*

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。



ネットワークオーディオの魔境を往く



 今回の魔境はかなり深い。



 興味のない人は今すぐ回れ右。



 これからネットワークオーディオを始めようと意気込んでいる人も、こんな話題はネットワークオーディオの本質とは何の関係もないので、特に気にする必要はない。





 「ハブで音が変わるとかwwwwwwwwwww」という反応は一般的に考えて至極当然であり、正常であり、普通であり、これが現実である。

 ではなぜこんな魔境に踏み入るかというと、困ったことに、悲しいことに、私はオーディオマニアでもあるからだ。良い音が実現される可能性があるのなら、興味と意欲と資金が続く限り(ここ重要)どのような営為にも手を染めるという性には逆らえない。
 結果的に何かしらの効果が認められれば、一般的には笑い飛ばされるだけという現実は変わらずとも、少なくとも良い音を求める者にとっては価値が生じるのである。

 良い音を求めるという営為はただそれだけで楽しい。
 一方で、私は常にオーディオマニアとしての私を疑い、監視し、批判し、笑っている。
 たとえオーディオの深淵に囚われるとも、自分は深淵にいるのだと判断できる心をその縁に留め置かなければ、様々な意味でのバランス感覚が失われて破局を迎える未来しか見えない。立ち位置の自覚とバランス感覚。



 つまるところ、この記事はある種の笑い話である。
 繰り返すが、こんな話題はネットワークオーディオの本質とは何の関係もなく、ネットワークオーディオ本来の価値とは無縁のものであることを強調しておく。













 前置きという名の申し開きはした。
























 さて、ネットワークオーディオには必然的にネットワークが必要になる。

 でもって、接続の安定性の観点から、サーバーもしくはプレーヤーを担う機器は有線での接続が基本となる。

 そのため、設置その他諸々の条件から無線LANルーター一台で全ての機器の有線接続を賄えない場合、望むと望まざるとにかかわらず、何らかのハブ(スイッチングハブ)が必要になる。
 


 コレがうちの環境。
 ラックの向かって右側にハブを置き、そこからLUMIN A1とLUMIN L1に繋いでいる。ハブには部屋の後ろにあるAV機器用のハブからケーブルをさらに引っ張ってきている。
20160616JS PC Audio09

 使っているハブはコレガのBSW08GTX。
 金属筐体のそこそこずっしりしたギガビットハブで、今の部屋がおおむね仕上がった三年ほど前から使っている。以来一度の動作不良を起こすこともなく、数多のネットワークオーディオ実験を共にしてきた。
20160616JS PC Audio05

 ちなみにトラバーチンの重りを置いているのは、凶悪に硬いaudioquest Vodkaを接続すると筐体が浮いてしまうからである。見た目はアレだが仕方ないね。
20160616JS PC Audio06


 なぜコレガのコレを選んだのかは正直なところ覚えていない。
 どうせ上記のように設置の関係で必要に駆られ、何となくプラスチックより金属筐体の方がいんじゃね? という発想でしかなかったと思うが。

 とにかく、BSW08GTXはハブとして何ら不満を感じさせるものではなかった。


 ところが困ったことに、悲しいことに、私はオーディオマニアだった。
 特にQNAP TS-119にアナログ電源を使うと音が変わるという体験をして以来、忌々しくも振り払い難いある思いが胸中に渦巻くようになってしまった。


 ハブで音は変わるか?


 この手の話は何も今に始まったものではなく、LANケーブルほどメジャーではなくとも、ネットワークオーディオの黎明期から繰り返し語られてきたものだ。
 で、私のこの手の話に対する態度は今も昔も変わっていない。


 別に変わってもいいけど、そんなもん気にする前にやることがあるだろ!


 【音源管理の精髄】&【ネットワークオーディオTips】を一通り書き揃え、やることをやったと判断して魔境探検を記事にすることを解禁してからも、ハブの問題は常に喉に刺さった小骨であり続けた。

 実際、BSW08GTXはシステムに直接的に接続されている機器の中で唯一「オーディオ用途を一切考えていないスイッチング電源」を搭載している。
 スイッチング電源を悪く言うつもりは毛頭ない。しかし、先のTS-119での経験もあり、困ったことに、悲しいことに、オーディオマニアである私は「ひょっとしたら悪影響を与えているかもしれない」との不安を抱いてしまった。
 というわけで、ハブで音が云々というよりは、ハブの中のスイッチング電源に意識が向いていた。「ハブで音を良くする」なんて発想はそもそも存在せず、あくまでも「ボトルネックを排除する」という方向である。


 ここにきてBSW08GTXの製品仕様が問題になった。
 これではTS-119のような対策を打てない。
20160616JS PC Audio04

 BSW08GTXには何の罪もない。
 悪いのは数年前に今日の状況を予見できなかった私である。


 そこで外部電源を使えるハブを新しく買ってもよかったのだが、困ったことに、悲しいことに、私はオーディオマニアだった。
 「せっかく買うなら……」と思ってしまったのである。


 その結果がコレ。


20160616JS PC Audio03-2


JS PC Audio NH100


 「ハブで音は変わる」という前提に立ち、「ならどうする?」をとことん突き詰めたハブ。前モデルのNH10の時から注目はしていたが、NH100にモデルチェンジしたことで、これ以上はあるまいという感がさらに強まった。
 そりゃもうオーディオマニアとしての私は大喜びである。

 まるで自慢できない私のオーディオ史上最も伊達と酔狂を注ぎ込んだ買い物には他ならず、「これで未来永劫不安が解消されるなら安いもんだろ! 最初で最後だから!」というオーディオマニアとしての私の発想に、他ならぬ私自身が一番呆れ果てている。

 しかしまぁ、不安がなくなるというのは実際大切だ。



 そして、肝心の音だが……


 ……


 …



 エージングが要るらしいのでまた今度。

 NH100の詳細は別記事で。


【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ハード編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

B&W 800 D3 – new 800 diamond series

 ついに発表となった。  画像は公式HPから。  動画まである。

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借りした。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑