*

【ネットワークオーディオTips】QNAP TS-119でKazoo Serverを使う

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

LINN – SOFTWARE

Available for Windows and Mac operating systems and QNAP NAS devices (Intel x86 versions)



 知っての通りKazoo Serverは現時点でWindowsかMacのPC、あるいはIntel CPUを積んだQNAPでしか使えない。

 挙動確認のテスト用ならばともかく、「オーディオに耐える」ことを念頭にサーバーとしてPCを運用するのは意外と難しい。
 一方で、QNAPで一世を風靡したTS-119も、それに代わる立ち位置のHS-210もKazoo Serverを使えない。HS-251を買えということか。

 いずれにせよ、Kazoo Serverをガチのオーディオ用サーバーで走らせるというのは現状では難しい……

 ……と思っていたら、ARM用のベータ版があることに今さらながら気が付いた。
 作ることは作っていたようだ。

 
 というわけで、早速QPKGをダウンロードしてインストールしてみる。

 まずはこのOptwareとかいうのをインストールする必要がある。検索すれば出てくる。
 ちなみにいきなりKazoo Serverをインストールしようとしてもできず、「Kazoo ServerをインストールするにはまずOptwareが必要だ」と表示される。
20150505PC01
20150505PC02

 続いてKazoo Serverをインストール。
20150505PC03
20150505PC04

 Kazoo ServerがTS-119に入ったの図。
20150505PC05

 オンにする。
20150505PC06

 しかし、Twonky ServerともAsset UPnPともMinimServerとも異なり、Kazoo Serverには「開く」という項目がない。
 なんとなくアイコンをクリックしてみてもそっけない情報が表示されるのみ。
20150505PC07

 と、ここからの導入設定はPCのKonfig(LINN製品用の諸々の設定管理ソフト)に移行する。
 他のサーバーソフトのようにブラウザを使うのではないようだ。


 【追記】

 ソフトのアップデートにより、現在ではKonfigに加えてブラウザからの設定も可能になっている。
 設定画面は基本的にKonfigのものと同じ。

 【追記おわり】


 Konfigを見ると、無事TS-119でKazoo Serverが走っている。
 ベータの表記も。
20150505PC08

 ここからの設定はPCにインストールした場合と変わらない。
 この記事も参照。

 Libraryから設定に入り、
20150505PC09

 音源のあるディレクトリを指定してやればいい。
 相変わらず音源のスキャンは遅い。PC版に輪をかけて遅い。
20150505PC10


 実際に使ってみる。

 DiXiM DMCに表示されているの図。
 見ての通り、これでTwonky Server・Asset UPnP・MinimServer・Kazoo Serverの四つのサーバーソフトをPCとTS-119の両方で運用できるようになった。選択肢が増えるのはいいことだ。
2015-05-04 01.03.00

 MinimServerは色々なメーカーのNASで使用可能だが、Asset UPnPとKazoo ServerはQNAPのみ。ネットワークオーディオ用途で未だにQNAP強し。

 【追記】
 「not officially supported」ながら、Asset UPnPはSynologyでも使えるようになった。



 ここからはKazoo同士の組み合わせ。
 TS-119のKazoo Serverを選択。
20150505ipad02

 ブラウズしてみると……
 サムネイルのアルバムアートがまるでトンキー病のごとき悲惨な有様になっている。
 画像の縦横比が崩れるのはKazoo(コントロールアプリ)の仕様。
 拡大して見てほしい。
20150505ipad03

 しかし、再生音源の拡大表示ではこの通り問題ない。
20150505ipad04

 実はKazoo同士の組み合わせだと、ここまで酷くはないが、PC版のKazoo Serverでもサムネイルの解像度が落ちる。
 要はAsset UPnPと似たような挙動を示すということになる。拡大時にはオリジナルの画像を使うにしても、アルバムのサムネイルの時点では表示高速化のために解像度を落としているのだろう。
 が、なぜかKazoo以外のコントロールアプリと組み合わせるとサムネイルでもオリジナルの解像度で画像を配信するという謎。そんなに純正組み合わせの場合を差別化したいのか。

 諸々の挙動はPC版と同じなので特に言うことはない。
 運用編も参照。


 相変わらずKazooはKazoo Serverと組み合わせないと動作がガタガタなので、Kazoo Serverが使えるNASの選択肢が増えるのはいいことだ。

 まだベータ版だけど。


 →正式版がリリースされました。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

【BDレビュー】 第239回『エクスペンダブルズ2』 北米盤

しっかし傷だらけじゃねえか。 格闘技でも習ったらどうだ? ……ボクシングとか。 画質:

記事を読む

【BDレビュー】第305回『キングスマン』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

【音源管理の精髄】 『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か 【ネットワークオーディオTips】

 さて、最大限の情熱を傾けてライブラリを構築した。  次はサーバーだ。  ところでサーバーっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑