*

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、
 iPhone/androidでも使えるようになったし、

 TIDALに対応したし、
 Qobuzに対応したし、
 Roon Readyにもなったし、

 Spotifyに対応予定だし、
 さらにMQAにも対応予定。


 「単体ネットワークオーディオプレーヤー」という本質を堅持し、同ジャンルにおける最高度の性能を維持し続けるだけでなく、ストリーミングの興隆やRoonによる新たなユーザー・エクスペリエンスの登場をも貪欲に取り込んでいく。
 機能面で目まぐるしい進歩/陳腐化が繰り広げられるファイル再生の領域において、フットワークの軽いPCと再生ソフトの組み合わせではなく、今なお単体プレーヤーを使い続けていられているのは、ひとえにLUMINというプレーヤーの資質があってこそだ。

 LUMIN A1自体は登場から既に4年が経つ。トラポやアンプ一体型もいいけれど、そろそろ「次」が出てきたところで、誰も文句は言うまい。
 既に「LUMINというプラットフォーム」は完成している。ネットワークオーディオプレーヤーにおいて真に重要な「快適な音楽再生を実現・保証するプラットフォーム」は出来上がっているのだから、純粋に再生部分のブラッシュアップをすればいい。

 あとは、ユーザーにハードウェアアップグレードが提供されるか否か。
 ファイル再生の領域は本当に誘惑……もとい、魅力的な製品が多い。しかも、目に付くのは基本的にUSB DACばかりである。そんな状況下で、あえて単体プレーヤーを使い続けようとユーザーに思わせるからには、メーカーとして相応の努力が必要になる。この辺の姿勢はLINNを見習ってほしいものだが、どうなることやら。
 私の「次」も、どうなることやら。



 ところで先日、LUMIN Appで素敵なアップデートがあった。



 Roon Ready機能の明示的なオンオフはまぁいいとして……


 重要なのはTIDAL Mastersの表記。
 LUMIN本体のMQA対応と歩調を合わせたものだろう。
 本体側のアップデートはいつになるのだろうか。



 コレが、


 こうなった。





 そうそう、こういうのが欲しかったんだよ!


 参考:RoonのTIDAL Masters




 本当に、LUMINというブランドは、ユーザーが必要としているものを理解している。



LUMIN A1、導入2周年


【レビュー】LUMIN A1

コントロールアプリの検証 『LUMIN App』

Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

B&W CM Series 2登場

 ますますすっきりしたデザインになった。  順当なシリーズ刷新。  どうやらCMシリーズ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Fourplay / Fourplay

・アーティスト / アルバムタイトル Fourplay / Fourplay ・購入元 H

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com  待

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ  canarino Filsはまだ何度か

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

→もっと見る

PAGE TOP ↑