*

【インプレッション】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【インプレッション】SOtM sMS-200 外観・仕様編

sMS-200でSpotifyを使ってみる


 中身を覗けばPCだったsMS-1000SQ Windows Editionとは異なり、こっちはすっかり業界に馴染んだ感のある(Linuxベースの)USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート。

 でもって、この手のバーサタイルな製品の例に漏れず、多機能を制御するための画面がブラウザベースで用意されている。
 ユーンハス? と思ったらウナスと読むようだ。
 ここで各種設定や機能のオンオフを行う。
20160811SOtMiPad Air08

 USB DACとの接続はUSBオーディオクラス2.0で自動的に行われる。
 が、sMS-200は他の同種製品とは異なり、設定画面から接続したUSB DACを有効にするという作業が必要になる。
 ちなみにこの作業はRoonReadyとMPD/OpenHomeで別々に必要で、USB DACを有効にしないと各機能をアクティブにできない。


※本体のアップデートにより、各再生機能の同時アクティブは不可能になった。
SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる


 RoonReadyの設定画面。
 逢瀬DACと繋がっているのがわかる。
20160811SOtMiPad Air07

 ここでUSB DACを有効にし、RoonReadyをアクティブにすることで、本機をRoonのOutputとして使用可能になる。
 最近のRoonのアップデートで正式に認証され、Uncertifiedの文字も取れた。RoonReadyプレーヤーが雨後の筍状態の今となっては特に感動はない。
20160811SOtMPC04


 こっちはMPD/OpenHomeの設定画面、と言いつつMPDの名前しか出てこず、OpenHome/DLNAはオマケ扱いである。
 本機にストレージを直結する使い方では機能的にMPD優位になることはわかるが、うーむ。
20160811SOtMiPad Air01

 あとはLinn KazooでもBubbleUPnPでもLUMIN Appでも動かせるようになる。
 アプリの側でOpenHomeの仕様を逸脱しているせいか相性の問題か、LUMIN Appとの組み合わせでは動作が緩慢かつ不安定になってしまった。



 次に、音。
 普通に考えて、現時点ではRoonReadyプレーヤーよりも遥かに使われる機会が多いであろうOpenHomeレンダラーとして使った。
 繋げたUSB DACは逢瀬のAK4495S試作DAC
 外部電源としてsMS-1000SQとセットになるsPS-1000を使っているので、いささかドーピング気味である。本来であればこれくらいがちょうどよかろう。

 静けさを前面に押し出したsMS-1000SQ Windows Editionとは打って変わった、なんとも押し出しの強い、元気の良い音である。価格帯に応じて性格付けを変えているのだろう。
 少々繊細さに欠けるが、そのぶん、その辺のPCをUSB DACに繋いだ時に感じる「音の死にっぷり」は見事に払拭されている。


SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる


 この価格でRoonReadyとOpenHomeに両対応し、音楽のエネルギーを殺すことなくUSB DACに伝えるという音質的な美点も備えている。
 手頃な価格帯でこそ、機能面で妥協してない選択肢が増えることは良いことだ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【おしらせ・再】音展2015に参加します

 しかも今回は出番が増えたようです。 ネットワークオーディオ実践セミナー・音展スペシャル

記事を読む

【音源管理の精髄】 スキャンと画像編集 【ネットワークオーディオTips】

 スキャン。  最も高解像度のアルバムアートを得る最も確実な方法。  さっそくスキャンしよう

記事を読む

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

 実際に導入したのでインプレッションからレビューに昇格。 LUMIN L1来たる 導入!

記事を読む

【音展2014】LUMINブースへの御来場ありがとうございました

 10/18と10/19のLUMINのデモにお越しいただきましてありがとうございました。  急に舞

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【BDレビュー】第306回『バケモノの子』

画質:13 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:リニア

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑