*

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編

 
 外部電源にsPS-1000を接続し、本機をRoon Serverとして使い、逢瀬 AK4495S試作DACと繋げて音を聴いた。

 canarino filsの時点で「PCを再生システムに組み込むことによって生じる音の曇り」は払拭されていたが、sMS-1000SQはいよいよもって「静寂」を表現し得る。
 一線を越えた高S/Nは音楽の背景を闇に沈め、一音一音の輝きを闇の中で際立たせる。sMS-1000SQは内的にPCの構成を保ったまま、その次元に達している。
 
 静寂が深まれば、ただそれだけで最終的な出音にもたらす影響は計り知れない。ディスプレイにおけるコントラスト、黒の深さのようなものだ。
 埋もれていたディテールが姿を現し(掘り起こされるわけではない)、微小領域までダイナミックレンジが拡大することで躍動感すら増大する。

 固有の音色を一切感じさせず、ひたすら透明に徹して後段の機器の実力を引き出すという点ではDELA N1Zに近しいものも感じる。ただ、N1Zよりは積極的に闇を深くするという傾向、もとい演出を感じなくもない。
 DACにこれでもかと情報量を注ぎ込んでやる! という風でもなく、自らは一歩引いて後段機器のための環境を整えることに専念しているようだ。


 SOtM sMS-1000SQ Windows Editionは、つまるところオーディオ機器として突き詰められたWindows Server 2012 R2搭載PCである。
 オーディオ機器に相応しい頑強な筐体(当然ファンレス)、得意分野であるUSB出力の配慮、完璧なマッチングを狙った専用外部電源。それらハード面に加え、AudioPhileOptimizerでソフトの側からも徹底的に高音質化。
 ファンレス化やアナログ電源の導入など、オーディオ用PCの製作においてユーザーレベルで取り組める要素は多い。しかし、sMS-1000SQ Windows Editionというパッケージ全体での「突き詰め具合」になると、既に普通のユーザーがどうこうできる範疇を越えている。
 このように、オーディオ機器として高い次元でパッケージングされた完成品であるということがsMS-1000SQ Windows Editionの価値となる。

 ストレージを搭載する単体Roon Serverという点で注目されるのも分かるが、それに留まらない多様な使い方ができることも忘れてはならない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

DELA N1Z/N1Aの新モデル

DELA「N1Z/N1A」、ハードウェアを刷新した新モデル - 電源強化やUSB-DAC端子追加など

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Around in Circles

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Around in Circl

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Sarah McLachlan / Shine On (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sarah McLachlan / Shine On (De

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 - DAR

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑