*

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』
 

・使用したサーバー機器
PC(Windows 8.1 64bit)
QNAP TS-119(バージョン4.1.4)

・使用したプレーヤー
LUMIN A1

・検証時のバージョン
Release 5.1(PC)
Release 4.5(QNAP TS-119)


Release 6


【導入】

・ソフトの入手
公式HPから、使う機器に合わせて。
購入(課金)は「Purchase」→「Register Asset」から。
ちなみに最初からAsset UPnPが入っているサーバーは限りなく少ない。

・インストール方法
PCの場合、特に気を付けることはない。

QNAPの場合は以下のとおり。
Appセンターを開き、
20150822Asset UPnP検証14-1
「手動でインストール」から、
20150822Asset UPnP検証14-2
Asset UPnPのQPKGファイルを選んでインストールする。
20150822Asset UPnP検証15


【設定】

 PCの場合、プログラムから専用のウィンドウが開く。
 Asset UPnPの状態が表示され、サーバーの再起動等はこの画面から行える。
20150822Asset UPnP検証03

 「Edit」から設定画面が開く。
20150822Asset UPnP検証04

 Asset UPnPの極めて充実したカスタマイズ性は下手に手を出すと大変な目に遭うので、ここでは要点のみを紹介する。

 音源フォルダの追加と削除。
20150822Asset UPnP検証05

 チェックしたコーデックの音源をライブラリから除外できる。
20150822Asset UPnP検証05-2

 諸々の設定。
20150822Asset UPnP検証06-1

 Asset UPnPでは「’The’ Artist & Album Handling」を「Smart」に設定しておけば、例えば「the pillows」なら「P」「The Best of」なら「B」といった具合に、「The」を省いて音源のソートが行われる
 便利。

 とりあえず、設定はこうしておくことをおすすめする。
20150822Asset UPnP検証06-2

 ナビゲーションツリー。
20150822Asset UPnP検証07-1
 「コンテナの追加」という形で、好みに応じて自由自在にカスタマイズ可能。
20150822Asset UPnP検証07-2
 試しにこんなコンテナを作ってみた。
20150822Asset UPnP検証07-3
 これはつまりこういう構造である。色々とお試しあれ。
20150822Asset UPnP検証07-4

 音源配信時の変換設定。
20150822Asset UPnP検証09-1
 各フォーマットについて、「そのまま配信(as is)」「WAVにして配信」等が選べるほか、DSDでは「DoPで配信」も可能。
 JPLAYStreamerなんかを使う際に役立つ……が、現状DSDはビットストリーム以外は色々と制限があり動作も不安定な模様。
20150822Asset UPnP検証09-2


 QNAPの場合、ブラウザから設定を行う。

 QNAPのメニュー画面からAsset UPnPを選択する。
20150822Asset UPnP検証16

 Asset UPnPのメニューが開く。
20150822Asset UPnP検証10

 「Configure」から設定画面に入る。
 基本的にPC版とやることは同じなので詳細は省くが、それにしてもこの「とりあえず並べただけ」な画面はもっと何とかならなかったのだろうか。
 QNAP用のバージョンが5になる際の改善に期待。
20150822Asset UPnP検証11
20150822Asset UPnP検証12
20150822Asset UPnP検証13


【運用】

 特に気にせず使えるが、多機能なせいか、Twonky Serverに比べると挙動が怪しくなることが多い印象を受ける。おかしくなったら再起動しよう。
 また、たまに音源の追加・更新が自動で反映されない場合があるので、その時は設定画面から「Detecting Changes」をかけよう。
 


・コントロールアプリから見えているの図
20150822Asset UPnP検証08-1

・実際に音源が配信されて再生されているの図
20150822Asset UPnP検証08-2



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Asia / Asia

・アーティスト / アルバムタイトル Asia / Asia ・購入元 e-onkyo

記事を読む

【BDレビュー】第254回『GATCHAMAN CROWDS』

鴉-KARAS-繋がりで。 画質:7 音質:7 映像:AVC 音声:リニアP

記事を読む

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、デジタル・

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラ

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第179回『特攻野郎Aチーム』

画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ハイレゾ音源をライブラリに含める

 どのサイトから何を買ってもいいのだが、今回はmoraからYesの『Tormato』を買った。  

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑