*

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

公開日: : 最終更新日:2017/01/02 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、その扱われ方に関して少々思うところがある。


 JPLAYは標準で、JPLAYStreamer、すなわちネットワークオーディオプレーヤーとしての機能を持っている。

 以前はJPLAY日本語公式サイトに「JPLAYで最高音質を実現するのはJPLAYStreamerです」的な文言があったような気がするが、今はその手の記述は見当たらない。私の記憶違いだろうか。→JPLAY開発チームのメッセージ「JPLAYはJPLAYStreamerで最高音質が実現される」は不変とのこと。
 とにかく、これはシングルPCあるいはデュアルPCモードのことを指すのではなくて、他の再生ソフトと組み合わせるよりもネットワークプレーヤーとして=JPLAYStreamerを使ったほうが良いということ。
 例によって音質云々はさておき、このネットワークプレーヤー機能/JPLAYStreamerはOpenHomeに対応・準拠するため、そんじょそこらの単体ネットワークオーディオプレーヤーよりも優れたユーザビリティが担保されている。こんな素敵なものを使わない手はない。

 JPLAYStreamerのおかげで、JPLAYをインストールするだけで、PCがOpenHomeに対応するフル機能のネットワークオーディオプレーヤーに変貌するのである。

 Linn Kazooも、
20160602JPLAY07
20160602JPLAY01
20160602JPLAY02

 Kinskyも、
20160602JPLAY03
20160602JPLAY04

 BubbleUPnPだって使える。
20160602JPLAY05
20160602JPLAY06

 KazooとKinskyはデスクトップ版もあるので、「リモートコントロールなんて要らん、PCとモニタとマウスがありゃそれでいい」という人も安心だ。

 もう2016年である。
 いくらなんでも、JPLAYminiの画面から音楽再生を行うなんてことはやめにしたい。
 これじゃあんまりだ。
20150414jplaypc02

 組み合わせるサーバーとして、MinimServerの設定も公式サイトで紹介されている
 いざとなったらこんなのもある。

 ちなみに、再生ソフトと組み合わせてJPLAYを使うとすれば、ユーザビリティの点ではJRiver & JRemoteの組み合わせが全方位的に素晴らしいのだが、JRiverとJPLAYはごにょごにょ……なのでいかんともし難い。
 それに対し、OpenHomeに対応するJPLAYStreamerにはKazooとBubbleUPnPがある。どちらも素晴らしいコントロールアプリで、縦横無尽の快適な音楽再生が可能。強いて言えばBubbleUPnPがおすすめ。操作性においてJRemoteと同レベルと言って差し支えなく、TIDALだって使える。

 あるいは、Roonと組み合わせるという手もある。
20160602JPLAY08


 実際、JPLAYの音は良い。
 シングルPCモードの状態でも、名だたる再生ソフトと肩を並べるだけの再生品質を持っている。ここからさらに、デュアルPCモード、OSにWindows Server 2012を使う、Server Coreモードを使うといった高音質化の道筋が公式で示され、さらなる追求のし甲斐もある。
 それは良い。実に素晴らしいことだ。

 で、私が言いたいのは、JPLAYは決して「猛烈に不便だが音だけは壮絶に良いソフト」ではない、ということ。
 JPLAYを使った極限の音質追求と、見目麗しく快適な音楽再生は、JPLAYStreamerのおかげで容易に両立可能である。
 音質も快適性も、何ひとつ諦める必要はない。それがJPLAYの良いところだし、ネットワークオーディオの良いところである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第209回『コマンドー』

おまえは最後まで買わないと言ったな、あれは嘘だ 画質:6 音質:9 映像はMPE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

マイケル・ベイ大勝利! 画質:14 音質:10 映像はAVCでビットレートは25

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第37回『アフロサムライ』

17分割をきちんと動画で再現したえらくてぐろくてえろいアニメ。アメリカ発。制作はGONZO。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑