*

【地元探訪・小野小町編】岩屋堂(湯沢市小野字別水林) その2

公開日: : 地元ネタ, 小野小町, 湯沢市, 秋田

201610280103小野小町史跡

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承


岩屋堂 その1


 前回の続き。

 これから山を登っていく。
201611210119

 さすがにスニーカーで行くのは躊躇われる。
201611300101

 登る。
201611300102

 小野小町もこの道を歩いたのだろうか。
201611300103

 終焉は近い。
201611300104


 ……


 …


 正直なところ、【地元探訪】で岩屋堂を紹介するかどうかは非常に悩んだ。


 というのも、地元の恥を晒すことに他ならないからだ。


 ちょいと前、「【善意が生んだ悲劇】80代の女性が勝手にキリスト壁画の修復を試みる → 絵が下手すぎて顔が別人に」というニュースがあった。

 このニュースは悲喜劇というか、外野から見ているだけなら多分に喜劇の色合いが濃いような気がする一方で、当事者にとってはたまったものではないだろう。


 近年、岩屋堂でも同じようなことが起こってしまったのである。


 岩屋堂傍らの案内看板。なお、横にはゆざわジオパークの解説板もある。
201611300106

  岩屋堂
 小町が晩年を過ごした祠

 小町が晩年、世を避けて住んでいた広さ二十畳程の祠で、岩には鴨居や敷居の跡が見られます。
 小町はここで香をたきながら、一人自像を刻んで暮らしていましたが、昌泰三年(900)、九十二歳でその生涯を閉じました。
 当時の岩屋堂は現在のような杉林はなかったため、入り口の前に立つと眼下に長鮮沢(深草少将の仮住まい長鮮寺があったところ)をはじめ、小野の里が一望できました。
 この景色を眺めながら小町はどのような想いをめぐらしていたのでしょうか。

  湯沢市



 コレが今日の岩屋堂の姿である。
201611300105

 以前の姿がどうであったかはこのページに詳しい。


 かつて山中に大口を開けていた岩屋堂は○○屋の如き意味不明な格子が取り付けられ、地面もコンクリで乱雑に舗装されてしまった。
201611300112
201611300108

 どこの誰がどのような発想でもってこんなことをしたのかは知らないが(なんとなく想像はつくが)、このような有様にしておきながら、「かつて世俗を去って岩屋堂に籠った小町の心境を想ってください」などと言うのだろうか。

 ああ無惨。

 湯沢市雄勝町の小野小町は、他の伝承地とは比べ物にならないほど、このうえなく地元民に愛されている小野小町だと思っていたのに。
 せめて、この有様が地元の総意ではなく、小町の人生や精神性を蔑ろにしていかにも観光受けする「見た目の派手さ」にしか興味が無いごく一部の人々の暴走の結果であることを願うのみである。


 ……というわけで気を取り直して、岩屋堂の中を見てみる。
201611300109

 奥まった場所にはいつの頃からか置かれるようになった小町の像がある。
201611300110

 案内看板に書かれていたように入り口から振り返った光景。
201611300111

 確かに、杉林さえなければ深草少将の眠る長鮮寺を含めて小野の郷を一望できる場所となっている。
201611300113


 現実的に老境の女性が一人で岩屋堂で暮らしたとは考えられないということで、実際に小町は道中にあった小野寺で過ごしていたのではないかという説もあるようだ。


 いずれにせよ、小町は深草少将の死を経て俗世から去り、岩屋堂で一人余生を過ごし、九十二歳でその生涯を閉じた。

いつとなく かへさばやなん かりのみの いつつのいろも かはりゆくなり

 その亡骸は小町を憐れんだ里人により、深草少将が眠る二ツ森に葬られたという。


 そして、物語は続く。



【地元探訪】記事まとめ

言の葉の穴は「神様セカンドライフ」を応援しています

【創作・地元ネタ】まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪】お沢稲荷(湯沢市古館山)

 中央公園の階段を上っていった先に、  佐竹南家の門がずどんと現れる。  傍らの

記事を読む

漫画『十文字綺譚 クロス・ストーリー』発売中です!

 『十文字綺譚 クロス・ストーリー』は胡原おみ先生による地域密着型伝奇漫画です。私は原作を担当しまし

記事を読む

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です 小町ゆかりの地

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。 漫画が出ました!

記事を読む

【地元探訪】村境の仁王像(湯沢市関口)

 湯沢市関口、厳密な意味での関口村の南北の境には仁王像が立っている。  南側の仁王像。  こ

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承

 生まれたとか、死んだとか、通りがかったとか、座ったとか、温泉に入ったとか、色々合わせれば小

記事を読む

【地元探訪】湯沢市役所と中央公園(お城山・学校山・湯沢城址)

 地元って言うがらにはまずこごがらだべ。  この企画がどういう方向にいくのかまだわからないが、

記事を読む

漫画が出ました!

 地域密着型伝奇漫画『十文字綺譚 クロス・ストーリー』が発売されました!  オビから何から

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】長鮮寺跡(湯沢市桑崎字平城)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  長鮮寺は小野小町を追って京都からやって来た深草

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑