*

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬
続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

SFORZATOに行ってきました



 DSP-DoradoはDSP-03の後継にあたるSFORZATOの第二世代のネットワークオーディオプレーヤーであり、上位のDSP-VelaからはDACをはじめとする多くの要素を引き継いでいる。

 今回は発売早々にオプションどっちも込みの試聴機をお借りすることができた。
 以前に取材の関係で一瞬だけDSP-03とDSP-01を迎え入れたことはあったが、じっくりとSFORZATOのプレーヤーを試すのは今回が初めてだ。
 
 ネットワークオーディオの黎明期から、国産の麒麟児として(一方的に)関心を寄せてきたSFORZATOの実力や如何に。


 というわけで、さっそく見ていく。



 ずいぶんと素敵なフロントパネルになったものだ。


 横から見るとこんな感じ。
 なお、フロントパネルのデザイン自体はDoradoと上位のVelaで同じだが、Velaの方がもうちょい手の込んだ形状になっているそうだ。


 背面。
 オプションのUSB端子は中央上側にある。
 凝った筐体には見えないが、そのぶんシンプルで、剛性感はじゅうにぶんに高い。


 付属する外部クロック。
 Doradoから電源の供給を受けて動作するという、ちょっと変わった仕様。
 ちなみに使用されているクロック自体はDSP-03と同じで、決して悪いものではないとのことだ。


 接続時は後ろにぴょこんと飛び出す格好となる。


 電源。
 足は標準でスパイク。
 写真を撮り忘れてしまったが本体との接続ケーブルはごつくてぶっとい。
 付属するケーブルの長さは通常1メートルで、注文時に長さは指定可能だそうだ。



 せっかくということで外部クロックのPMC-03もお借りした。
 背面を見なければDoradoの電源部と見分けがつかない。




 DSP-Doradoの説明書では、本体と電源部のケーブル接続には細心の注意を払うように念が押されている。間違えると確実に壊れるとかそういうアレ。
 接続ケーブル自体ごつくて太くてしかもかなり硬いので、ラック裏のスペースはそれなりに必要だし、あらかじめ置き場所を考えておくほうがいい。接続ケーブルとLANケーブルまたはUSBケーブルが接触しないような配線をしようと思えば、機器の配置はさらに難儀になる。


 さて、激突だ。



 設定・運用編に続く。

音質編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】鬼束ちひろ / Tiny Screams

・アーティスト / アルバムタイトル 鬼束ちひろ / Tiny Screams

記事を読む

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。 画質:8 音質:9 (評価の詳細につ

記事を読む

DigiFi No.27で記事を執筆しました

 本日発売。  表紙にもある チャンピオンモデルを探せ! 30万円以下DSD

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 導入編

 それなりに安い。  ファンレスで静か。  中身がTwonky Server。  ネットワ

記事を読む

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUHD BDはどうなる?

記事を読む

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。 【アプリ紹介】Plug

記事を読む

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.com/watch?v=p97Q

記事を読む

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入 画質:9 音質:14

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑