*

【地元探訪・小野小町編】岩屋堂(湯沢市小野字別水林) その1

公開日: : 最終更新日:2016/11/22 創作, 地元ネタ, 小野小町, 湯沢市, 神様セカンドライフ, 秋田

201610280103小野小町史跡

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承


 深草少将の弔いの後、小野小町は人々の前から姿を消した。
 とは言っても死んだわけでもなければ行方不明になったわけでもなく、俗世とは縁を切って一人山中に籠ったのである。

 そして、小野小町が死ぬまで籠った場所こそが、「岩屋堂」なのである。
 ちなみに「岩屋洞」と書かれる場合もある。


 岩屋堂に行こうと思えば、とりあえず雄勝の鮎の名店「鮎乃家」を目指せばいい。小野の市街地から雄物川を渡って、直前までは同じ道である。
 対岸から眺めた位置関係は物凄くざっくりとこんな感じ。実際の岩屋堂はもっともっと山中にあるのだが。
201611210102

 橋を渡ってすぐに分かれ道。
201611210121

 左を行けば岩屋堂、右を行けば鮎乃家。
 岩屋堂の帰りには是非鮎乃家で鮎を食べていこう。
201611210122

 しばらく行くと、道が森の中に突撃するようなところに岩屋堂の看板が立っている。
201611210103

 なお、まさにこの光景が『クロス・ストーリー』に登場する。
 どんな文脈で登場するかは、買って、読んで、確かめよう!

 終焉は近い。
201611210124

 さらにしばらく行くと、「向野寺」の案内看板がある。
201611210104

  小野寺跡(伝承)
 西暦八〇七年に小野小町の父親である小野良実が、今日より天台宗の僧を伴い、この地に寺を建立したと言い伝えられています。又、一説ではこのそばに熊野神社があったとも伝えられています。
 これより上流にある岩屋堂で九二才までの生涯を過ごしたと伝えられる小野小町ですが、現在では、この上の平場にある二つの大きな木の切り株と、大小の石碑が歴史を物語る唯一の手がかりとなっています。


 向野寺は小野小町が深草少将の供養のために作った安置したという話が伝わる寺で、今では小野の街中にあるが、かつてはこのように岩屋堂へ向かう道の傍らにあった。
 今では石碑群が静かに佇むだけとなっている。
201611210105
201611210106

 先へ進もう。
201611210107

 道中、右を見る。

 ん?
201611210108
201611210109

 道中、また右を見る。

 ん?
201611210110
201611210111

 秋田におけるミヨシ人気恐るべし。

 
 さらに登ると駐車場に辿り着く。
 というわけで、車で来れるのはここまで。
201611210112

 駐車場からちょいと降りていった場所に「二つ滝」という場所がある。

 コレが案内看板。
 ちなみに矢印、看板の木が削れているのは「熊の爪痕」らしい。ゾゾゾ。
201611210113

  二つ滝(伝承)
男滝と女滝
 向って左側の「男滝」は、小町がこの上流にある岩屋堂に晩年を過ごしているときに、水浴びをしていたと伝えられています。
 この滝で目を洗うと眼病が治るとの言い伝えがあり、近年でも子供の目の病気に悩む人々が多く訪れたとのことです。
 また、右側の「女滝」には、滝の中間に石仏がまつられており、この下流にある小野寺を訪れた修行僧が修験の場としてこの地で鍛錬を積んでいたとの言い伝えが残っています。


 左が「男滝」、右が「女滝」。
201611210123

 男滝の様子。小町沐浴の滝。
 ここで世界三大美女の一人が水浴びをしていたのか……
201611210117

 女滝の様子。
201611210114
201611210115

 確かに石仏がある。
 仏なのに鳥居もある。
201611210116

 ここからは徒歩で上っていく。
201611210119

 案内看板によればゆっくり歩いて十分くらいとのことである。
 なお横にある句碑には、

滴りや 小町籠りし 岩屋堂

 とある。
 まぁ、水も滴るなんとやらというもんな。


 小町終焉の地への道のりは続く。

 熊には出会いませんように。


 続く。



【地元探訪】記事まとめ

言の葉の穴は「神様セカンドライフ」を応援しています

【創作・地元ネタ】まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【地元探訪】お沢稲荷(湯沢市古館山)

 中央公園の階段を上っていった先に、  佐竹南家の門がずどんと現れる。  傍らの

記事を読む

【地元探訪】湯沢市役所と中央公園(お城山・学校山・湯沢城址)

 地元って言うがらにはまずこごがらだべ。  この企画がどういう方向にいくのかまだわからないが、

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪】泉光院稲荷(湯沢市古館山)

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた  上の記

記事を読む

【地元探訪】君は小野小町の生まれ在所を知っているか

コラ、秋田の女ご何どしてきれ(い)だと聞くだけ野暮だんす(アーソレソレ) 小野小町の生まれ在所お前

記事を読む

【地元探訪】御機嫌坂記念公園(湯沢市関口寺沢)

 佐竹義宣は関ヶ原の戦いにおけるどっちつかずの対応が原因で、出羽国久保田(秋田)への転封を命じられた

記事を読む

【地元探訪】三吉神社(湯沢市古館山)

 お沢稲荷の横の道を進んでいくと、  まず火伏地蔵があり、  どなたかの顕彰碑が

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。 漫画が出ました!

記事を読む

「神様セカンドライフ」がとんでもなく面白い

 たまげだごど。 神様セカンドライフ - ヤマノス  「大神」的な、天照や素戔嗚といった

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑