*

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 「単体プレーヤー」とは、ネットワークオーディオのシステムにおける「プレーヤー」の役割を担う、オーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを指す。

全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 PC本体のストレージに依存しない、「プレーヤー」としてのストイックかつロックな使い方である。

 PCを「単体プレーヤー」とするためにピックアップしたのはこれらのソフト。

BubbleUPnP Server(JRiverとの組み合わせ)
JPLAY/JPLAYStreamer



 BubbleUPnP ServerとJRiverとの組み合わせは、つまるところJRiverのプレーヤー(DLNAレンダラー)機能の流用である。
 JRiverの再生機能とBubbleUPnP ServerによるOpenHome化が相まって、広範なアプリへの対応力と強力な再生能力が同時に得られる。
 使い慣れたアプリを使い続けることも可能であり、音楽再生のユーザビリティにおいて「単体オーディオ機器」から「オーディオ用PC」への乗り換えを意識せずに済む。
 この通りどこかで見たアプリも使える。
20160417evo09

 使うサーバーによって多少異なるものの、出てくる音はJRiverそのもの。この辺りはミュージックサーバー編を参照。



 JPLAYは当初様々な再生ソフトの再生エンジンを乗っ取る形で高音質化を図るソフトだったのが、JPLAYStreamerの実装によりそれ自体でOpenHome対応プレーヤーの機能を得た。
 餅は餅屋ということで、JPLAYStreamerは自前のコントロールアプリを持っていない。しかしまったく困らない。iOSにはKazooがあるし、androidにはBubbleUPnPがある。
 今回はEVO内蔵のMinimServerと組み合わせた。この時点で同一機器の中に「サーバー」と「プレーヤー」があるので事実上のミュージックサーバーとして使っているのだが、JPLAYStreamerでは現状音源をWAVでしか受けることができないので致し方なし。代わりと言ってはなんだが、上のJRiverもMinimServerと組み合わせて聴いているので、純粋にプレーヤー同士の比較となっている。
20160417evo02
20160417evo01

 JPLAYにはデュアルPCモードという恐ろしい使い方もあるが、「理想のオーディオ用PC」という文脈でそれをやろうと思えばそのPCが二台必要になるので、ただでさえ高いハードルがますます高くなる。
 というわけで、普通にシングルPCモードでの音。

 背後に広がる録音時のノイズを潰すことなく明確に出してくるなど、情報量とそれが織り成す空気感の表現に優れる。
 音調に特段の色付けはなく、HYSOLIDと似たものを感じる。ソフトとしての性格も近ければ音も近い?とはいえ、音楽を前のめりに聴かせるだけの力を帯びており、単に真面目なだけの音ではない。
 さらなる伸びしろがあるというのは良いことだ。



 ところで話は変わるが、JRiverのJPLAY嫌いは有名な話で、JPLAYをインチキ呼ばわりしたうえで、「そんなもん使うな!」と公言している
 ユーザーとしてはメーカー同士の争いをヒャアおっかねえと眺めつつ、好きな方を選ぶだけである。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

続・WAVとFLACで音は変わるか?

 前回の記事に寄せられたコメントから、以下の三つの問いを得た。 ①WAVから取り込んでFL

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質

記事を読む

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のPS3に対する感情は、普通のゲー

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑