*

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編

 
 外部電源にsPS-1000を接続し、本機をRoon Serverとして使い、逢瀬 AK4495S試作DACと繋げて音を聴いた。

 canarino filsの時点で「PCを再生システムに組み込むことによって生じる音の曇り」は払拭されていたが、sMS-1000SQはいよいよもって「静寂」を表現し得る。
 一線を越えた高S/Nは音楽の背景を闇に沈め、一音一音の輝きを闇の中で際立たせる。sMS-1000SQは内的にPCの構成を保ったまま、その次元に達している。
 
 静寂が深まれば、ただそれだけで最終的な出音にもたらす影響は計り知れない。ディスプレイにおけるコントラスト、黒の深さのようなものだ。
 埋もれていたディテールが姿を現し(掘り起こされるわけではない)、微小領域までダイナミックレンジが拡大することで躍動感すら増大する。

 固有の音色を一切感じさせず、ひたすら透明に徹して後段の機器の実力を引き出すという点ではDELA N1Zに近しいものも感じる。ただ、N1Zよりは積極的に闇を深くするという傾向、もとい演出を感じなくもない。
 DACにこれでもかと情報量を注ぎ込んでやる! という風でもなく、自らは一歩引いて後段機器のための環境を整えることに専念しているようだ。


 SOtM sMS-1000SQ Windows Editionは、つまるところオーディオ機器として突き詰められたWindows Server 2012 R2搭載PCである。
 オーディオ機器に相応しい頑強な筐体(当然ファンレス)、得意分野であるUSB出力の配慮、完璧なマッチングを狙った専用外部電源。それらハード面に加え、AudioPhileOptimizerでソフトの側からも徹底的に高音質化。
 ファンレス化やアナログ電源の導入など、オーディオ用PCの製作においてユーザーレベルで取り組める要素は多い。しかし、sMS-1000SQ Windows Editionというパッケージ全体での「突き詰め具合」になると、既に普通のユーザーがどうこうできる範疇を越えている。
 このように、オーディオ機器として高い次元でパッケージングされた完成品であるということがsMS-1000SQ Windows Editionの価値となる。

 ストレージを搭載する単体Roon Serverという点で注目されるのも分かるが、それに留まらない多様な使い方ができることも忘れてはならない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤

海外では旧版から新装版への無償交換までしたとかなんとか。 でも日本では発売元にクソほどのやる気もな

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

【BDレビュー】第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの  上の記事で、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】いつの間にかTwonkyが8になっていた+α

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑