関口の村社、八幡神社。
 地元ではみな「八幡様」と呼んで篤く敬っている神社である。


 一の鳥居。
 旧国道沿いにあり、近くには(誰一人として遊ぶ子供がいなくなった)公園がある。
201610230101

 二の鳥居。
 傍らには社務所的な建物。
201610230102

 二の鳥居を抜けた先にはちょっと開けた空間があり、石碑が立ち並んでいる。
201610230103

 というわけで、いざ八幡神社へ登っていく。
201610230104

 石段の脇の諸々。
201610230105
201610230106

 まだ登る。
201610230107

 また石段の脇の諸々。
201610230108
201610230109

 まだまだ登る。
201610230110

 またまた石段の脇の諸々。
201610230111

 まだまだまだ登る。
201610230112

 かつて私の曾祖母は家族の行く末に思い悩み、何日も何日も何日も何日も八幡神社参りを続けたそうだ。

 私も同じ石段を踏んでいる。


 参道に木漏れ陽を投げかける見事な木立。
201610230115


 またまたまた石段の脇の諸々。
201610230113
201610230114
201610230116
201610230117
201610230118

 深くて長い歴史と神々の影を潜り抜け、とうとうここまでやってきた。

201610230119


 続く。



【地元探訪】記事まとめ

言の葉の穴は「神様セカンドライフ」を応援しています

【創作・地元ネタ】まとめ