*

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編
【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編


 この手の「ちっこいけれども何でもできるネットワークオーディオトランスポート」的な製品は他にSonore Sonicorbiter SEAURALiC ARIES MINIなどがあるが、きちんと日本で手に入るという意味で、SOtM sMS-200の存在はでかい。

 で、このsMS-200は今までもファームアップにより機能拡張を果たしてきたのだが、最近のアップグレードでとうとう一線を越えた感があるので紹介する。


 !?


 これでsMS-200はMPDだけでなく、慣れ親しんだUPnP/OpenHomeの領域でもミュージックサーバーとして機能するようになった。ストレージを積んでいないので何かしらUSBで繋ぐ必要はあるにしても。

 しかも、BubbleUPnP Serverが動くということは、仮に「sMS-200を純粋にサーバーとして」使った場合でも、「よほどのクソじゃない限り、UPnP/DLNA互換のプレーヤーならおれが面倒見てやるぜ」ということを意味する。要はQNAPにMinimServerとBubbleUPnP Serverをインストールするのと同じことが、sMS-200でできるようになる。


 というわけで、実際に使ってみる。
 MinimServerとBubbleUPnP Serverのアイコンが増えている。



 色々とはしょっているがMinimServerの設定。






 これでsMS-200(+USBストレージ)をMinimServerで運用可能になる。

 プレーヤーもsMS-200、サーバーもsMS-200。
 両方の機能を備える「ミュージックサーバー」の出来上がりである。



 ただ、MinimServerを走らせるとそれなりにリソースを喰うことになるのか、MinimServerを走らせない状態に比べて明らかにプレーヤーとしての挙動が重くなる。これは特に高いスペックの音源を再生する際に顕著。あまりの遅さに窓から放り投げたくなるほどではないにせよ、この辺は痛し痒しである。
 とりあえずMinimServerに対応したての状態なので、今後のファームアップで動作が改善されるなんてこともあるかもしれない。



 BubbleUPnP Serverはこの通り。
 いつもの画面で設定できる。




 ついでに紹介。
 以前のファームアップで獲得した機能のひとつに、組み合わせるUSB DAC次第で可能になる「DSDのネイティブ出力」がある。


 嬉しい人には嬉しいはず。
 ちなみにOPPO Sonica DACは対応DACに含まれていた。



 そしていつの間にかPCM768kHz/32bitとDSD512にまで対応していた。
 実際の再生でも支障はない。




 Stereo2017年7月号の記事「ハイCPコンポグランプリ」ではSOtM sMS-200を筆頭に挙げたわけだが、この選出はやはり間違いではなかった。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / FRAGI

記事を読む

【アプリ紹介】ChorusDS HD

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Chor

記事を読む

Technics ST-G30 / SU-G30

テクニクス、SSD内蔵リッピングサーバー「ST-G30」。SSDレスモデルも用意 - Phile-w

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬  「ネットワークオーディオとは音楽再生におけ

記事を読む

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。 画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

記事を読む

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

【BDレビュー】第308回『セッション』

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑