*

【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編

sMS-200でSpotifyを使ってみる


 中身を覗けばPCだったsMS-1000SQ Windows Editionとは異なり、こっちはすっかり業界に馴染んだ感のある(Linuxベースの)USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート。

 でもって、この手のバーサタイルな製品の例に漏れず、多機能を制御するための画面がブラウザベースで用意されている。
 ユーンハス? と思ったらウナスと読むようだ。
 ここで各種設定や機能のオンオフを行う。
20160811SOtMiPad Air08

 USB DACとの接続はUSBオーディオクラス2.0で自動的に行われる。
 が、sMS-200は他の同種製品とは異なり、設定画面から接続したUSB DACを有効にするという作業が必要になる。
 ちなみにこの作業はRoonReadyとMPD/OpenHomeで別々に必要で、USB DACを有効にしないと各機能をアクティブにできない。


※本体のアップデートにより、各再生機能の同時アクティブは不可能になった。
SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる


 RoonReadyの設定画面。
 逢瀬DACと繋がっているのがわかる。
20160811SOtMiPad Air07

 ここでUSB DACを有効にし、RoonReadyをアクティブにすることで、本機をRoonのOutputとして使用可能になる。
 最近のRoonのアップデートで正式に認証され、Uncertifiedの文字も取れた。RoonReadyプレーヤーが雨後の筍状態の今となっては特に感動はない。
20160811SOtMPC04


 こっちはMPD/OpenHomeの設定画面、と言いつつMPDの名前しか出てこず、OpenHome/DLNAはオマケ扱いである。
 本機にストレージを直結する使い方では機能的にMPD優位になることはわかるが、うーむ。
20160811SOtMiPad Air01

 あとはLinn KazooでもBubbleUPnPでもLUMIN Appでも動かせるようになる。
 アプリの側でOpenHomeの仕様を逸脱しているせいか相性の問題か、LUMIN Appとの組み合わせでは動作が緩慢かつ不安定になってしまった。



 次に、音。
 普通に考えて、現時点ではRoonReadyプレーヤーよりも遥かに使われる機会が多いであろうOpenHomeレンダラーとして使った。
 繋げたUSB DACは逢瀬のAK4495S試作DAC
 外部電源としてsMS-1000SQとセットになるsPS-1000を使っているので、いささかドーピング気味である。本来であればこれくらいがちょうどよかろう。

 静けさを前面に押し出したsMS-1000SQ Windows Editionとは打って変わった、なんとも押し出しの強い、元気の良い音である。価格帯に応じて性格付けを変えているのだろう。
 少々繊細さに欠けるが、そのぶん、その辺のPCをUSB DACに繋いだ時に感じる「音の死にっぷり」は見事に払拭されている。


SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる


 この価格でRoonReadyとOpenHomeに両対応し、音楽のエネルギーを殺すことなくUSB DACに伝えるという音質的な美点も備えている。
 手頃な価格帯でこそ、機能面で妥協してない選択肢が増えることは良いことだ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

【UHD BDレビュー】第27回『マリアンヌ / Allied』 英国盤

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

センタースピーカーの次はサブウーファーか!

 ホームシアターのマルチチャンネル・サラウンド再生においてセンタースピーカーは極めて重要である。「台

記事を読む

QNAPでJRiver Media Centerが使えるようになった

Media Center version 21.0.7 has been released onQN

記事を読む

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々 LUMIN S1、T1、D1、さらにL1 C

記事を読む

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいことベースの横断的な再生ソフト紹介

記事を読む

『アニソンオーディオ』を買ってみた

 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……  まぁ、ハイレゾ音

記事を読む

【Roon Server】Antipodes DX Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Antip

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑