*

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編
【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編


 この手の「ちっこいけれども何でもできるネットワークオーディオトランスポート」的な製品は他にSonore Sonicorbiter SEAURALiC ARIES MINIなどがあるが、きちんと日本で手に入るという意味で、SOtM sMS-200の存在はでかい。

 で、このsMS-200は今までもファームアップにより機能拡張を果たしてきたのだが、最近のアップグレードでとうとう一線を越えた感があるので紹介する。


 !?


 これでsMS-200はMPDだけでなく、慣れ親しんだUPnP/OpenHomeの領域でもミュージックサーバーとして機能するようになった。ストレージを積んでいないので何かしらUSBで繋ぐ必要はあるにしても。

 しかも、BubbleUPnP Serverが動くということは、仮に「sMS-200を純粋にサーバーとして」使った場合でも、「よほどのクソじゃない限り、UPnP/DLNA互換のプレーヤーならおれが面倒見てやるぜ」ということを意味する。要はQNAPにMinimServerとBubbleUPnP Serverをインストールするのと同じことが、sMS-200でできるようになる。


 というわけで、実際に使ってみる。
 MinimServerとBubbleUPnP Serverのアイコンが増えている。



 色々とはしょっているがMinimServerの設定。






 これでsMS-200(+USBストレージ)をMinimServerで運用可能になる。

 プレーヤーもsMS-200、サーバーもsMS-200。
 両方の機能を備える「ミュージックサーバー」の出来上がりである。



 ただ、MinimServerを走らせるとそれなりにリソースを喰うことになるのか、MinimServerを走らせない状態に比べて明らかにプレーヤーとしての挙動が重くなる。これは特に高いスペックの音源を再生する際に顕著。あまりの遅さに窓から放り投げたくなるほどではないにせよ、この辺は痛し痒しである。
 とりあえずMinimServerに対応したての状態なので、今後のファームアップで動作が改善されるなんてこともあるかもしれない。



 BubbleUPnP Serverはこの通り。
 いつもの画面で設定できる。




 ついでに紹介。
 以前のファームアップで獲得した機能のひとつに、組み合わせるUSB DAC次第で可能になる「DSDのネイティブ出力」がある。


 嬉しい人には嬉しいはず。
 ちなみにOPPO Sonica DACは対応DACに含まれていた。



 そしていつの間にかPCM768kHz/32bitとDSD512にまで対応していた。
 実際の再生でも支障はない。




 Stereo2017年7月号の記事「ハイCPコンポグランプリ」ではSOtM sMS-200を筆頭に挙げたわけだが、この選出はやはり間違いではなかった。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォーマットが寂しいのは残念だが、

記事を読む

Technics ST-G30 / SU-G30

テクニクス、SSD内蔵リッピングサーバー「ST-G30」。SSDレスモデルも用意 - Phile-w

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA

記事を読む

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。  これだけでは「へー」以

記事を読む

no image

【BDレビュー】第70回『時をかける少女』

画質:15 音質:8 映像はAVCで30台後半中心の超ハイビットレート。 音声はドルビーTR

記事を読む

オーディオ業界が本気でハイレゾを普及させるために必要なこと

 それなりに真面目に考えてみる。  商売云々を度外視した理想論であることは承知している。  あく

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑