*

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編



 DSP-Doradoは意外と(?)多機能なネットワークオーディオプレーヤーである。
 本懐であるDLNA/OpenHome対応の「プレーヤー」機能にくわえ、Roon Ready対応(まだベータだけど)、オプションでUSB入力も持つ。

 その辺の入力切替やら本体設定を行うにあたって、ブラウザでも設定できるほか、実はiOSのアプリが用意されている。せっかくなので今回はそれを使う。android版はまだないようだ。


 こんな感じで設定項目がある。



 とりあえず気にすべきは「Interface support」「Player support」「Default display」の三つか。


 まずは簡単な「Default display」から。
 表示する情報を色々と選べるが、まぁ……私はオフにするかな……



 続いて「Player support」。本機にとっていちばん大切な部分。
 DSP-Doradoを「プレーヤー」として機能させるためには、当然ながら上の「Interface support」で「Ethernet」を選んでおく必要がある。USBについては後述。


 動作モードは「MLPlayer」がDLNA、「Kinsky」がOpenHome。両方という選択肢もあるようだ。アプリの名前じゃなくてプラットフォームの名前にすればいいのにと思わなくもないが、動作検証済みのアプリやら何やらの問題で難しいんだろうか。


 やったぜ。


 ついにネットワークでDSD256を再生できるという喜び。
 まぁ、「再生できた」ことに満足して次の瞬間にはどうでもよくなるのだが。



 続いてRoon Readyプレーヤーとしての挙動について。
 何もせずとも「プレーヤー」と「Roon Readyプレーヤー」を併用できるLUMINのプレーヤーとは異なり、SFORZATOのプレーヤーは明示的に動作モードを選択する必要がある。
 「音質のために可能な限り余計なものを走らせない」という設計思想とのことなので、利便性は損なわれるが致し方なし。

 DLNA/OpenHome選択時はこの通り、RoonのZoneに現れない。


 「Player support」でRoonにすると選べる。まだUncertifiedだけど。



 Roon Readyプレーヤーとしての使用はところどころに得も言われぬ不安定さを感じるが、大きな問題はない。Uncertifiedだし仕方ないね。



 ちなみにRoon Readyプレーヤーとして正式に認証されるとシグナルパスでの表示がなんか豪華になる。下はLUMINの例。



 続いてUSB DACとしての挙動について。

 DSP-DoradoのUSBレシーバーやドライバはインターフェース株式会社のものを採用している。よって、こういう具合になる。



 さて。


 !?





 USB DACとして使用時、RoonのシグナルパスではPCM 768kHz/32bitを再生できていることになっているが、音は出なかった。

 DSP-DoradoのPCM 768kHz/32bitやDSD512対応は明記されていない。しかし、搭載しているES9038PROの仕様的には再生できてもまったくおかしくはないので、まぁそういうことなのだろう。RoonでSRCをいじっていたらしょっちゅう接続が切れたけど。
 ネットワーク入力でどうなるのかについては、Roon Readyに正式対応した際に機会があればあらためて検証してみたい。



 なお、「Interface support」や「Player support」を切り替える際、本体が再起動するため、ちょっとストレス。
 SFORZATOアプリは立ち上げの際にいちいちプレーヤーの認識に時間がかかるため、ちょっとストレス。
 そしてプレーヤー使用時・USB DAC使用時ともに、入力されるサンプルレートが変わるとカチッと音が鳴り、曲が始まるまでちょっとしたタイムラグがある。

 全体的に我慢できないほどではないが。



 それでは最後に、お待ちかねの「プレーヤー」機能テストである。


操作へのレスポンス:○
シーク:△(※)
スキップ:○
ギャップレス再生:○
音源のスペック表示:○
オンデバイス・プレイリスト:○
コントロールアプリ終了時の再生継続・プレイリストの同期ともに可

※fidata HFAS1-XS20(中身はTwonky Server)と組み合わせた際、シークがうまく機能しなかった。

 あと、Asset UPnP(R6)との組み合わせではそもそも再生できなかった。
 MinimServerでは問題なし。


 DSP-Doradoはガチのネットワークオーディオプレーヤーなので、レスポンスの検証もガチで行った。


CDフォーマットのアルバムを全曲プレイリストに登録して再生

音が鳴る

止める(音が止まるのを確認)

プレイリストをクリア(クリアされたのを確認)

192kHz/24bitのアルバムを全曲プレイリストに登録して再生

音が鳴る

プレイリスト内の3曲目を再生(音が鳴るのを確認)

止める(音が止まるのを確認)

5曲目を再生(音が鳴るのを確認)

止める(音が止まるのを確認)

プレイリストをクリア(クリアされたのを確認)


 という、日々の音楽再生を想定した操作を3セット行い、完走に要する時間を計測した。
 コントロールアプリにはiPad Pro(2017)で走らせるLUMIN App、サーバーソフトにはcanarino Filsで走らせるMinimServerを使用した。


DSP-Doradoの結果:

1回目:39.00秒
2回目:29.24秒
3回目:28.97秒


参考記録・LUMIN A1

1回目:29.57秒
2回目:26.65秒
3回目:24.68秒


参考記録・fidata HFAS1-XS20(DSP-DoradoとUSB接続)

1回目:17.53秒
2回目:16.75秒
3回目:17.88秒


 悪くない! (というよりfidataはええ……)
 いつぞやSFORZATOのプレーヤーがOpenHomeに対応したタイミングで借りたDSP-01の挙動は正直ぶっ飛ばしたくなったもんだが、これならじゅうぶん許容範囲だ。


 国産ネットワークオーディオプレーヤーの麒麟児もついにここまで来たのかと、勝手な感動を禁じ得ない。


 音質編に続く。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第31回『U-571』

潜水艦映画です。 知り合いの軍ヲタの紹介で知りました。実に面白い映画です。 とてつもない音響のソ

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『プレーヤー』を選ぶ

 そもそもネットワークオーディオにおける「プレーヤー」とは何か、ということについては、以下の記事で確

記事を読む

ジャングルジムのような何かを作った

 …………  …………!  …………!!

記事を読む

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内 【変更前】192k

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」。ストレージを2TB SSD

記事を読む

【アプリ紹介】Kinsky iPad版

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Kins

記事を読む

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑