*

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編
【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編


 この手の「ちっこいけれども何でもできるネットワークオーディオトランスポート」的な製品は他にSonore Sonicorbiter SEAURALiC ARIES MINIなどがあるが、きちんと日本で手に入るという意味で、SOtM sMS-200の存在はでかい。

 で、このsMS-200は今までもファームアップにより機能拡張を果たしてきたのだが、最近のアップグレードでとうとう一線を越えた感があるので紹介する。


 !?


 これでsMS-200はMPDだけでなく、慣れ親しんだUPnP/OpenHomeの領域でもミュージックサーバーとして機能するようになった。ストレージを積んでいないので何かしらUSBで繋ぐ必要はあるにしても。

 しかも、BubbleUPnP Serverが動くということは、仮に「sMS-200を純粋にサーバーとして」使った場合でも、「よほどのクソじゃない限り、UPnP/DLNA互換のプレーヤーならおれが面倒見てやるぜ」ということを意味する。要はQNAPにMinimServerとBubbleUPnP Serverをインストールするのと同じことが、sMS-200でできるようになる。


 というわけで、実際に使ってみる。
 MinimServerとBubbleUPnP Serverのアイコンが増えている。



 色々とはしょっているがMinimServerの設定。






 これでsMS-200(+USBストレージ)をMinimServerで運用可能になる。

 プレーヤーもsMS-200、サーバーもsMS-200。
 両方の機能を備える「ミュージックサーバー」の出来上がりである。



 ただ、MinimServerを走らせるとそれなりにリソースを喰うことになるのか、MinimServerを走らせない状態に比べて明らかにプレーヤーとしての挙動が重くなる。これは特に高いスペックの音源を再生する際に顕著。あまりの遅さに窓から放り投げたくなるほどではないにせよ、この辺は痛し痒しである。
 とりあえずMinimServerに対応したての状態なので、今後のファームアップで動作が改善されるなんてこともあるかもしれない。



 BubbleUPnP Serverはこの通り。
 いつもの画面で設定できる。




 ついでに紹介。
 以前のファームアップで獲得した機能のひとつに、組み合わせるUSB DAC次第で可能になる「DSDのネイティブ出力」がある。


 嬉しい人には嬉しいはず。
 ちなみにOPPO Sonica DACは対応DACに含まれていた。



 そしていつの間にかPCM768kHz/32bitとDSD512にまで対応していた。
 実際の再生でも支障はない。




 Stereo2017年7月号の記事「ハイCPコンポグランプリ」ではSOtM sMS-200を筆頭に挙げたわけだが、この選出はやはり間違いではなかった。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第3回『007 カジノ・ロワイアル』

怒涛の勢いで第三回。休日の有効利用ってやつです。 さて今回は、皆さんご存知新たなスタートを切っ

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬  「ネットワークオーディオとは音楽再生におけ

記事を読む

【BDレビュー】327回『キャビン』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第71回『バットマン ゴッサムナイト』

画質:9 音質:6 映像はVC-1でビットレートは10台から30台まで落ち着かない。 音

記事を読む

【音源管理の精髄】DSDIFFからDSFへの変換

 DSDのファイルには大きくDSDIFFとDSFがある。WSDというのもあるが、一般ユーザーにとって

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MinimServer 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『MinimServer』 ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「ゲームチェンジャー」 - AV

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑