*

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「単体プレーヤー」とは、ネットワークオーディオのシステムにおける「プレーヤー」の役割を担う、オーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを指す。

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 PC本体のストレージに依存しない、「プレーヤー」としてのストイックかつロックな使い方である。

 PCを「単体プレーヤー」とするためにピックアップしたのはこれらのソフト。

BubbleUPnP Server(JRiverとの組み合わせ)
JPLAY/JPLAYStreamer



 BubbleUPnP ServerとJRiverとの組み合わせは、つまるところJRiverのプレーヤー(DLNAレンダラー)機能の流用である。
 JRiverの再生機能とBubbleUPnP ServerによるOpenHome化が相まって、広範なアプリへの対応力と強力な再生能力が同時に得られる。
 使い慣れたアプリを使い続けることも可能であり、音楽再生のユーザビリティにおいて「単体オーディオ機器」から「オーディオ用PC」への乗り換えを意識せずに済む。
 この通りどこかで見たアプリも使える。
20160417evo09

 使うサーバーによって多少異なるものの、出てくる音はJRiverそのもの。この辺りはミュージックサーバー編を参照。



 JPLAYは当初様々な再生ソフトの再生エンジンを乗っ取る形で高音質化を図るソフトだったのが、JPLAYStreamerの実装によりそれ自体でOpenHome対応プレーヤーの機能を得た。
 餅は餅屋ということで、JPLAYStreamerは自前のコントロールアプリを持っていない。しかしまったく困らない。iOSにはKazooがあるし、androidにはBubbleUPnPがある。
 今回はEVO内蔵のMinimServerと組み合わせた。この時点で同一機器の中に「サーバー」と「プレーヤー」があるので事実上のミュージックサーバーとして使っているのだが、JPLAYStreamerでは現状音源をWAVでしか受けることができないので致し方なし。代わりと言ってはなんだが、上のJRiverもMinimServerと組み合わせて聴いているので、純粋にプレーヤー同士の比較となっている。
20160417evo02
20160417evo01

 JPLAYにはデュアルPCモードという恐ろしい使い方もあるが、「理想のオーディオ用PC」という文脈でそれをやろうと思えばそのPCが二台必要になるので、ただでさえ高いハードルがますます高くなる。
 というわけで、普通にシングルPCモードでの音。

 背後に広がる録音時のノイズを潰すことなく明確に出してくるなど、情報量とそれが織り成す空気感の表現に優れる。
 音調に特段の色付けはなく、HYSOLIDと似たものを感じる。ソフトとしての性格も近ければ音も近い?とはいえ、音楽を前のめりに聴かせるだけの力を帯びており、単に真面目なだけの音ではない。
 さらなる伸びしろがあるというのは良いことだ。



 ところで話は変わるが、JRiverのJPLAY嫌いは有名な話で、JPLAYをインチキ呼ばわりしたうえで、「そんなもん使うな!」と公言している
 ユーザーとしてはメーカー同士の争いをヒャアおっかねえと眺めつつ、好きな方を選ぶだけである。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

LUMIN App Version 3.0

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第21回『パイレーツ・オブ・カリビアン3』

画質:14 音質:8 映像はAVCの完全不定。 音声はリニアPCMの4.6. 画質

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

Twonky Serverのトンキー病が直ったところで

アイ・オーのオーディオNAS“fidata”「HFAS1」、RAIDモード変更に対応 - Phile

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

BUFFALOの超高級NAS(価格的な意味で)

バッファロー、70万円超のオーディオ用NAS「N1Z」などハイレゾ新ブランド「DELA」

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑