*

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP TS-119が稼働中。
 ハードウェアとしても、中身のソフトウェア的にもよくできたNASで、実際に使うぶんにはなんら不満がなかったのだが、ひとつ、大きな難点があった。

 電源である。

 TS-119は外部電源としてアダプタが付属するのだが、このアダプタが派手に鳴く。つまり、はっきりと耳で聴き取れるノイズを出している。しかも周波数の高い耳障りな音だ。幸いにして耳を離せば――視聴位置では聴こえなくなるレベルの音量ではあるものの、そんなものをシステムに組み込むことが、どれだけの悪影響を周りに撒き散らしているのか、想像するだけでも恐ろしい。恐いので、気にしないことにしていた。
 NASでさえこのありさまなのだから、PC(的なモノ)をオーディオシステムに組み込むなんて、ノイズの観点からすればとんでもない! という意見も一理あるなあ、と納得できる。

 というわけで、この状況をいつまでも放置しておくのは精神衛生上よろしくなく、かつTwonkyもMinimServerもAsset UPnPも動くようになり、今後もある程度の期間はTS-119を使い続ける目途が立ったので、抜本的な対策を取ることにした。
 記事のタイトルにもある通り、アナログ電源の導入である。

 QNAPのTS-119はかなり前から「ネットワークオーディオにおすすめのNAS!」と色々なところで喧伝されてきたので、それなりの数のユーザーがいると思われる。その結果、オーディオ業界にありがちな「アレにコレを導入すれば音が良くなる!」という商機が興り、泣き所の電源を改善すべく、付属する外部電源(スイッチング?)と交換するためのアナログ電源が登場した。
 私の知る限りTS-119に対応するアナログ電源は三種類あるが、一番高い製品になると定価15万と常軌を逸しているし、音質云々ではなくとにかく耳に聴こえるノイズが消えさえすればよかったので、一番安い製品を選んだ。


 エーワイ電子/EL SOUND アナログ電源12V3A


 以下、レポート。


梱包の様子
1

梱包の様子その2
2

正面
製品ページにあるようなシールは現在貼られていないようだ。
3

背面
4

底面
ゴム足が4つ。
5

使用光景
6


 総じて作りは良く、モノとしてのクォリティは高い。
 付属のゴム足ではなくインシュレーターを三点で噛ますなどすれば(精神衛生上)さらに良いだろう。


 肝心のノイズだが、完全には消えていない。
 ただ、周波数はかなり下がったうえ、筐体に物理的に耳を接触させない限り何も聞こえないレベルにまで低減された。
 これだけでも買った甲斐があった。


 一応音質の変化についても。
 こんなもので音まで変わってたまるか……と思ってはいたのだが、変わってしまった。げにオーディオは恐ろしきかな。
 刺々しさが減り、滑らかになり、S/Nが改善された。全体的に静かになった。
 余計なものがなくなるという意味では、SOUND SPHEREの導入時の変化と似たような印象を受ける。

 高S/Nを追求するうえで、良好な結果が得られた。
 TS-119とはまだまだ長い付き合いになりそうだ。

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

記事を読む

fidata HFAS1-XS20

fidata、オーディオサーバー最上位機「HFAS1-XS20」。2TB SSDを搭載し音質強化 -

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

ライオンズゲートからUHD BDがリリース

Lionsgate Announces First 4K Blu-ray Releases  

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑