*

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP TS-119が稼働中。
 ハードウェアとしても、中身のソフトウェア的にもよくできたNASで、実際に使うぶんにはなんら不満がなかったのだが、ひとつ、大きな難点があった。

 電源である。

 TS-119は外部電源としてアダプタが付属するのだが、このアダプタが派手に鳴く。つまり、はっきりと耳で聴き取れるノイズを出している。しかも周波数の高い耳障りな音だ。幸いにして耳を離せば――視聴位置では聴こえなくなるレベルの音量ではあるものの、そんなものをシステムに組み込むことが、どれだけの悪影響を周りに撒き散らしているのか、想像するだけでも恐ろしい。恐いので、気にしないことにしていた。
 NASでさえこのありさまなのだから、PC(的なモノ)をオーディオシステムに組み込むなんて、ノイズの観点からすればとんでもない! という意見も一理あるなあ、と納得できる。

 というわけで、この状況をいつまでも放置しておくのは精神衛生上よろしくなく、かつTwonkyもMinimServerもAsset UPnPも動くようになり、今後もある程度の期間はTS-119を使い続ける目途が立ったので、抜本的な対策を取ることにした。
 記事のタイトルにもある通り、アナログ電源の導入である。

 QNAPのTS-119はかなり前から「ネットワークオーディオにおすすめのNAS!」と色々なところで喧伝されてきたので、それなりの数のユーザーがいると思われる。その結果、オーディオ業界にありがちな「アレにコレを導入すれば音が良くなる!」という商機が興り、泣き所の電源を改善すべく、付属する外部電源(スイッチング?)と交換するためのアナログ電源が登場した。
 私の知る限りTS-119に対応するアナログ電源は三種類あるが、一番高い製品になると定価15万と常軌を逸しているし、音質云々ではなくとにかく耳に聴こえるノイズが消えさえすればよかったので、一番安い製品を選んだ。


 エーワイ電子/EL SOUND アナログ電源12V3A


 以下、レポート。


梱包の様子
1

梱包の様子その2
2

正面
製品ページにあるようなシールは現在貼られていないようだ。
3

背面
4

底面
ゴム足が4つ。
5

使用光景
6


 総じて作りは良く、モノとしてのクォリティは高い。
 付属のゴム足ではなくインシュレーターを三点で噛ますなどすれば(精神衛生上)さらに良いだろう。


 肝心のノイズだが、完全には消えていない。
 ただ、周波数はかなり下がったうえ、筐体に物理的に耳を接触させない限り何も聞こえないレベルにまで低減された。
 これだけでも買った甲斐があった。


 一応音質の変化についても。
 こんなもので音まで変わってたまるか……と思ってはいたのだが、変わってしまった。げにオーディオは恐ろしきかな。
 刺々しさが減り、滑らかになり、S/Nが改善された。全体的に静かになった。
 余計なものがなくなるという意味では、SOUND SPHEREの導入時の変化と似たような印象を受ける。

 高S/Nを追求するうえで、良好な結果が得られた。
 TS-119とはまだまだ長い付き合いになりそうだ。

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

 NASの中ではQNAPのTS-119がいいとか、TS-119にアナログ電源を付けるともっといいとか

記事を読む

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。  DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑