*

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

公開日: : 最終更新日:2017/01/02 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、その扱われ方に関して少々思うところがある。


 JPLAYは標準で、JPLAYStreamer、すなわちネットワークオーディオプレーヤーとしての機能を持っている。

 以前はJPLAY日本語公式サイトに「JPLAYで最高音質を実現するのはJPLAYStreamerです」的な文言があったような気がするが、今はその手の記述は見当たらない。私の記憶違いだろうか。→JPLAY開発チームのメッセージ「JPLAYはJPLAYStreamerで最高音質が実現される」は不変とのこと。
 とにかく、これはシングルPCあるいはデュアルPCモードのことを指すのではなくて、他の再生ソフトと組み合わせるよりもネットワークプレーヤーとして=JPLAYStreamerを使ったほうが良いということ。
 例によって音質云々はさておき、このネットワークプレーヤー機能/JPLAYStreamerはOpenHomeに対応・準拠するため、そんじょそこらの単体ネットワークオーディオプレーヤーよりも優れたユーザビリティが担保されている。こんな素敵なものを使わない手はない。

 JPLAYStreamerのおかげで、JPLAYをインストールするだけで、PCがOpenHomeに対応するフル機能のネットワークオーディオプレーヤーに変貌するのである。

 Linn Kazooも、
20160602JPLAY07
20160602JPLAY01
20160602JPLAY02

 Kinskyも、
20160602JPLAY03
20160602JPLAY04

 BubbleUPnPだって使える。
20160602JPLAY05
20160602JPLAY06

 KazooとKinskyはデスクトップ版もあるので、「リモートコントロールなんて要らん、PCとモニタとマウスがありゃそれでいい」という人も安心だ。

 もう2016年である。
 いくらなんでも、JPLAYminiの画面から音楽再生を行うなんてことはやめにしたい。
 これじゃあんまりだ。
20150414jplaypc02

 組み合わせるサーバーとして、MinimServerの設定も公式サイトで紹介されている
 いざとなったらこんなのもある。

 ちなみに、再生ソフトと組み合わせてJPLAYを使うとすれば、ユーザビリティの点ではJRiver & JRemoteの組み合わせが全方位的に素晴らしいのだが、JRiverとJPLAYはごにょごにょ……なのでいかんともし難い。
 それに対し、OpenHomeに対応するJPLAYStreamerにはKazooとBubbleUPnPがある。どちらも素晴らしいコントロールアプリで、縦横無尽の快適な音楽再生が可能。強いて言えばBubbleUPnPがおすすめ。操作性においてJRemoteと同レベルと言って差し支えなく、TIDALだって使える。

 あるいは、Roonと組み合わせるという手もある。
20160602JPLAY08


 実際、JPLAYの音は良い。
 シングルPCモードの状態でも、名だたる再生ソフトと肩を並べるだけの再生品質を持っている。ここからさらに、デュアルPCモード、OSにWindows Server 2012を使う、Server Coreモードを使うといった高音質化の道筋が公式で示され、さらなる追求のし甲斐もある。
 それは良い。実に素晴らしいことだ。

 で、私が言いたいのは、JPLAYは決して「猛烈に不便だが音だけは壮絶に良いソフト」ではない、ということ。
 JPLAYを使った極限の音質追求と、見目麗しく快適な音楽再生は、JPLAYStreamerのおかげで容易に両立可能である。
 音質も快適性も、何ひとつ諦める必要はない。それがJPLAYの良いところだし、ネットワークオーディオの良いところである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Living ・購

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne The Old Hunters

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑