*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

公開日: : 最終更新日:2014/11/14 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 個別検証前にちょっと整理その2。

 この記事の続きなので復習。
 コントロールアプリの基本要素は以下の四つである。


①再生画面
現在再生している音源の情報を表示し、再生・停止・シークなどのコントロールを行う。

②プレイリスト
ライブラリから好き勝手に登録されたプレイリストを管理する。
曲順を編集したり、個別にプレイリストから曲を削除したり、全曲クリアしたりする。

③ブラウズ
サーバー内のライブラリを閲覧し、再生する音源を選び、プレイリストに登録する。

④機器の選択
プレーヤー(DLNAで言うところのDMR)とサーバー(DLNAで言うところのDMS)に何を使うかを選択する。


 これらを踏まえて、優れたコントロールアプリのインターフェース/デザインとはどのようなものであるか考えてみたい。


 これは私見だが、コントロールアプリのインターフェース/デザインの善し悪しは、スマホ版よりもタブレット版において顕著に表れるように思う。
 解像度ではなく物理的な画面サイズの問題で、一度に表示できる情報量が異なるからだ。

 スマホ版のコントロールアプリでは多くの場合、PlugPlayerのように上記の基本要素それぞれに画面を用意するか、あるいは再生画面とプレイリストをまとめたり、ブラウズ画面の一番最初に機器(サーバー)の選択を持ってきたりする。いずれにせよ、スマホ版では、一つの画面にすべての要素を集約することはまず無理だ。昨今のでかスマホならば、その超高解像度を活かして情報を詰め込むこと自体は可能かもしれないが、そうすると今度は各項目が小さくなりすぎて「指で操作できない」という問題が生じる。指先で操作する以上、物理的なサイズはどうしても必要になる。

 では、タブレット版は?

 ……その前に、四つの基本要素の中で、普段使いにおいて特に重要なものは何だろうか。
 ①再生画面、②プレイリスト、③ブラウズ、この三つである。さらに言えば、一番触るのは③のブラウズだ。
 ④機器の選択については、正直なところあまり重要度は高くない。例えばジャンルごとに複数のサーバーを運用していて頻繁に切り替えるなんて言うなら話は別だが、通常であれば、プレーヤーもサーバーも一度選んでしまえばそうそう変更することはないはずだ。少なくとも、頻繁にアクセスするようなものではない。

 このことを踏まえたうえで、またアプリの実画面を見てもらいたい。

 まず、例によってPlugPlayer。今度は縦画面。
20141113-12
 スマホ版がそのままでかくなっただけ。
 ②③④は左上のボタンを押して呼び出す格好。


 次に、私が「このアプリはインターフェース/デザインが素敵」と思うアプリをいくつか例示する。


 SongBook Lite
20141113-10

 Kinsky
20141113-9

 ChorusDS HD
20141113-11

 LUMIN App
20141113-8


 おわかりいただけただろうか。

 ん?
 駄目?

 ならこうしてみるとどうだろう。


 SongBook Lite
20141113-10-2

 Kinsky
20141113-9-2

 ChorusDS HD
20141113-11-2

 LUMIN App
20141113-8-2


 上に示した四つのアプリは、赤:①再生画面、青:②プレイリスト、緑:③ブラウズ、この三つの要素を一画面に整然と集約している。
 すなわち、日常的な音楽再生に必要な機能――聴きたい音源を選ぶ、プレイリストを管理編集する、再生をコントロールする――がすべてこの画面に集約されており、いちいち他の画面に切り替える必要がない。
 このことは、実際に操作をするうえで、大きな快適さを生む。タブレットだからこそ実現できる快適さと言える。


 今回のアプリ検証では、インターフェース/デザインも評価項目となる。
 何を考えて評価するかは、この記事で示したつもりである。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信。e-onkyo musicとmoraで

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

【BDレビュー】第335回『ピクセル』 【Dolby Atmos】

画質:12 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Do

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音質編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 sMS-200でSpotifyを使ってみる

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編

 魔境深淵注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く 【魔境】ハブで音は変わるか

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑