*

canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ


 canarino Filsはまだ何度か変身を残していると書いたが、その中で最も重要な時がやってきた。


 付属する電源アダプタは決して悪いものではないのだろう。
 ただ安定してPCが動作すればいいのだから。
201612040103

 しかし、私がcanarino Filsに求めているのは「PCの汎用性と機能性を持ったオーディオ機器」という在り方である。

 QNAP TS-119に付属したスイッチング電源アダプタは、「ピー」という耳に聴こえるレベルの決して無視できないノイズを発していた。あくまでもそれを何とかしようとアナログ電源を導入したところ、QNAP TS-119、LUMIN L1では明らかな音質の向上が得られた。canarino Filsの試作機でも、fidelixの電源は巨大な威力を発揮した。

 せっかくのオーディオ用PCなのにオーディオ的な配慮とは無縁のスイッチング電源。画竜点睛を欠くとはまさにこのことだ。

 そんなこんなでアナログ電源をオーディオ用PCと同時に導入すること自体はずーっと前から考えていたのだが、実際にはエーワイ電子/EL SOUNDののアナログ電源を導入することに決めた。私のcanarino Filsを動かすに足る12V5A仕様が製作可能なこと、そして同社の12V3Aアナログ電源が約3年間の使用(サーバーとの組み合わせなのでほぼ常時)で盤石の安定性を証明したことが決め手である。

 ところがどっこい、先方に問い合わせをしたのとほぼ同時期に同社のラインナップがモデルチェンジされ、12V5Aアナログ電源は筐体にファンが搭載されてしまった。

エーワイ電子/EL SOUND 汎用アナログ電源 DC12V5A Improved

 NASの時代から、音質云々は置いといて純粋に「カリカリ」という動作音が嫌だからHDDではなくSSDを使ってきた。
 そして「静寂感だのS/Nだの言う前にまず轟々と音を立てているファンを何とかしろ!」という発想から、私の中ではファンレスであることが厳格なオーディオ用途にPCを使う際の絶対条件だった。

 それなのに、いくら50cm離れれば回転音は聞こえませんと書かれていても、いまさらファン搭載というのは……


 ……やはり受け入れがたい!


 というわけで、ありゃこりゃ話して、ファンレス仕様で特注をお願いした。
201612040101
201612040102

 ファンレスを実現するために筐体は大型化。
 サイズは230×230×70mmで、重量は風呂場の体重計で測ったら3キロもあった。

 ファンレス筐体、様々なソフトが十全に動作し得るスペック、SSD、アナログ電源。
 canarino Filsはまだ変身を残しているとはいえ、オーディオ用PCに絶対的に必要な要素は揃った。ハブだって万全だ。
201612040104

 現状最もCPUを働かせるであろう、Roon ServerによるDSD256再生をぶっ続けで行ってもcanarino Fils本体同様ほんのりと温かくなる程度で、今のところ発熱も問題なさそうだ。


 PCで再生ソフトを走らせてUSB DACと組み合わせる狭義のPCオーディオ≒USBオーディオであれ、単体サーバーとネットワークオーディオプレーヤーを組み合わせる狭義のネットワークオーディオであれ、これからは音質と機能の両面でcanarino Filsが判断基準/比較対象となる。

 これでようやく、オーディオ好きとしての良心の呵責を感じることなく、狭義のPCオーディオの文脈でも音質を語れるようになった。


 音の詳細は続く単体サーバー編の記事に譲るが、端的に言って、別物である。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://www.youtube.com

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第39回『猿の惑星:新世紀』 米国盤

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 画質:7

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Brown Sugar

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Brown Sugar

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑