*

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 音質編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編

 
 外部電源にsPS-1000を接続し、本機をRoon Serverとして使い、逢瀬 AK4495S試作DACと繋げて音を聴いた。

 canarino filsの時点で「PCを再生システムに組み込むことによって生じる音の曇り」は払拭されていたが、sMS-1000SQはいよいよもって「静寂」を表現し得る。
 一線を越えた高S/Nは音楽の背景を闇に沈め、一音一音の輝きを闇の中で際立たせる。sMS-1000SQは内的にPCの構成を保ったまま、その次元に達している。
 
 静寂が深まれば、ただそれだけで最終的な出音にもたらす影響は計り知れない。ディスプレイにおけるコントラスト、黒の深さのようなものだ。
 埋もれていたディテールが姿を現し(掘り起こされるわけではない)、微小領域までダイナミックレンジが拡大することで躍動感すら増大する。

 固有の音色を一切感じさせず、ひたすら透明に徹して後段の機器の実力を引き出すという点ではDELA N1Zに近しいものも感じる。ただ、N1Zよりは積極的に闇を深くするという傾向、もとい演出を感じなくもない。
 DACにこれでもかと情報量を注ぎ込んでやる! という風でもなく、自らは一歩引いて後段機器のための環境を整えることに専念しているようだ。


 SOtM sMS-1000SQ Windows Editionは、つまるところオーディオ機器として突き詰められたWindows Server 2012 R2搭載PCである。
 オーディオ機器に相応しい頑強な筐体(当然ファンレス)、得意分野であるUSB出力の配慮、完璧なマッチングを狙った専用外部電源。それらハード面に加え、AudioPhileOptimizerでソフトの側からも徹底的に高音質化。
 ファンレス化やアナログ電源の導入など、オーディオ用PCの製作においてユーザーレベルで取り組める要素は多い。しかし、sMS-1000SQ Windows Editionというパッケージ全体での「突き詰め具合」になると、既に普通のユーザーがどうこうできる範疇を越えている。
 このように、オーディオ機器として高い次元でパッケージングされた完成品であるということがsMS-1000SQ Windows Editionの価値となる。

 ストレージを搭載する単体Roon Serverという点で注目されるのも分かるが、それに留まらない多様な使い方ができることも忘れてはならない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Mivera Audio Superstream Transport/Server

Mivera Audio  1250ドルのRoon Server。  この価格でCore

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

言いたいことは腐るほどある。 そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、 なんでラストバトル

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology - Gamesp

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑