*

オーディオラックを替えたりいろいろ

 サブウーファーを導入した段階ではまだなんとかなった。



 オーディオ用PCを導入したことで、外部電源も含めて機器が増えたことで配線が非常にきつくなった。JCAT USBカードFEMTO用の電源ケーブルが新たに増えたことも辛かった。
 しかし、この時点ではサブウーファーを動かすことでまだなんとかなった。

 その後、テレビを導入するに及んで、HDMIケーブルの関係から必然的にUHD BDプレーヤーもフロント側に持ってくる必要が出て、とうとう今までのGTラックではなんともならなくなった。HDMI2.0のフルスペック対応の長尺ケーブルは高くてですね……


 ラックの入れ替え/模様替えに際して考慮したのは以下の三点。

①再生音への影響を最小限に抑えるべく、ラックの大きさは必要最小限に抑える
②設置スペースに余裕がある&機器の入れ替えがしやすい
③AとVのごちゃごちゃを可能な限りアンプから先に持ち込まない


 そして、テレビ導入以前から数か月に渡る不毛な綿密な検討を経て辿り着いたのが、「オーディオラックとアンプを前後に配置する」という形態である。
 ちなみにテレビの設置にはコレを使った。壁面設置はあれこれと高くてですね……


 というわけでこうなった。(詳細:システムまとめ



 ラックはこんな感じ。
 以前購入したラックの7年以上に渡る使用で一切ガタの来ない安定感を全面的に信頼して、再びファンシーにオーダーした。黒はこだわり。


 下段には手作りの台を使ってオーディオPC&外部電源とハブ、常用のネットワークオーディオプレーヤーという「不動」の機器を置く。上段のUHD BDプレーヤーはささっとよせられるし、OPPO Sonica DACもしかり。上段の129センチ×44センチのスペースは実質フリーとなり、少なくとも常時二台ぶんのスペースが確保できる。二段しかないラックなので高さもそれなりで済む。これで①と②はクリア。

 プレーヤーやDACからのアナログ出力は広く取った背面のスペースをぐるりと弧を描いて反転させ、前に置いたアンプに繋ぐ。ジャングルジムはここで活きる。③もクリア。

 これで信号系ケーブルのごった煮からスピーカーケーブルを分離するというかねてからの目標も達成した。三段四段と重ねていくのも手だろうが、そうなると今度は①がクリアできなくなってしまう。
 イメージとしてはこんな感じ。


 ついでに「オーディオラックとアンプを前後に配置する」という形態のおかげで、アンプのサイズ的な制約もなくなった。Primare A32なんかは学生時代からの夢だったよ。


 サブウーファーに続いてアンプと、徐々にオーディオ機器が床に占める面積が大きくなっていくことは仕方あるまい。
 なにかしら致命的な問題が発覚しない限り、当面はこの設置環境でいく。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【BDレビュー】第298回『ヒート』

画質:8 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ハード編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  最近某社から

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その1

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Aurender N10 運用編 

記事を読む

【BDレビュー】第331回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

画質:10 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、標準仕様になっているSOtMの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑