*

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編


 外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属するアダプタならばまだしも、他ならぬオーディオ機器に付属するアダプタである。
 きっと色々吟味したうえで選ばれたもので、悪いものではないのだろう。そう信じたい。
201612030202

 しかし、正直言って、こんなもん使いたくない。
 スイッチング電源を悪と言うつもりはこれっぽっちもないが、こういう“いかにもなスイッチングの電源アダプタ”にはロクな記憶がないので、そう思うのは避けられない。


 というわけで、前回の機会では試そうと思って試せなかった、アナログ電源との組み合わせを試す。

 使ったのは、いつもはLUMIN L1と組み合わせているELSOUNDの12V/3Aアナログ電源

 sMS-200の電源仕様は輸入元のページによれば、

Input Voltage : +6.5~14Vdc
Power : Max 15W

 とのことなので、12V3Aでも動く。
 ちなみにこの12V3Aという仕様はオーディオ用PCを動かすには少々辛いが、NASやこの手のオーディオ機器であれば広くカバーできる。元々QNAP TS-119用に買ったものが思いがけず色んな製品に使えているので儲けもんである。

 なお、sMS-200には純正のバッテリー電源も用意されている。
 きっとそっちを使ったほうが良いのだろうが、手持ちの機器でアレコレやりくりできるのもまた、オーディオの面白さ。


201612030201


 で、肝心の音……

 俄然静寂感が強まり、おかげで少々欠けていた繊細さが補われる。これはまさにTS-119やLUMIN L1とアナログ電源を組み合わせた時と同じ変化と言える。
 さらに嬉しい予想外、sMS-200の美点である、押し出しが強く元気の良い音という性格がより鮮明になった。

 sMS-200とアナログ電源を合わせても10万しない。
 「オーディオにPCを使う」ことを考えた時、はたして10万の予算内で、sMS-200とアナログ電源の組み合わせに比肩し得る音質・機能性・安定性・静粛性を備えたPC(ハード・ソフト込み)は手に入るだろうか。できないことはないだろうが、なかなか厳しい気がしてならない。ちょっと予算を足せば今度はDELAの姿が見えてくるし。

 「いろんなソフトをインストールしていろんな用途で使いたい」・「ソフト・ハードの両面でPCの可能性を追求したい」ではなく、単に「USB DACと繋げたい」という消極的な理由でPCを使う、使い続けるくらいなら、sMS-200の導入を考える価値はある。なにより、本来オーディオとは無関係な有象無象に悩む必要がないので、楽。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第332回『キャプテン・アメリカ』

 シビル・ウォーBD発売記念。 画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

記事を読む

【インプレッション】LUMIN A1/S1用NVS製外部電源接続ケーブル(試作品)

一応前の記事  縁あってお借りしたNVSのケーブル。  LUMIN A1/S1と外部

記事を読む

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

続・dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集

dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 Asset UPnP Re

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Asia / Asia

・アーティスト / アルバムタイトル Asia / Asia ・購入元 e-onkyo

記事を読む

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの  前回の続き。  音楽の海の中でもひときわ巨大

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声は

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑