*

【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編

sMS-200でSpotifyを使ってみる


 中身を覗けばPCだったsMS-1000SQ Windows Editionとは異なり、こっちはすっかり業界に馴染んだ感のある(Linuxベースの)USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート。

 でもって、この手のバーサタイルな製品の例に漏れず、多機能を制御するための画面がブラウザベースで用意されている。
 ユーンハス? と思ったらウナスと読むようだ。
 ここで各種設定や機能のオンオフを行う。
20160811SOtMiPad Air08

 USB DACとの接続はUSBオーディオクラス2.0で自動的に行われる。
 が、sMS-200は他の同種製品とは異なり、設定画面から接続したUSB DACを有効にするという作業が必要になる。
 ちなみにこの作業はRoonReadyとMPD/OpenHomeで別々に必要で、USB DACを有効にしないと各機能をアクティブにできない。


※本体のアップデートにより、各再生機能の同時アクティブは不可能になった。
SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる


 RoonReadyの設定画面。
 逢瀬DACと繋がっているのがわかる。
20160811SOtMiPad Air07

 ここでUSB DACを有効にし、RoonReadyをアクティブにすることで、本機をRoonのOutputとして使用可能になる。
 最近のRoonのアップデートで正式に認証され、Uncertifiedの文字も取れた。RoonReadyプレーヤーが雨後の筍状態の今となっては特に感動はない。
20160811SOtMPC04


 こっちはMPD/OpenHomeの設定画面、と言いつつMPDの名前しか出てこず、OpenHome/DLNAはオマケ扱いである。
 本機にストレージを直結する使い方では機能的にMPD優位になることはわかるが、うーむ。
20160811SOtMiPad Air01

 あとはLinn KazooでもBubbleUPnPでもLUMIN Appでも動かせるようになる。
 アプリの側でOpenHomeの仕様を逸脱しているせいか相性の問題か、LUMIN Appとの組み合わせでは動作が緩慢かつ不安定になってしまった。



 次に、音。
 普通に考えて、現時点ではRoonReadyプレーヤーよりも遥かに使われる機会が多いであろうOpenHomeレンダラーとして使った。
 繋げたUSB DACは逢瀬のAK4495S試作DAC
 外部電源としてsMS-1000SQとセットになるsPS-1000を使っているので、いささかドーピング気味である。本来であればこれくらいがちょうどよかろう。

 静けさを前面に押し出したsMS-1000SQ Windows Editionとは打って変わった、なんとも押し出しの強い、元気の良い音である。価格帯に応じて性格付けを変えているのだろう。
 少々繊細さに欠けるが、そのぶん、その辺のPCをUSB DACに繋いだ時に感じる「音の死にっぷり」は見事に払拭されている。


SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる


 この価格でRoonReadyとOpenHomeに両対応し、音楽のエネルギーを殺すことなくUSB DACに伝えるという音質的な美点も備えている。
 手頃な価格帯でこそ、機能面で妥協してない選択肢が増えることは良いことだ。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

DELA N1Z 来たる

 色々と御縁があり試用する機会に恵まれた。  LUMIN L1同様、まずは開梱&外観&初回起動

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第68回『魔法にかけられて』

画質・実写部:9 アニメーション部:14  音質:12 映像はAVCでビットレートは高め。

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Natalie Merchant / Natalie Merchant

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Natal

記事を読む

LUMIN A1を試す・機能編 LINN DSとの徹底比較

導入編 動作編  知りたいのはまさにコレ。違う?  LINN DSを使ってそろ

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑