*

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。

 こないだ紹介したAURALiC ARIES MINIについて、向こうで面白い記事があったので紹介する。

AURALiC ARIES MINI NEW – Mono & Stereo

 基本的には多機能性と音の良さとCPの高さを書いたお決まりの紹介記事なのだが、開発元であるAURALiCのCEOのコメントが実に興味深い。
 以下に抜粋する。

“The ARIES MINI begins a new and evolutionary era for the future of the audio industry,” said Xuanqian Wang, President and CEO of AURALIC LIMITED. “We intentionally set the retail price at an extremely affordable entry point to offer everyone an opportunity to enjoy the convenience and Studio Quality music that modern technology can bring to all.

“Digital audio is changing very fast. The digital audio component is becoming a software-driven product, rather than a static piece of hardware out of a box. Manufactures can add new features, functionalities, ease of use and improve the sound quality by software updates — and it will be almost transparent and extremely beneficial for customers. In the future, you will no longer be buying a “box” or static piece of hardware.

“That is perhaps the most important transition or “education” that consumers have to appreciate about what is going on in the audio industry today. And I’m referring not only to ‘Audiophiles’, but anyone who loves to listen to music. It’s the latter group that will drive our industry’s growth. We want both segments of the market to benefit from our work
.”


 大体こんな感じのことを言っている。

・多くの人々が最新技術による利便性を享受し、スタジオ品質の音源を楽しめるように、ARIES MINIはめっちゃ安くした。
・オーディオ機器(この場合はあくまで“プレーヤー”)の本質はハードからソフトになりつつある。将来、「ただの箱」や「部品」を買うことはなくなる。
・消費者は今日のオーディオ業界で起きている変化を認め、受け入れることが大事。
・大切なのはオーディオファイルだけでなく、音楽を愛するすべての人々。そして業界を成長させるのは後者。両方の人々に、我々(AURALiC)の製品で楽しんでほしい。

 ななななんて立派な思想なんだ……

 ネットワークオーディオとはオーディオマニアだけでなく、むしろ音楽を愛するすべての人々にとって真に魅力的だと信じている私にとって、これほど心強い言葉はない。

 AURALiC ARIES MINI。
 日本上陸を熱望する。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 特集『"シアター"でゲームをし

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めから順に。 TID

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

画質:13 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質

記事を読む

【祝】『スターシップ・トゥルーパーズ』がUHD BD化

凶悪4Kバグ襲来 『スターシップ・トゥルーパーズ』 (4K UHD BLU-RAY with DOL

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑