*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。



 ネットワークオーディオの究極のメリットとは、「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ」である。

 で、その基盤にあるのが、音源をデジタルファイルとして扱うことによる、ディスクの縛りから解放された音楽へのアクセス性である。
 聴きたい曲を、聴きたいように、好きなだけ聴けるという喜び。

 そしてこの部分を担うのが、コントロールアプリにおける基本要素の一つ、「プレイリスト」である。

 プレイリストがあるからこそ、例えば「Roundaboutをひたすらバージョン違いで聴きまくる」なんて芸当が可能になる。
 こんな風に。
20150321プレイリスト19


 そもそも「プレイリスト」とは何か。
 ソフトによっては呼び方が違うし、色々と説明の仕方もあるだろうが、とりあえず、「音楽を聴く際の一時的な再生曲のリスト」、といった感じだろうか。この「一時的」というのが肝になる。

 別にネットワークオーディオにおけるコントロールアプリに限った話ではなく、
 要はMediaMonkeyのコレとか、
20150321プレイリスト17
 iTunesのコレも当記事で扱うプレイリストだと言える。
20150321プレイリスト18


 大前提として、ネットワークオーディオでは、「ブラウズによって聴きたい音源を選び、それをプレイリストに登録する」ことによって音楽が再生される。

 プレイリスト絡みの挙動はアプリによってかなり異なるが、ここでは一例としてLUMIN Appを使用する。

 これがプレイリストに何も登録されていない状態。
20150321プレイリスト01

 ブラウズ画面から聴きたい曲をタップし、プレイリストに登録する。
 この時、アルバム内の曲順とプレイリストの曲順は無関係である。曲を飛ばす、順序を入れ替える、何でもあり。これが「聴きたい曲を聴きたいように」と言う所以である。
20150321プレイリスト02

 もちろん、別のアルバムの曲も次々と、好き勝手にプレイリストに登録していける。
 左下の赤枠で囲ったボタンは後で重要になる。
20150321プレイリスト03


 このように、プレイリストは単にネットワークオーディオに限った話ではなく、そもそも音源をデジタルファイルとして扱う際の「音楽を聴くためにいちいちディスクを交換する必要が無い」・「聴きたい曲を、聴きたいように、好きなだけ聴ける」というメリットを享受するために必要不可欠である。そして、プレイリスト絡みの挙動はコントロールアプリ全体の操作感に著しく影響する。

 もし、このプレイリスト機能を搭載せず、「アルバム単位でしか再生できない」なんてコントロールアプリがあったら、そんなものはネットワークオーディオを名乗る遥か以前の段階で論外であると言わざるを得ない。そんなものを使うくらいなら素直にCDプレーヤーを使うわ。

 まさか、2015年にもなってそんなコントロールアプリなんて実在しないよね? ね?


 ……


 …


 ところでこの「プレイリスト」、時として別の名で呼ばれることがある。
 それが「キュー」である。

 「プレイリスト」と「キュー」。
 あくまで呼び方が異なるだけで、意図されるものは基本的に同じ。

 「キュー」という呼び名を採用するアプリの場合、基本的に「一時的な再生曲のリスト」、あるいは「再生リストに曲を登録すること」を「キュー」と呼び、「キューをアプリ内に保存していつでも呼び出せるようになったもの」のことを「プレイリスト」と呼ぶことが多い。

 こんな風に。
 あっ……
20150321プレイリスト16


 もう一度LUMIN Appに戻る。
 LUMIN Appは公式HPの記載にもある通り、「キュー」と「プレイリスト」を特に区別していない。

 画面左下のボタンをタップすると、現在のプレイリストをアプリ内に保存できる。
 こうすることで、プレイリストは単なる「一時的な再生リスト」ではなくなる。色々なアルバムから曲を引っ張ってきたプレイリストをある種のマイベストとして登録・保存する……なんてことも可能になる。上手に活用すれば非常に便利。
20150321プレイリスト04

 で、プレイリストのボタンをタップし、
20150321プレイリスト06

 保存したプレイリストを選択すれば、
20150321プレイリスト05

 その通りに再生される。
 それ以前にプレイリストに登録されていた曲がある場合は総入れ替えになる。
20150321プレイリスト07

 言葉で説明すると何やらややこしいが、実使用において違和感を覚えることはない。



 一方で、「キュー」と「プレイリスト」が区別されている例として、mconnect player HDを見てみる。

 基本画面。キューとプレイリストが別々になっているのが見て取れる。
20150321プレイリスト08

 ブラウズから音源を選んで再生リストに登録した状態、すなわちキューに曲がある状態を、プレイリストとして登録・保存するという流れになる。
20150321プレイリスト09
20150321プレイリスト10
20150321プレイリスト11

 で、保存したプレイリストを選べば、
20150321プレイリスト12
20150321プレイリスト13
20150321プレイリスト14

 キューに曲が登録されて再生可能になる。
20150321プレイリスト15


 個人的にはわざわざ「キュー」と「プレイリスト」をインターフェース上の項目として区別する必要はないと思うのだがどうだろうか。
 「プレイリストに曲を登録すること」を「キュー」と呼ぶ、程度の認識で問題ないと思う。

 繰り返すが、プレイリスト絡みの挙動はコントロールアプリの操作感に著しく影響する。
 そもそもプレイリスト機能がない、アルバム単位でしか再生できないなんてのは論外として、例えば一曲をタップしても問答無用でアルバム内の全曲がプレイリストに登録されてしまうとか、なかなか融通の利かない挙動をするアプリも多い。そのような挙動が必ずしも悪いとは言わないが、要はユーザーの好みに応じて挙動を設定できればありがたいのである。

 いかに快適に音楽を聴けるか。プレイリストはそのためにある。
 ブラウズの挙動と並び、アプリ製作者の腕の見せ所だと言える。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【BDレビュー】 第246回『エリジウム』

『第9地区』の監督の新作だってんなら……もう見るしかないでしょうよ 画質:13 音質

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmanero C

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmusic.com/lumin-d

記事を読む

Roon Readyとは何か

【2017/02/01更新・追記】  当初の発表から今までに蓄積された諸々の情報を踏まえ、Ro

記事を読む

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第106回『ターミネーター2』

画質:7 音質:6 映像はAVCでハイビットレート。 音声はドルビーTRUEHDの24b

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑