*

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編

 
 外部電源にsPS-1000を接続し、本機をRoon Serverとして使い、逢瀬 AK4495S試作DACと繋げて音を聴いた。

 canarino filsの時点で「PCを再生システムに組み込むことによって生じる音の曇り」は払拭されていたが、sMS-1000SQはいよいよもって「静寂」を表現し得る。
 一線を越えた高S/Nは音楽の背景を闇に沈め、一音一音の輝きを闇の中で際立たせる。sMS-1000SQは内的にPCの構成を保ったまま、その次元に達している。
 
 静寂が深まれば、ただそれだけで最終的な出音にもたらす影響は計り知れない。ディスプレイにおけるコントラスト、黒の深さのようなものだ。
 埋もれていたディテールが姿を現し(掘り起こされるわけではない)、微小領域までダイナミックレンジが拡大することで躍動感すら増大する。

 固有の音色を一切感じさせず、ひたすら透明に徹して後段の機器の実力を引き出すという点ではDELA N1Zに近しいものも感じる。ただ、N1Zよりは積極的に闇を深くするという傾向、もとい演出を感じなくもない。
 DACにこれでもかと情報量を注ぎ込んでやる! という風でもなく、自らは一歩引いて後段機器のための環境を整えることに専念しているようだ。


 SOtM sMS-1000SQ Windows Editionは、つまるところオーディオ機器として突き詰められたWindows Server 2012 R2搭載PCである。
 オーディオ機器に相応しい頑強な筐体(当然ファンレス)、得意分野であるUSB出力の配慮、完璧なマッチングを狙った専用外部電源。それらハード面に加え、AudioPhileOptimizerでソフトの側からも徹底的に高音質化。
 ファンレス化やアナログ電源の導入など、オーディオ用PCの製作においてユーザーレベルで取り組める要素は多い。しかし、sMS-1000SQ Windows Editionというパッケージ全体での「突き詰め具合」になると、既に普通のユーザーがどうこうできる範疇を越えている。
 このように、オーディオ機器として高い次元でパッケージングされた完成品であるということがsMS-1000SQ Windows Editionの価値となる。

 ストレージを搭載する単体Roon Serverという点で注目されるのも分かるが、それに留まらない多様な使い方ができることも忘れてはならない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / Ordinary Days

・アーティスト / アルバムタイトル toe / Ordinary Days ・購入元 O

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートにこだわる理由 【ネットワークオーディオTips】

 私は聴きたい曲を選ぶ際、あくまで「○○というアルバムの中の○○という曲」という意識を持っている。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

 色々とおまけつき。  それはそうとパッケージデザイン酷過ぎない? ポスターじゃあるまいし……

記事を読む

dBpowerampがMacに対応

 前々から開発は進めていたようだが、ついにdBpowerampがMacでも使えるようになった(なって

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑