*

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAurender。

 Linuxベースの自社プラットフォームと専用コントロールアプリ「Aurender Conductor」により、ネットワークオーディオの三要素を高い完成度で網羅しており、ネットワークオーディオの領域、特にミュージックサーバーの分野を語る際に決して忘れてはいけないブランドである。特に、OpenHomeだのRoonだのに頼らずに、あくまでも独自のプラットフォームを磨き上げているという点は注目に値する。

 ……だがしかし、いかんせん今まで製品に触れる機会がまったくなく、Aurenderの製品にせよアプリにせよ、種々の情報や主に海外から伝わってくるレビューで「良さそうだなあ」とは思いつつも、実際のところどんなもんなのかは判然としなかったのも事実。

 そして今回、願えばかなうというか一念岩をも通すというか、とうとうAurender製品をじっくりと試用する機会を得た。
 お借りしたのはN10とN100Hの二機種。N100Hは後々音質比較に使うとして、基本的にN10を見ていくことにする。



 N10の外観。





 筐体は全方位的に頑健重厚な作りとなっており、手に持つと思わず「オオッ……」と声が漏れる。オーディオ機器はこうでなくちゃ。
 フロントパネルには電源、ディスプレイ、ごく基本的な操作ボタンが用意されている。


 ディスプレイは音源の情報表示(曲名・アーティスト名・フォーマット)のほか、アプリまたは前面操作ボタンからソースレベルメーター(青/黄)にも切り替えできる。
 音源情報は日本語(漢字/平仮名/片仮名)にフル対応のようだ。
 表示される文字のサイズが大きいので、離れていてもそれなりに見える。読める。







 ソースレベルメーターが何の役に立つかは正直言って謎。
 まぁ、見た目はなんとなく面白いのだが。


 なお操作ボタンの「三」を何度か押すと、本機の名称とIPアドレスがディスプレイに表示される。気の利いた機能である。



 というわけで、ここからは導入の流れ。



 N10をネットワークに繋ぎ、電源を入れて、専用アプリ「Aurender Conductor」を起動する。


 さて……
 まずは設定。歯車マークは全世界共通の「設定」のしるし。


 最初に使うAurender製品を選ぶようだ。


 ……


 !?



 この手の製品で使用に際してパスワードの入力を求められたのは初めてだ。
 そして無事に繋がったようだ。




 これで使う用意は整った。
 Aurender Conductorはコントロールアプリの基本要素を綺麗に網羅した見事なデザインである。



 次回、運用編に続く。


【レビュー】Aurender N10 音質編


【レビュー】Aurender N100H



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ヘラクレス堕つ

ドルビーアトモス第2弾 ! 『ヘラクレス』 (3D/2D Blu-Ray with Dolby At

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPhone版)

コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)  今度はiPhone版。

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

 というわけで、ボードである。  選択肢は二つあった。  Audience122同様にトラバ

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑