*

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編


 外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属するアダプタならばまだしも、他ならぬオーディオ機器に付属するアダプタである。
 きっと色々吟味したうえで選ばれたもので、悪いものではないのだろう。そう信じたい。
201612030202

 しかし、正直言って、こんなもん使いたくない。
 スイッチング電源を悪と言うつもりはこれっぽっちもないが、こういう“いかにもなスイッチングの電源アダプタ”にはロクな記憶がないので、そう思うのは避けられない。


 というわけで、前回の機会では試そうと思って試せなかった、アナログ電源との組み合わせを試す。

 使ったのは、いつもはLUMIN L1と組み合わせているELSOUNDの12V/3Aアナログ電源

 sMS-200の電源仕様は輸入元のページによれば、

Input Voltage : +6.5~14Vdc
Power : Max 15W

 とのことなので、12V3Aでも動く。
 ちなみにこの12V3Aという仕様はオーディオ用PCを動かすには少々辛いが、NASやこの手のオーディオ機器であれば広くカバーできる。元々QNAP TS-119用に買ったものが思いがけず色んな製品に使えているので儲けもんである。

 なお、sMS-200には純正のバッテリー電源も用意されている。
 きっとそっちを使ったほうが良いのだろうが、手持ちの機器でアレコレやりくりできるのもまた、オーディオの面白さ。


201612030201


 で、肝心の音……

 俄然静寂感が強まり、おかげで少々欠けていた繊細さが補われる。これはまさにTS-119やLUMIN L1とアナログ電源を組み合わせた時と同じ変化と言える。
 さらに嬉しい予想外、sMS-200の美点である、押し出しが強く元気の良い音という性格がより鮮明になった。

 sMS-200とアナログ電源を合わせても10万しない。
 「オーディオにPCを使う」ことを考えた時、はたして10万の予算内で、sMS-200とアナログ電源の組み合わせに比肩し得る音質・機能性・安定性・静粛性を備えたPC(ハード・ソフト込み)は手に入るだろうか。できないことはないだろうが、なかなか厳しい気がしてならない。ちょっと予算を足せば今度はDELAの姿が見えてくるし。

 「いろんなソフトをインストールしていろんな用途で使いたい」・「ソフト・ハードの両面でPCの可能性を追求したい」ではなく、単に「USB DACと繋げたい」という消極的な理由でPCを使う、使い続けるくらいなら、sMS-200の導入を考える価値はある。なにより、本来オーディオとは無関係な有象無象に悩む必要がないので、楽。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介と検証

 随分とサーバーソフト関連の記事がごちゃごちゃしてきたので、この辺りでまとめ直す。  サーバー

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ①

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ 『第9地区』 効

記事を読む

怖れていたことが現実になってしまった Part 2

前回  検索ワードを眺めるシリーズ。  オーディオ業界はいったいどこへ行こうとしているのか。

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】dBpoweramp CD Ripperでリッピング

 38ドルくらい投資しよう。  買いましたね?  インストールしましたね?  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

Nmode X-PM7 続・音質編 LモードとHモード

 HモードのX-PM7は素晴らしいスピーカー駆動力を示したが、ホワイトノイズの多さに我慢ならなくなっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第165回『劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について。

記事を読む

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

画質:12 音質:10 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト② BUFFALO DELAが達成した偉業

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑