX-PW10の外部電源の上に置い

記事を読む

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

【2017/02/01更新・追記】  当初の発表から今までに蓄積された諸々の情報を踏まえ、Ro

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流れとは一線を画したストイックな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑