*

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編


 SOtM sMS-1000SQ Windows Editionは、つまるところオーディオ機器として突き詰められたWindows Server 2012 R2搭載PCである。
 ゆえに、見た目や質感や雰囲気や出てくる音や価格が完全にオーディオ機器のそれだったとしても、運用そのものはまんまPCである。しかもサーバーOSなのでいろいろと勝手が違う。

 音源ファイルを入れるだけなら、「ネットワーク」からそのまま突っ込めば済む。
20160811SOtMPC01

 転送速度もそれなりに早い。
20160811SOtMPC03


 繰り返しになるが、sMS-1000SQ Windows EditionはWindowsサーバーである。
 そしてこのことが、他のいわゆる「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」との大きな違いとなっている。
 すなわち、DoPではなくASIOが使えることで、USB DACの対応フォーマットを最大限活かすことが可能になる。

 「リモートデスクトップ」からアクセスするのは少々面倒だが、初期設定の時くらいしかアクセスする機会がないので問題あるまい。
20160811SOtMPC02

 ここから先はSSが撮れていないことに後から気付いたので画像はない。
 幸いにして逢瀬 AK4495S試作DACのAmanero Combo384のドライバはWindowsサーバーでも問題なくインストールできた。
 ドライバのインストールに際してAudioPhileOptimizerのオンオフが必要になったりするのは正直面倒だが何とかなる。正直言ってAudioPhileOptimizerはブラックボックス感が凄まじくて操作はおっかなびっくりである。

 ちなみにsMS-1000SQ Windows EditionはRoon Serverの他にJRiver Media Centerとfoobar2000が標準でインストールされている。JRemoteMonkeyMote 4 foobar2000を使ってもいいし、あるいはJRiverのネットワーク機能とBubbleUPnP Serverを併用してOpenHomeのシステムとして使ってもいい。
 目新しさからRoon Serverとしての用途に注目が集まるだろうし、私もそこの紹介を主とするが、Roonだけが華ではない。せっかくオーディオ機器として突き詰めたハードウェアを備えているのだから、あとはPCとしての特性を生かして好きなように使えばいいのである。


 これにてsMS-1000SQ Windows Edition側での設定は終了。
 というわけで、さっそくRoon Serverとして使ってみる。

 iPadのRoon Remoteからアクセスする。
 問題なくsMS-1000SQ Windows Editionが接続先に表れる。

20160811SOtMiPad Air02

 音源の場所を指定してやって……(私が借りた試聴機では設定が済んでいた)

20160811SOtMiPad Air03

 音源のインポートが完了。

20160811SOtMiPad Air05

 sMS-1000SQのスペックが公表されていない関係で、はたしてRoon Serverとしての挙動はどうなのかという疑問は常にあったが、幸いにして及第点と言える。
 そりゃi7を積んだデスクトップとは比べるべくもないが、少なくともTIDALの音源込みアルバム2000枚程度ではiPad Air2のRoon Remoteとの組み合わせでじゅうぶんスムーズに動いてくれた。

 ASIOが使えるおかげで、DSD256まで対応する逢瀬DACを最大限活かせる。
20160811SOtMiPad Air06


 OSがWindows Server 2012 R2かWindows 10かという違いを除けば、sMS-1000SQ Windows Editionの運用は基本的にcanarino filsを単体Roon Serverとして使った時と変わらない。
 見た目や雰囲気は完全にオーディオ機器ながら、ドライバのインストールが必要なことなど、運用にあたってはPCをある程度使えることが前提となる。この点で「PCレス」を謳う他のミュージックサーバーとは性格が異なる。

 もっとも、最初の設定さえ乗り切ってしまえば、あとは他の同種製品と同じように、必要に応じてネットワーク経由で音源ファイルを入れる以外にやることはない。そのため、日々の運用に関して言えば同種製品に比べて難解ということはない。


【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】DELA N1Z ― 音楽の座

DELA N1Z 来たる 運用編 サーバーソフト編 音質編 USB DAC接続機能を試したか

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

続・なぜ、オーディオなのか?

 前回の続き。  大枚を叩いて購入したHD595は、私にある確信をもたらした。  「再生機器

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Badgers And Other Beings

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Badgers

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第203回『ナインスゲート』

画質:6 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑