*

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

公開日: : 最終更新日:2017/01/02 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、その扱われ方に関して少々思うところがある。


 JPLAYは標準で、JPLAYStreamer、すなわちネットワークオーディオプレーヤーとしての機能を持っている。

 以前はJPLAY日本語公式サイトに「JPLAYで最高音質を実現するのはJPLAYStreamerです」的な文言があったような気がするが、今はその手の記述は見当たらない。私の記憶違いだろうか。→JPLAY開発チームのメッセージ「JPLAYはJPLAYStreamerで最高音質が実現される」は不変とのこと。
 とにかく、これはシングルPCあるいはデュアルPCモードのことを指すのではなくて、他の再生ソフトと組み合わせるよりもネットワークプレーヤーとして=JPLAYStreamerを使ったほうが良いということ。
 例によって音質云々はさておき、このネットワークプレーヤー機能/JPLAYStreamerはOpenHomeに対応・準拠するため、そんじょそこらの単体ネットワークオーディオプレーヤーよりも優れたユーザビリティが担保されている。こんな素敵なものを使わない手はない。

 JPLAYStreamerのおかげで、JPLAYをインストールするだけで、PCがOpenHomeに対応するフル機能のネットワークオーディオプレーヤーに変貌するのである。

 Linn Kazooも、
20160602JPLAY07
20160602JPLAY01
20160602JPLAY02

 Kinskyも、
20160602JPLAY03
20160602JPLAY04

 BubbleUPnPだって使える。
20160602JPLAY05
20160602JPLAY06

 KazooとKinskyはデスクトップ版もあるので、「リモートコントロールなんて要らん、PCとモニタとマウスがありゃそれでいい」という人も安心だ。

 もう2016年である。
 いくらなんでも、JPLAYminiの画面から音楽再生を行うなんてことはやめにしたい。
 これじゃあんまりだ。
20150414jplaypc02

 組み合わせるサーバーとして、MinimServerの設定も公式サイトで紹介されている
 いざとなったらこんなのもある。

 ちなみに、再生ソフトと組み合わせてJPLAYを使うとすれば、ユーザビリティの点ではJRiver & JRemoteの組み合わせが全方位的に素晴らしいのだが、JRiverとJPLAYはごにょごにょ……なのでいかんともし難い。
 それに対し、OpenHomeに対応するJPLAYStreamerにはKazooとBubbleUPnPがある。どちらも素晴らしいコントロールアプリで、縦横無尽の快適な音楽再生が可能。強いて言えばBubbleUPnPがおすすめ。操作性においてJRemoteと同レベルと言って差し支えなく、TIDALだって使える。

 あるいは、Roonと組み合わせるという手もある。
20160602JPLAY08


 実際、JPLAYの音は良い。
 シングルPCモードの状態でも、名だたる再生ソフトと肩を並べるだけの再生品質を持っている。ここからさらに、デュアルPCモード、OSにWindows Server 2012を使う、Server Coreモードを使うといった高音質化の道筋が公式で示され、さらなる追求のし甲斐もある。
 それは良い。実に素晴らしいことだ。

 で、私が言いたいのは、JPLAYは決して「猛烈に不便だが音だけは壮絶に良いソフト」ではない、ということ。
 JPLAYを使った極限の音質追求と、見目麗しく快適な音楽再生は、JPLAYStreamerのおかげで容易に両立可能である。
 音質も快適性も、何ひとつ諦める必要はない。それがJPLAYの良いところだし、ネットワークオーディオの良いところである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置 スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合 スピーカーの配置③―

記事を読む

OPPOのUHD BDプレーヤー

OPPO Digital's 4K/UHD Blu-ray player is arriving i

記事を読む

【BDレビュー】第331回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

画質:10 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。  これだけでは「へー」以

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server 運用編

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化され

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑