*

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 – JS PC Audio

【レビュー】JS PC Audio NH100


【魔境】ハブで音は変わるか?
【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編



 魔境注意。



 私には某氏の記事のように「ハブで音が変わるのはもはや常識」などと言う勇気はない。

 魔境。
 たとえ「ハブで音が変わる」という実感を得たとしても、それをもって「ハブで音が変わるからにはオーディオ用のハブを使わねばならぬ」などと煽るつもりはない。
 「そんなことを気にする前にやることがある」というのが私の立場である。

 もし、ネットワークオーディオの本懐を得るために必要な事柄をすべてこなし、システムの構築やセッティングで一通りのことをやって他にすることがなくなったのなら、試しに手を出してみるのもいい。ファイル再生の基礎基本となる音源管理はめちゃくちゃ、音楽再生の基礎基本となるスピーカーのセッティングもめちゃくちゃ、例えばそんな状況で「ハブで音が変わる!」なんて息巻いたところで、気にする順番がおかしいとしか言いようがない。

 わざわざデモ機を送ってくれたメーカーには申し訳ないのだが、これが偽らざる私の立ち位置である。



 というわけで、JS PC Audio HFS1000。

 私の愛機NH100が発売から三カ月そこそこであっという間に販売終了してしまい、凄まじい勢いで代替わりしたモデルである。
 DELAやfidataから次世代機あるいは上位機が登場し、「オーディオ用サーバーが製品ジャンルとして市場に受けれられたのだなあ」などとしみじみしている間に、「オーディオ用スイッチングハブ」が既に第三世代になっているという凄まじい世界である。しかもNH100のギガビット仕様よりも安くなっている……

 基本的に使っている箱が同じなのでHFS1000とNH100の外見には間違い探し程度の違いしかないが、それでも違いはある。(電源LEDは有無を選べるので問題ではない)


 まず、製品ページで「※ 2017年4月中旬出荷分より天板パネルの固定に小変更を加えております」とある通り、天板の真ん中にビスが追加されている。事実上のマイナーチェンジバージョンと言える。


 このビスによって内部でどのような構造の変化があったのかはわからない。ただしひとつだけわかるのは、NH100(つまり以前のモデル)に比べて明らかに剛性が増したということ。NH100では叩けばペコペコ鳴いていた天板がHFS1000では鳴かない。だからどうしたと言われればアレだが、筐体の強化はオーディオ機器の大きなテーマである。これが最終的な出音に影響を及ぼしても不思議ではない。

 背面はまぁ誤差の範疇。


 なお、本機はオプションで銅板シールドを追加できるのだが、試聴機の仕様は不明。
 たぶん追加してるんじゃないか。



 で、音。

 NH100と比べた、HFS1000の音。



 …………



 ……



 たしかに、良くなっている。

 少なくとも悪くはなっていないし、同じ音でもない。
 NH100の音が100なら、HFS1000はとりあえず101はあるかな。
 「みゆはん / 自己スキーマ / ぼくのフレンド」のアレな音空間(察して)の中から、ボーカルに微かに重なるエコーめいたコーラスの存在を際立たせるくらいの効果はある。

 かつて単純に必要に駆られて使っていたギガビットハブとNH100を比べた時は魔境の深みに恐れおののくレベルの差を感じたものだが、さすがに今回の比較ではそこまでの違いはなかった。
 とはいえ、確かに違いはあるのだ。特定の要素が良くなるというよりも、全体的な底上げの方向で。


 私は伊達と酔狂と理性のせめぎあいの果てに導入したNH100をもって、「これ以上ハブは気にしない」ことにしている。そして、NH100とHFS1000の差に再投資するかと言われれば答えは「否」である。しかし、これは既に私がNH100を使っているからこう思うのであって、Wi-Fiルーター直繋ぎやその辺で何気なく使われているハブと比べれば、HFS1000の価値は確かにある。


 「オーディオ用スイッチングハブ」という製品ジャンルが存在し、モデルチェンジを続けて磨きをかけていっているという事実に、一人のオーディオファイルとして畏敬の念を抱かずにはいられない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ホームシアターでゲームをしよう!】「映画的なゲーム」はもっと評価されるべき

 恐縮だが、第1回の前にちょいと昔語りに付き合ってくれないか?  ゲームと一言

記事を読む

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - avwatch  この

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 - DAR

記事を読む

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

【Roon】関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

【UHD BDレビュー】第22回『プロメテウス』 北米盤

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑