*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。



 ネットワークオーディオの究極のメリットとは、「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ」である。

 で、その基盤にあるのが、音源をデジタルファイルとして扱うことによる、ディスクの縛りから解放された音楽へのアクセス性である。
 聴きたい曲を、聴きたいように、好きなだけ聴けるという喜び。

 そしてこの部分を担うのが、コントロールアプリにおける基本要素の一つ、「プレイリスト」である。

 プレイリストがあるからこそ、例えば「Roundaboutをひたすらバージョン違いで聴きまくる」なんて芸当が可能になる。
 こんな風に。
20150321プレイリスト19


 そもそも「プレイリスト」とは何か。
 ソフトによっては呼び方が違うし、色々と説明の仕方もあるだろうが、とりあえず、「音楽を聴く際の一時的な再生曲のリスト」、といった感じだろうか。この「一時的」というのが肝になる。

 別にネットワークオーディオにおけるコントロールアプリに限った話ではなく、
 要はMediaMonkeyのコレとか、
20150321プレイリスト17
 iTunesのコレも当記事で扱うプレイリストだと言える。
20150321プレイリスト18


 大前提として、ネットワークオーディオでは、「ブラウズによって聴きたい音源を選び、それをプレイリストに登録する」ことによって音楽が再生される。

 プレイリスト絡みの挙動はアプリによってかなり異なるが、ここでは一例としてLUMIN Appを使用する。

 これがプレイリストに何も登録されていない状態。
20150321プレイリスト01

 ブラウズ画面から聴きたい曲をタップし、プレイリストに登録する。
 この時、アルバム内の曲順とプレイリストの曲順は無関係である。曲を飛ばす、順序を入れ替える、何でもあり。これが「聴きたい曲を聴きたいように」と言う所以である。
20150321プレイリスト02

 もちろん、別のアルバムの曲も次々と、好き勝手にプレイリストに登録していける。
 左下の赤枠で囲ったボタンは後で重要になる。
20150321プレイリスト03


 このように、プレイリストは単にネットワークオーディオに限った話ではなく、そもそも音源をデジタルファイルとして扱う際の「音楽を聴くためにいちいちディスクを交換する必要が無い」・「聴きたい曲を、聴きたいように、好きなだけ聴ける」というメリットを享受するために必要不可欠である。そして、プレイリスト絡みの挙動はコントロールアプリ全体の操作感に著しく影響する。

 もし、このプレイリスト機能を搭載せず、「アルバム単位でしか再生できない」なんてコントロールアプリがあったら、そんなものはネットワークオーディオを名乗る遥か以前の段階で論外であると言わざるを得ない。そんなものを使うくらいなら素直にCDプレーヤーを使うわ。

 まさか、2015年にもなってそんなコントロールアプリなんて実在しないよね? ね?


 ……


 …


 ところでこの「プレイリスト」、時として別の名で呼ばれることがある。
 それが「キュー」である。

 「プレイリスト」と「キュー」。
 あくまで呼び方が異なるだけで、意図されるものは基本的に同じ。

 「キュー」という呼び名を採用するアプリの場合、基本的に「一時的な再生曲のリスト」、あるいは「再生リストに曲を登録すること」を「キュー」と呼び、「キューをアプリ内に保存していつでも呼び出せるようになったもの」のことを「プレイリスト」と呼ぶことが多い。

 こんな風に。
 あっ……
20150321プレイリスト16


 もう一度LUMIN Appに戻る。
 LUMIN Appは公式HPの記載にもある通り、「キュー」と「プレイリスト」を特に区別していない。

 画面左下のボタンをタップすると、現在のプレイリストをアプリ内に保存できる。
 こうすることで、プレイリストは単なる「一時的な再生リスト」ではなくなる。色々なアルバムから曲を引っ張ってきたプレイリストをある種のマイベストとして登録・保存する……なんてことも可能になる。上手に活用すれば非常に便利。
20150321プレイリスト04

 で、プレイリストのボタンをタップし、
20150321プレイリスト06

 保存したプレイリストを選択すれば、
20150321プレイリスト05

 その通りに再生される。
 それ以前にプレイリストに登録されていた曲がある場合は総入れ替えになる。
20150321プレイリスト07

 言葉で説明すると何やらややこしいが、実使用において違和感を覚えることはない。



 一方で、「キュー」と「プレイリスト」が区別されている例として、mconnect player HDを見てみる。

 基本画面。キューとプレイリストが別々になっているのが見て取れる。
20150321プレイリスト08

 ブラウズから音源を選んで再生リストに登録した状態、すなわちキューに曲がある状態を、プレイリストとして登録・保存するという流れになる。
20150321プレイリスト09
20150321プレイリスト10
20150321プレイリスト11

 で、保存したプレイリストを選べば、
20150321プレイリスト12
20150321プレイリスト13
20150321プレイリスト14

 キューに曲が登録されて再生可能になる。
20150321プレイリスト15


 個人的にはわざわざ「キュー」と「プレイリスト」をインターフェース上の項目として区別する必要はないと思うのだがどうだろうか。
 「プレイリストに曲を登録すること」を「キュー」と呼ぶ、程度の認識で問題ないと思う。

 繰り返すが、プレイリスト絡みの挙動はコントロールアプリの操作感に著しく影響する。
 そもそもプレイリスト機能がない、アルバム単位でしか再生できないなんてのは論外として、例えば一曲をタップしても問答無用でアルバム内の全曲がプレイリストに登録されてしまうとか、なかなか融通の利かない挙動をするアプリも多い。そのような挙動が必ずしも悪いとは言わないが、要はユーザーの好みに応じて挙動を設定できればありがたいのである。

 いかに快適に音楽を聴けるか。プレイリストはそのためにある。
 ブラウズの挙動と並び、アプリ製作者の腕の見せ所だと言える。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

Dynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く

 今手元にAVアンプがないので、普段はサラウンドバックスピーカーとして使っているDynaudio A

記事を読む

Denon Hi-Fi Remote

デノン、ハイファイオーディオ機器向けの新操作アプリ「Denon Hi-Fi Remote」 - Ph

記事を読む

Amare Musica DIAMOND Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。  本機について

記事を読む

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

4K BDは2015年末に登場

4K Blu-ray Confirmed, Coming in Late 2015  待ち

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑