*

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAurender。

 Linuxベースの自社プラットフォームと専用コントロールアプリ「Aurender Conductor」により、ネットワークオーディオの三要素を高い完成度で網羅しており、ネットワークオーディオの領域、特にミュージックサーバーの分野を語る際に決して忘れてはいけないブランドである。特に、OpenHomeだのRoonだのに頼らずに、あくまでも独自のプラットフォームを磨き上げているという点は注目に値する。

 ……だがしかし、いかんせん今まで製品に触れる機会がまったくなく、Aurenderの製品にせよアプリにせよ、種々の情報や主に海外から伝わってくるレビューで「良さそうだなあ」とは思いつつも、実際のところどんなもんなのかは判然としなかったのも事実。

 そして今回、願えばかなうというか一念岩をも通すというか、とうとうAurender製品をじっくりと試用する機会を得た。
 お借りしたのはN10とN100Hの二機種。N100Hは後々音質比較に使うとして、基本的にN10を見ていくことにする。



 N10の外観。





 筐体は全方位的に頑健重厚な作りとなっており、手に持つと思わず「オオッ……」と声が漏れる。オーディオ機器はこうでなくちゃ。
 フロントパネルには電源、ディスプレイ、ごく基本的な操作ボタンが用意されている。


 ディスプレイは音源の情報表示(曲名・アーティスト名・フォーマット)のほか、アプリまたは前面操作ボタンからソースレベルメーター(青/黄)にも切り替えできる。
 音源情報は日本語(漢字/平仮名/片仮名)にフル対応のようだ。
 表示される文字のサイズが大きいので、離れていてもそれなりに見える。読める。







 ソースレベルメーターが何の役に立つかは正直言って謎。
 まぁ、見た目はなんとなく面白いのだが。


 なお操作ボタンの「三」を何度か押すと、本機の名称とIPアドレスがディスプレイに表示される。気の利いた機能である。



 というわけで、ここからは導入の流れ。



 N10をネットワークに繋ぎ、電源を入れて、専用アプリ「Aurender Conductor」を起動する。


 さて……
 まずは設定。歯車マークは全世界共通の「設定」のしるし。


 最初に使うAurender製品を選ぶようだ。


 ……


 !?



 この手の製品で使用に際してパスワードの入力を求められたのは初めてだ。
 そして無事に繋がったようだ。




 これで使う用意は整った。
 Aurender Conductorはコントロールアプリの基本要素を綺麗に網羅した見事なデザインである。



 次回、運用編に続く。


【レビュー】Aurender N10 音質編


【レビュー】Aurender N100H



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

 ついに完結? 画質:10 音質:13 映像:AVC 音声:ドルビーTR

記事を読む

オンキヨー TX-NR3030

オンキヨー、Dolby Atmos/HDCP 2.2対応の最上位AVアンプ  ついに一体型

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

BubbleUPnPとJPLAY 6.2がQobuzに対応

 BubbleUPnPがQobuzに対応。  汎用アプリでありながらTIDALとQobuzに両対応

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

【BDレビュー】第320回『白鯨との闘い』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【CES2016】続・ネットワークオーディオ色々

 やっぱり終わってから色々と記事が上がってきた。 Cary Audio AiOS Netw

記事を読む

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑