*

【地元探訪・小野小町編】岩屋堂(湯沢市小野字別水林) その1

公開日: : 最終更新日:2016/11/22 創作, 地元ネタ, 小野小町, 湯沢市, 神様セカンドライフ, 秋田

201610280103小野小町史跡

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承


 深草少将の弔いの後、小野小町は人々の前から姿を消した。
 とは言っても死んだわけでもなければ行方不明になったわけでもなく、俗世とは縁を切って一人山中に籠ったのである。

 そして、小野小町が死ぬまで籠った場所こそが、「岩屋堂」なのである。
 ちなみに「岩屋洞」と書かれる場合もある。


 岩屋堂に行こうと思えば、とりあえず雄勝の鮎の名店「鮎乃家」を目指せばいい。小野の市街地から雄物川を渡って、直前までは同じ道である。
 対岸から眺めた位置関係は物凄くざっくりとこんな感じ。実際の岩屋堂はもっともっと山中にあるのだが。
201611210102

 橋を渡ってすぐに分かれ道。
201611210121

 左を行けば岩屋堂、右を行けば鮎乃家。
 岩屋堂の帰りには是非鮎乃家で鮎を食べていこう。
201611210122

 しばらく行くと、道が森の中に突撃するようなところに岩屋堂の看板が立っている。
201611210103

 なお、まさにこの光景が『クロス・ストーリー』に登場する。
 どんな文脈で登場するかは、買って、読んで、確かめよう!

 終焉は近い。
201611210124

 さらにしばらく行くと、「向野寺」の案内看板がある。
201611210104

  小野寺跡(伝承)
 西暦八〇七年に小野小町の父親である小野良実が、今日より天台宗の僧を伴い、この地に寺を建立したと言い伝えられています。又、一説ではこのそばに熊野神社があったとも伝えられています。
 これより上流にある岩屋堂で九二才までの生涯を過ごしたと伝えられる小野小町ですが、現在では、この上の平場にある二つの大きな木の切り株と、大小の石碑が歴史を物語る唯一の手がかりとなっています。


 向野寺は小野小町が深草少将の供養のために作った安置したという話が伝わる寺で、今では小野の街中にあるが、かつてはこのように岩屋堂へ向かう道の傍らにあった。
 今では石碑群が静かに佇むだけとなっている。
201611210105
201611210106

 先へ進もう。
201611210107

 道中、右を見る。

 ん?
201611210108
201611210109

 道中、また右を見る。

 ん?
201611210110
201611210111

 秋田におけるミヨシ人気恐るべし。

 
 さらに登ると駐車場に辿り着く。
 というわけで、車で来れるのはここまで。
201611210112

 駐車場からちょいと降りていった場所に「二つ滝」という場所がある。

 コレが案内看板。
 ちなみに矢印、看板の木が削れているのは「熊の爪痕」らしい。ゾゾゾ。
201611210113

  二つ滝(伝承)
男滝と女滝
 向って左側の「男滝」は、小町がこの上流にある岩屋堂に晩年を過ごしているときに、水浴びをしていたと伝えられています。
 この滝で目を洗うと眼病が治るとの言い伝えがあり、近年でも子供の目の病気に悩む人々が多く訪れたとのことです。
 また、右側の「女滝」には、滝の中間に石仏がまつられており、この下流にある小野寺を訪れた修行僧が修験の場としてこの地で鍛錬を積んでいたとの言い伝えが残っています。


 左が「男滝」、右が「女滝」。
201611210123

 男滝の様子。小町沐浴の滝。
 ここで世界三大美女の一人が水浴びをしていたのか……
201611210117

 女滝の様子。
201611210114
201611210115

 確かに石仏がある。
 仏なのに鳥居もある。
201611210116

 ここからは徒歩で上っていく。
201611210119

 案内看板によればゆっくり歩いて十分くらいとのことである。
 なお横にある句碑には、

滴りや 小町籠りし 岩屋堂

 とある。
 まぁ、水も滴るなんとやらというもんな。


 小町終焉の地への道のりは続く。

 熊には出会いませんように。


 続く。



【地元探訪】記事まとめ

言の葉の穴は「神様セカンドライフ」を応援しています

【創作・地元ネタ】まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】御返事橋(湯沢市桑崎字御返事)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  さて、なんやかんやあって、小野小町は生まれ故郷

記事を読む

【地元探訪】三吉神社(湯沢市古館山)

 お沢稲荷の横の道を進んでいくと、  まず火伏地蔵があり、  どなたかの顕彰碑が

記事を読む

【地元探訪】八幡神社(湯沢市関口) その2

 前回の続き。  長い長い石段の果てに現れた関口の村社、八幡神社。  ちょっ

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

IMAXでシン・ゴジラを見納めできてよかった。 これだけでも遠路はるばる東京(川崎)に出てきた甲斐

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承

 生まれたとか、死んだとか、通りがかったとか、座ったとか、温泉に入ったとか、色々合わせれば小

記事を読む

漫画『十文字綺譚 クロス・ストーリー』発売中です!

 『十文字綺譚 クロス・ストーリー』は胡原おみ先生による地域密着型伝奇漫画です。私は原作を担当しまし

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】長鮮寺跡(湯沢市桑崎字平城)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  長鮮寺は小野小町を追って京都からやって来た深草

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】姥子石(湯沢市小野字桐木田)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  姥子石。「ばっこいし」と読む。  小野小町の

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑