*

【追記あり】QNAPでTwonky Serverが使えなくなるという話

 日本のネットワークオーディオシーンで、これほどまでに「サーバーソフト」という単語が飛び交ったことが今まであっただろうか。
 いや、な…………ある?


 あちらこちらから聞こえてくる、QNAPのファームウェアをアップデートするとTwonky Serverが使えなくなる、というおはなし。
 LUMIN L1とcanarino Filsがあるおかげで、何らかの検証の機会を除きQNAP TS-119は普段押入れの住人になっており、今回の騒動にも乗り遅れてしまった。

 前述の通りQNAPのNASがシステムから外れているため私個人としては特段影響はないのだが、QNAPのNASをオーディオ用サーバーとして運用している人にとっては大問題だろう。また、ネットワークオーディオの歴史的展開から考えてもなかなかに大きな事件である。

 というわけで、実際のところはどうなのか、遅まきながら話題に便乗する。



【2017/02/03追記】

 現状わかっていることはあくまで「QNAPからのTwonky Serverの提供が終了した」ということだけの模様。

 現時点でTwonky Serverを使えているなら(使っているQNAP製品にTwonky Serverがインストールされているなら)、そのまま使うことが可能
 無闇なアップデートはしないに越したことはない。

【追記おわり】



 押入れから引っ張り出してきたTS-119のバージョンは4.2.2。


 毎度おなじみTwonky Serverの姿もちゃんとある。


 細かいことは抜きにしてアップデートしてしまおう。


 そしてバージョン4.2.3。


 む、トンキーがまだある。
 アイコンは変わっているけれども。


 普通にプレーヤーと組み合わせて使えることも確認した。
 とりあえず、バージョン4.2.3ではまだTwonky Serverが使えるようだ。→追記参照
 念のためバージョン4.2.3のファームウェアをダウンロードして持っておくといいのかもしれない。

 機種やシステムによっては先行してバージョン4.3(現時点ではまだベータ)になり、Twonky Serverが消え去るという寸法か?
 →追記参照


 トンキーとの縁切りに動いたQNAPの内部事情は知る由もないが、そもそもQNAPはオーディオ用途のためだけにNASを作っているわけではなく、Twonky ServerもQNAPの中で動く一アプリに過ぎない。オーディオユーザーとして残念がることはできても、QNAPを批判することはできない。

 ちなみにTwonky Serverの現行バージョンである8.○○は既にQNAPのダウンロードセンターから姿を消しており、特定機種でのみ使えるDTCPバージョンが残るだけとなっている。





 ネットワークオーディオはTwonky Serverと共に歩いてきたと言っても過言ではない。
 LINN DS登場後、オーディオ用途に供し得るNASとしてQNAPが見出された時、QNAP製品にサーバーソフトとして採用されていたことで、Twonky Serverはオーディオ用サーバーソフトの事実上の標準となった。

 Twonky ServerはWAVのタグを滅茶苦茶に扱ってアルバムの曲順が崩壊したり、アルバムアートが汚くなる持病を抱えていたり、なにかと問題も多いサーバーソフトだった。しかし今思えば、音源フォーマットの対応やナビゲーションツリーなど、必要な機能を過不足なく備えたサーバーソフトであることも間違いない。WMPをDLNAサーバーにしましょう、なんて恐ろしい展開が広がるよりは百億倍良かった。
 私もTwonky Serverのおかげで随分と勉強することができた。canarino Filsをサーバーとして運用する際もTwonky Serverがメインに使っているくらい、使い慣れているし思い入れもある。

 ただまぁ、QNAPで使えなくなってしまうというならそのことに文句ばかり言っていても仕方がないので、次なる策を考えるしかない。



 一応、結構前から、QNAPにはTwonky Server以外にも自前のDLNAサーバー機能が備わっている。
 コレ。


 かつて試しに使った際はあまりの駄目さ加減に「検証にすら値しない」と判断して意識から削ぎ落としたのだが、こういう展開になってしまったからには仕方がない。
 QNAPとて改善もせず放置しているわけではないだろうし、事情が事情なので検証することにした。


 まずは有効にして、初期状態のまま使ってみる。


 えぇ……



 設定、設定……




 とりあえず。


 最低限の項目は揃った。


 ナビゲーションツリーはジャンル/アーティスト/アルバム。
 頑張ってネットからアーティストの画像を引っ張ってくる系のようだ。



 それにしても動作が重い。重すぎる。まるで苦行である。
 今となってはスペックが心許ないTS-119を使っているせいだろうか? しかしTwonky ServerもAsset UPnPもMinimServerもまともに動くぞ。


 …………


 ………………


 ……………………


 ※本来の姿(拡大推奨)



 駄目だろこんなもん。
 何が悲しくてこんなのを使わなければならんのだ。



 (いずれ)QNAPでTwonky Serverが使えなくなる可能性がある。
 そしてQNAP自身のDLNAサーバーは現時点では地獄。


 QNAP側からなんらかの方針が示されるのを待ってもいいが、素直にAsset UPnPMinimServerKazoo Serverのいずれかを後釜に据えるという手もある。Kazoo Serverを含め、いずれもQNAPで使用可能。

参考:QNAP TS-119でKazoo Serverを使う


 ただ、乗り換えにあたって問題がないわけではない。

 Asset UPnPはDSD対応といったフル機能を使おうと思えば有料だし小難しいし、MinimServerは設定のためにQNAPとは別にPCのMinimWatchが必要になるし小難しいし、Kazoo ServerはコントロールアプリもKazooを使わなければ真価を発揮しないしWAVを音源として完全に無視しているし……

 ん?
 Twonky Serverって実は物凄く優秀なサーバーソフトだったのでは?



 とにかく、QNAPでTwonky Serverが使えなくなったとしても、道はまだある。

 この際、他にどんなサーバーソフトがあるのかアレコレ物色してみるのもよいだろう。
 もしかしたら、Twonky Serverに抱いていた不満が解消されるなんてこともあるかもしれない。
 特にAsset UPnPは凄いぞ。お試しあれ。



サーバーソフトとナビゲーションツリー


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第38回『ダニー・ザ・ドッグ』

画質:11 音質:10 映像はAVCで30Mbpsを基準に上下。基本的にビットレートはかな

記事を読む

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 導入編

 それなりに安い。  ファンレスで静か。  中身がTwonky Server。  ネットワ

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【音源管理の精髄】 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 Mp3tag。  言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。  私も4年前にLINN DS

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【音源管理の精髄】 再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 【ネットワークオーディオTips】

 NASとサーバーに関するありがちな誤解に関する記事の中で、「NASがなくてもネットワークオーディオ

記事を読む

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです       手始

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑