*

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編
【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編


 この手の「ちっこいけれども何でもできるネットワークオーディオトランスポート」的な製品は他にSonore Sonicorbiter SEAURALiC ARIES MINIなどがあるが、きちんと日本で手に入るという意味で、SOtM sMS-200の存在はでかい。

 で、このsMS-200は今までもファームアップにより機能拡張を果たしてきたのだが、最近のアップグレードでとうとう一線を越えた感があるので紹介する。


 !?


 これでsMS-200はMPDだけでなく、慣れ親しんだUPnP/OpenHomeの領域でもミュージックサーバーとして機能するようになった。ストレージを積んでいないので何かしらUSBで繋ぐ必要はあるにしても。

 しかも、BubbleUPnP Serverが動くということは、仮に「sMS-200を純粋にサーバーとして」使った場合でも、「よほどのクソじゃない限り、UPnP/DLNA互換のプレーヤーならおれが面倒見てやるぜ」ということを意味する。要はQNAPにMinimServerとBubbleUPnP Serverをインストールするのと同じことが、sMS-200でできるようになる。


 というわけで、実際に使ってみる。
 MinimServerとBubbleUPnP Serverのアイコンが増えている。



 色々とはしょっているがMinimServerの設定。






 これでsMS-200(+USBストレージ)をMinimServerで運用可能になる。

 プレーヤーもsMS-200、サーバーもsMS-200。
 両方の機能を備える「ミュージックサーバー」の出来上がりである。



 ただ、MinimServerを走らせるとそれなりにリソースを喰うことになるのか、MinimServerを走らせない状態に比べて明らかにプレーヤーとしての挙動が重くなる。これは特に高いスペックの音源を再生する際に顕著。あまりの遅さに窓から放り投げたくなるほどではないにせよ、この辺は痛し痒しである。
 とりあえずMinimServerに対応したての状態なので、今後のファームアップで動作が改善されるなんてこともあるかもしれない。



 BubbleUPnP Serverはこの通り。
 いつもの画面で設定できる。




 ついでに紹介。
 以前のファームアップで獲得した機能のひとつに、組み合わせるUSB DAC次第で可能になる「DSDのネイティブ出力」がある。


 嬉しい人には嬉しいはず。
 ちなみにOPPO Sonica DACは対応DACに含まれていた。



 そしていつの間にかPCM768kHz/32bitとDSD512にまで対応していた。
 実際の再生でも支障はない。




 Stereo2017年7月号の記事「ハイCPコンポグランプリ」ではSOtM sMS-200を筆頭に挙げたわけだが、この選出はやはり間違いではなかった。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置② ― 天井にスピーカーを設置できない場合

 前回の記事で、私の部屋におけるスピーカーの配置を下図のとおり決定した。  ただし、こ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々 LUMIN S1、T1、D1、さらにL1 C

記事を読む

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

 PCの側から、真剣なオーディオ用途に供し得る諸性能を備える努力は古くからなされてきた。しかし最近で

記事を読む

【UHD BDレビュー】第25回『バトルシップ』 米国盤 【DTS:X】

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑