*

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編
【レビュー】Aurender N10 運用編 ←専用アプリについてはこちらを参照
【レビュー】Aurender N10 音質編


 Aurenderのエントリークラスに相当するモデルにはX100Lという製品も用意されているが、N100Hはその後に出てきたモデルである。
 多くの人にとって必要十分であろう2TBという容量やリニア電源の搭載など、エントリーモデルとしてよりシンプルかつ上手にツボをおさえた仕様となっている。



【外観・運用】



 Aurenderの製品哲学はエントリーモデルであるN100Hでも徹底されている。
 イメージ的には「ハーフサイズになったN10」であり、分厚い金属の鎧を纏ってかたくてごつくてずっしり、モノとしての安っぽさは皆無。


 デジタル出力はUSB単独となっている。
 この御時世、エントリーモデルとして真っ当な判断である。


 ディスプレイは一つだけになり、結果的に情報表示の密度が増しているが、視認性は依然として良好。



 専用のコントロールアプリ「Aurender Conductor」はN10と同様にスムーズに動く。
 同一ネットワーク内に複数のAurender製品があれば、アプリの側で操作する機器を選択する。



 N100Hは搭載するSSDの容量がN10の半分の120GBになっているものの、操作や音楽再生のレスポンスにおいて何かしらの劣化を感じることはなかった。
 音楽再生時はN10と同様、プレイリスト(キュー)に曲を放り込んだ時点でHDDからSSDにキャッシュが始まり、気付いた時には無音となっている。



【音質】



・再生環境詳細

Aurender N100H

OPPO Sonica DAC

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



・聴いた曲

いつもの



・音質所感

 N10との比較が念頭にある。

 N10の美点を正しく継承する「Aurender」の音と言うべきで、音楽に積極性を付加する陽性の音は健在。
 しかし、オーディオ的な諸性能――情報量・解像感、くわえて静寂感や空気感の表現では価格なりにN10とは差がある。結果的にメリハリのきいた「陽性の音」――Aurenderならではの色はN10よりも濃く感じる。オーディオ機器は価格が上がれば上がるほど、基礎性能の上昇と共に音色的には無色透明清廉潔白になっていく傾向がある(ように感じる)ので、N10とN100Hの関係もこれに沿って理解できる。

 ただしなんでも明るく楽しく聴かせてはいおしまい、という短絡的かつ特徴的なだけの代物ではなく、ネットワークオーディオトランスポートとして相応の実力は持っている。滲みやノイズ感の無さ、空間の広がりなど、普通のPCをそのままUSB DACに繋いだのでは到底出せないレベルにある。USB DACとの接続にあえて「PCを使わない」という選択をした甲斐があった、と思えるほどには。

 機能・音質・価格面で直接的な競合は再びDELAのN1ZHかfidata(通常モデル)ということになろうが、やはりどれを選んだところで後悔はするまい。
 ただ、ミュージックサーバーとしては基本的に汎用アプリで操作することになるDELAとfidataとは異なり(fidataは専用アプリを作っているようだが)、Aurenderはコントロールアプリも含めて自社で完結している。そのため、実際にAurender製品を触ってみないことにはアプリを試すこともできず、その人にとって感触が合うか否かがわからない。
 というわけで、導入に際しては、とにかく一度触ってみることをおすすめする。ネットワークオーディオは触ってナンボ、実際に使ってナンボだ。



 上位機種に当たるN10の価格は999,000円。
 それに対してN100Hの価格は421,200円。

 価格だけを見れば半額以下だが、N100Hはミュージックサーバーとして、Aurender製品としてのエッセンスを何ひとつ取りこぼしてはおらず、製品価値まで半分以下なんてことには絶対にならない。
 音質はホレ、当然ながら良いものは高い、ということである。


 N10にせよ、N100Hにせよ、Aurender製品を導入すれば、その時点で「DAC以前」は終わる。
 「サーバーソフトは何を使うべきか」とか「使いやすコントロールアプリは何か」とか、その辺のことをいちいち考える必要がないのである。
 「これ以上気にしなくていい」、なんと素晴らしいことか。

 それでも気になるとしたら、あとは音質面だけだろう。
 そしてその場合でも、現状で享受している音楽体験を一切損なうことなく上位機種への道が用意されているのだから、ユーザーにとってこんなに喜ばしいことはあるまい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - avwatch  この

記事を読む

PCオーディオはもっと自由になれる

ネットワークオーディオの本質 『ネットワークオーディオ』とは何か  ネットワークオー

記事を読む

【UHD BDレビュー】総まとめ

 善い画、善い音は映像鑑賞の楽しみを最大化する。  画質と音質にこだわることで、ただでさえ大好きな

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 MediaMonkeyでリッピング

 38ドルが惜しいという人はMediaMonkeyでリッピングもしてしまおう。  Medi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。 色々思うことはありますが、それはおま

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割 【ネットワークオーディオTips】

 復習と予習を兼ねて、以下の二つの記事を読んでほしい。 ネットワークオーディオの三要素――

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoo

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑