*

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 – JS PC Audio

【レビュー】JS PC Audio NH100


【魔境】ハブで音は変わるか?
【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編



 魔境注意。



 私には某氏の記事のように「ハブで音が変わるのはもはや常識」などと言う勇気はない。

 魔境。
 たとえ「ハブで音が変わる」という実感を得たとしても、それをもって「ハブで音が変わるからにはオーディオ用のハブを使わねばならぬ」などと煽るつもりはない。
 「そんなことを気にする前にやることがある」というのが私の立場である。

 もし、ネットワークオーディオの本懐を得るために必要な事柄をすべてこなし、システムの構築やセッティングで一通りのことをやって他にすることがなくなったのなら、試しに手を出してみるのもいい。ファイル再生の基礎基本となる音源管理はめちゃくちゃ、音楽再生の基礎基本となるスピーカーのセッティングもめちゃくちゃ、例えばそんな状況で「ハブで音が変わる!」なんて息巻いたところで、気にする順番がおかしいとしか言いようがない。

 わざわざデモ機を送ってくれたメーカーには申し訳ないのだが、これが偽らざる私の立ち位置である。



 というわけで、JS PC Audio HFS1000。

 私の愛機NH100が発売から三カ月そこそこであっという間に販売終了してしまい、凄まじい勢いで代替わりしたモデルである。
 DELAやfidataから次世代機あるいは上位機が登場し、「オーディオ用サーバーが製品ジャンルとして市場に受けれられたのだなあ」などとしみじみしている間に、「オーディオ用スイッチングハブ」が既に第三世代になっているという凄まじい世界である。しかもNH100のギガビット仕様よりも安くなっている……

 基本的に使っている箱が同じなのでHFS1000とNH100の外見には間違い探し程度の違いしかないが、それでも違いはある。(電源LEDは有無を選べるので問題ではない)


 まず、製品ページで「※ 2017年4月中旬出荷分より天板パネルの固定に小変更を加えております」とある通り、天板の真ん中にビスが追加されている。事実上のマイナーチェンジバージョンと言える。


 このビスによって内部でどのような構造の変化があったのかはわからない。ただしひとつだけわかるのは、NH100(つまり以前のモデル)に比べて明らかに剛性が増したということ。NH100では叩けばペコペコ鳴いていた天板がHFS1000では鳴かない。だからどうしたと言われればアレだが、筐体の強化はオーディオ機器の大きなテーマである。これが最終的な出音に影響を及ぼしても不思議ではない。

 背面はまぁ誤差の範疇。


 なお、本機はオプションで銅板シールドを追加できるのだが、試聴機の仕様は不明。
 たぶん追加してるんじゃないか。



 で、音。

 NH100と比べた、HFS1000の音。



 …………



 ……



 たしかに、良くなっている。

 少なくとも悪くはなっていないし、同じ音でもない。
 NH100の音が100なら、HFS1000はとりあえず101はあるかな。
 「みゆはん / 自己スキーマ / ぼくのフレンド」のアレな音空間(察して)の中から、ボーカルに微かに重なるエコーめいたコーラスの存在を際立たせるくらいの効果はある。

 かつて単純に必要に駆られて使っていたギガビットハブとNH100を比べた時は魔境の深みに恐れおののくレベルの差を感じたものだが、さすがに今回の比較ではそこまでの違いはなかった。
 とはいえ、確かに違いはあるのだ。特定の要素が良くなるというよりも、全体的な底上げの方向で。


 私は伊達と酔狂と理性のせめぎあいの果てに導入したNH100をもって、「これ以上ハブは気にしない」ことにしている。そして、NH100とHFS1000の差に再投資するかと言われれば答えは「否」である。しかし、これは既に私がNH100を使っているからこう思うのであって、Wi-Fiルーター直繋ぎやその辺で何気なく使われているハブと比べれば、HFS1000の価値は確かにある。


 「オーディオ用スイッチングハブ」という製品ジャンルが存在し、モデルチェンジを続けて磨きをかけていっているという事実に、一人のオーディオファイルとして畏敬の念を抱かずにはいられない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoo

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

【おしらせ】音展2014に参加します

 ユーザー代表? として、LUMIN製品について話すことになりました。  会場と時間帯は以

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

【音源管理の精髄】 Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 本題である。  前々から言っているとおり、正直なところ私はDSD音源にあまり興味がない。

記事を読む

曲順がアルバム通りに並ばなかったり表示される画像がぼやけたりするのはコントロールアプリが原因ではない

 ネットワークオーディオにおいて、曲順がアルバム通りに並ばなかったり表示される画像がぼやけたりするの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Natalie Merchant / Natalie Merchant

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Natal

記事を読む

Dynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く

 今手元にAVアンプがないので、普段はサラウンドバックスピーカーとして使っているDynaudio A

記事を読む

【UHD BDレビュー】総まとめ

 善い画、善い音は映像鑑賞の楽しみを最大化する。  画質と音質にこだわることで、ただでさえ大好きな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑