*

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト

USB接続光学ドライブにセットしたCDを、
HFAS1は、Gracenote®Music ID®で取得した楽曲情報と共に、Twonky Server上で配信します。
fidataが提唱してきたネットワークオーディオの世界で、CD再生を可能にしました。


 ディスプレイも操作ボタンも持たない潔さ全開デザインのfidataは、どんな風にCDトランスポート機能を実装するのだろうか。そう思っていたら、こんな風に、まさにネットワークオーディオの文脈で扱うというものだった。


 というわけで、手元にfidataがあるので試してみたのである。
 正直なところリッピングは別に……


 何の変哲もない外付けドライブを接続して、


 読み込ませるのは「吉本佳代 / star quilt」。


 ウィ~ンと唸って、出た。


 ナビゲーションツリーの「フォルダー」→「#CD:」が、現在読み込んでいるCD。
 「#」のおかげで、ツリーの先頭に来ることまず間違いなし。


 アルバムアートにせよ曲名にせよ、この辺の情報収集能力はさすがグレースノートといったところか。
 たとえCDを直接再生する時であっても、コントロールアプリ上で音源の姿が明快に現れているというのは素直に素晴らしい。


 なお、フォルダベースだけでなく、こんな具合にグレースノートが拾ってきたタグベースでの選曲も可能となっている。



 で、実際に再生してみると、主に使用したディスクドライブに起因する回転音がかなりアレだったことを除いて、ごくごく自然にCDを聴けた。LUMIN Appからかなりシビアに各種操作を行っても、CDの再生そのものが不安定になることはなかった。安定性に問題は感じられない。
 ただ、再生開始・一時停止・スキップ・シークといった諸々の操作に対するレスポンスの点では、CD再生よりもファイル再生の方が遥かに良好だったことを付け加えておく。ディスクとファイルの性格上、こればっかりは致し方あるまい。


 ついでに、多くの人が気になるであろう「音はどうなの?」という点も突っついてみた。
 「Jennifer Warnes / The Well」。聴き比べに不足なし。


 グレースノートもテキトーだな……



 fidataのCDトランスポート機能/あらかじめdBpoweramp CD RipperのLossless UncompressedでリッピングしたFLAC→LUMIN A1、という流れ。


 ……


 …


 あらゆる面でファイル再生の方が良かった。


 fidataはサーバーである。
 CDトランスポート機能はあくまでもCDを直接再生できる便利機能と捉えて、本気で聴こうと思えばファイル再生をするに越したことはないようだ。

 結局のところ大切なのは、リッピング機能も含めて「決してCDを置き去りにしない」というfidataの姿勢なのだろう。



【レビュー】fidata HFAS1-XS20

【レビュー】fidata HFAS1


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

dBpowerampがMacに対応

 前々から開発は進めていたようだが、ついにdBpowerampがMacでも使えるようになった(なって

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 音質編

 みんな大好き音質編。  今回は魔境マシマシ。  「サーバーで音は変わる」ということだけでなく、

記事を読む

LUMIN A1・開梱編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編①  ネッ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第75回『ブラッド・ダイアモンド』

画質:7 音質:10 映像はVC-1で伸びないワーナー仕様。 音声はリニアPCMの16b

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】

記事を読む

どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り

Netflixを使ってみた  Netflixをある程度使ってみた結果、少なくとも現時点では、「

記事を読む

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃Fun  やったぜ!

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑