*

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編


 前回の続き。

 ……ところで、なんかアルバムのサムネイル粗くない?(要拡大)


 やっぱりな。
 私の目は誤魔化せない。


 これでよし。(要拡大)



 さて。
 代理店側でいろいろと音源を用意してくれているとはいえ…………



 …………とにかく自分の音源を入れないことにははじまらない。

 AurenderはLAN経由とUSBストレージ直の二通りの方法でファイル転送が出来るのだが、せっかくのネットワークオーディオなんだし、やっぱりここはLAN経由だろう。
 この辺の情報は気合いの入った公式HPを参照。


 PCのエクスプローラーから……


 と、ここでユーザー名とパスワードの入力が求められる。
 これらの情報はアプリ→設定→「Aurender ファイル共有」から確認できるので、それを入力。


 するとこうなる。



 あとはここに音源ファイルをコピペすればいい。

 この手の製品でこんだけ転送速度が出ればじゅうぶんだろう。



 それでは運用編である。

 専用コントロールアプリ「Aurender Conductor」は公式で非常に気合いの入ったオンラインマニュアルが用意されているので、詳細はそっちを見てもらうとして、私は実際に使っての所感を書いていく。



 Aurender Conductorは、端的に言って、良く出来ている
 見た目から受ける印象を裏切らない、見事な完成度のコントロールアプリと言える。

 もっとも、「音楽再生のコントロールを外部端末で行うとはどういうことなのか」を理解していなければ、このようなデザインに辿り着くことすらできないのだから、当然と言えば当然なのかもしれない。


 再生中の音源のアルバムアートをタップすると全画面表示に移行する。


 さらにタップすると、情報表示とともに一通りの再生操作が可能となる。
 この状態から再生中のアルバム/キュー(つまりプレイリスト)も表示でき、ある程度再生中の音源にフォーカスしつつ操作が行える。





 iPad Air2を使う限りでは、「高解像度カバーを使用」しても、音源のブラウズは基本的にスムーズ。ばーっとスクロールしてもひっかかりやアルバムアートの表示遅延が起きることはなかった。お見事。

 ブラウズ領域とプレイリストウィンドウは必要に応じて、スワイプで左右にぐいーんと広げられる。



 タグを駆使してライブラリを駆け巡る仕組みや、プレイリストへの登録周りの挙動も充実している。
 さすがによくわかっているといったところか。






 AurenderのミュージックサーバーはTIDAL/Qobuzにも対応している。


 アカウントを設定すれば、ブラウズ領域でローカルのライブラリ(最初「a」が何のことかわからなかったが、aurenderの「a」か!)と切り替えられる。
 そしてなんと、LUMIN同様、TIDAL Mastersを明示するMQAのアイコン付き。だいぶ好きになってきたぞ。


 TIDAL Mastersではこのとおり。


 ローカルの音源とTIDALの音源で、ブラウズ/プレイリスト周りの機能差はない。





 なお、この時接続していたUSB DACはiFi-Audio nano iDSD。
 何かしら設定等は必要なく、繋いだらそのまんま使えた。

 繋げるUSB DACにあわせて、細かい部分まで配慮した設定項目も用意されている。




 最後に、いつもの「プレーヤー」としての機能チェック。

操作へのレスポンス:良好
シーク:○
スキップ:○
ギャップレス再生:○
音源のスペック表示:○
オンデバイス・プレイリスト:○


 パーフェクト。



 次回、音質編に続く。



【レビュー】Aurender N100H


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

 というわけで、ボードである。  選択肢は二つあった。  Audience122同様にトラバ

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi / DigiFi No.28付録音

記事を読む

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ」表記を推奨。今後の普及拡大に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】 Asset UPnP for QNAP Testバージョンを追う

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化され

記事を読む

【UHD BDレビュー】第26回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 米国盤 【Dolby Atmos】

 ディズニーは日本でUHD BDを売るつもりはないのか……? 画質:8(HDR10

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑