*

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、
 iPhone/androidでも使えるようになったし、

 TIDALに対応したし、
 Qobuzに対応したし、
 Roon Readyにもなったし、

 Spotifyに対応予定だし、
 さらにMQAにも対応予定。


 「単体ネットワークオーディオプレーヤー」という本質を堅持し、同ジャンルにおける最高度の性能を維持し続けるだけでなく、ストリーミングの興隆やRoonによる新たなユーザー・エクスペリエンスの登場をも貪欲に取り込んでいく。
 機能面で目まぐるしい進歩/陳腐化が繰り広げられるファイル再生の領域において、フットワークの軽いPCと再生ソフトの組み合わせではなく、今なお単体プレーヤーを使い続けていられているのは、ひとえにLUMINというプレーヤーの資質があってこそだ。

 LUMIN A1自体は登場から既に4年が経つ。トラポやアンプ一体型もいいけれど、そろそろ「次」が出てきたところで、誰も文句は言うまい。
 既に「LUMINというプラットフォーム」は完成している。ネットワークオーディオプレーヤーにおいて真に重要な「快適な音楽再生を実現・保証するプラットフォーム」は出来上がっているのだから、純粋に再生部分のブラッシュアップをすればいい。

 あとは、ユーザーにハードウェアアップグレードが提供されるか否か。
 ファイル再生の領域は本当に誘惑……もとい、魅力的な製品が多い。しかも、目に付くのは基本的にUSB DACばかりである。そんな状況下で、あえて単体プレーヤーを使い続けようとユーザーに思わせるからには、メーカーとして相応の努力が必要になる。この辺の姿勢はLINNを見習ってほしいものだが、どうなることやら。
 私の「次」も、どうなることやら。



 ところで先日、LUMIN Appで素敵なアップデートがあった。



 Roon Ready機能の明示的なオンオフはまぁいいとして……


 重要なのはTIDAL Mastersの表記。
 LUMIN本体のMQA対応と歩調を合わせたものだろう。
 本体側のアップデートはいつになるのだろうか。



 コレが、


 こうなった。





 そうそう、こういうのが欲しかったんだよ!


 参考:RoonのTIDAL Masters




 本当に、LUMINというブランドは、ユーザーが必要としているものを理解している。



LUMIN A1、導入2周年


【レビュー】LUMIN A1

コントロールアプリの検証 『LUMIN App』

Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第86回『ゴッドファーザー』

画質:3、条件付6 音質:7 映像はAVC、ビットレートはわりと高めに推移。 音声はドル

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

【アプリ紹介】DiXiM DMC iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月20日時点のものです ●イントロダクション

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』  今度はiPhone版。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第97回『ダークシティ』 北米盤

※日本盤は買ってはいけない。画も音も劣化した挙句ディレクターズカット版ではない※ 画質

記事を読む

【音源管理の精髄】 タグ編集&CDのリッピングにかかる時間 【ネットワークオーディオTips】

 タグの編集と管理はめんどくさい。  確かにめんどくさい。  それは事実だ。  では、どれ

記事を読む

【おしらせ】『季刊NetAudio vol.17』に記事を書きました

1月19日発売! 『ネットオーディオvol.17』はハイレゾ時代に必須の情報満載!  特集

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑