*

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト

USB接続光学ドライブにセットしたCDを、
HFAS1は、Gracenote®Music ID®で取得した楽曲情報と共に、Twonky Server上で配信します。
fidataが提唱してきたネットワークオーディオの世界で、CD再生を可能にしました。


 ディスプレイも操作ボタンも持たない潔さ全開デザインのfidataは、どんな風にCDトランスポート機能を実装するのだろうか。そう思っていたら、こんな風に、まさにネットワークオーディオの文脈で扱うというものだった。


 というわけで、手元にfidataがあるので試してみたのである。
 正直なところリッピングは別に……


 何の変哲もない外付けドライブを接続して、


 読み込ませるのは「吉本佳代 / star quilt」。


 ウィ~ンと唸って、出た。


 ナビゲーションツリーの「フォルダー」→「#CD:」が、現在読み込んでいるCD。
 「#」のおかげで、ツリーの先頭に来ることまず間違いなし。


 アルバムアートにせよ曲名にせよ、この辺の情報収集能力はさすがグレースノートといったところか。
 たとえCDを直接再生する時であっても、コントロールアプリ上で音源の姿が明快に現れているというのは素直に素晴らしい。


 なお、フォルダベースだけでなく、こんな具合にグレースノートが拾ってきたタグベースでの選曲も可能となっている。



 で、実際に再生してみると、主に使用したディスクドライブに起因する回転音がかなりアレだったことを除いて、ごくごく自然にCDを聴けた。LUMIN Appからかなりシビアに各種操作を行っても、CDの再生そのものが不安定になることはなかった。安定性に問題は感じられない。
 ただ、再生開始・一時停止・スキップ・シークといった諸々の操作に対するレスポンスの点では、CD再生よりもファイル再生の方が遥かに良好だったことを付け加えておく。ディスクとファイルの性格上、こればっかりは致し方あるまい。


 ついでに、多くの人が気になるであろう「音はどうなの?」という点も突っついてみた。
 「Jennifer Warnes / The Well」。聴き比べに不足なし。


 グレースノートもテキトーだな……



 fidataのCDトランスポート機能/あらかじめdBpoweramp CD RipperのLossless UncompressedでリッピングしたFLAC→LUMIN A1、という流れ。


 ……


 …


 あらゆる面でファイル再生の方が良かった。


 fidataはサーバーである。
 CDトランスポート機能はあくまでもCDを直接再生できる便利機能と捉えて、本気で聴こうと思えばファイル再生をするに越したことはないようだ。

 結局のところ大切なのは、リッピング機能も含めて「決してCDを置き去りにしない」というfidataの姿勢なのだろう。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

【アプリ紹介】Kinsky iPad版

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Kins

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ハイレゾ音源をライブラリに含める

 どのサイトから何を買ってもいいのだが、今回はmoraからYesの『Tormato』を買った。  

記事を読む

【BDレビュー】第335回『ピクセル』 【Dolby Atmos】

画質:12 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Do

記事を読む

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 3

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付録CDは頑張ってリッピングしよ

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑